バックパッカーの生き方

MY FAVORITE
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

スポンサーリンク

植物は「個」が食われても「種」が生き残ればいいと考えている

韓国の激辛唐辛子料理プルタクを食べて、おれは「痔」になった。あまりの辛さに食事中からクチビルが腫れ上がったのだが、唇では済まず、翌朝、排便時に肛門まで腫れ上がったのである。

内臓なので目視できないが、腫れたのはクチビルと肛門だけはあるまい。上から下まで消化器系のすべてを凶暴な辛さで腫れ上がらせたに違いない。

唐辛子。そもそもこれは毒ではないのか? こんなものが体にいいはずがない。

そもそも唐辛子がなぜ辛いのかといえば「動物に食べられないようにするため」だという説がある。サボテンになぜ棘があるのか? 動物に食べられないようにするためだろう。ある種のカエルは皮膚に毒を持つ。その毒カエルはヘビに食べられることはない。

あの辛さにヒーッとなって吐き出す。トウガラシはそれを期待して辛くなるように進化したのだ。唇から肛門まで腫らすほど人間の消化器系を激しく痛みつけて「もう二度と食うなよ」と警告しているわけだ。

しかし韓国人やタイ人などに代表される人たちに何故かその「舌がしびれるような辛さ」が愛されて、現在、トウガラシは世界中で栽培されている。もともとは中南米原産の種だが人間の手によって生息域を世界中に拡散しているのだ。

トウガラシ神もあっけにとられているに違いない。人間に食べられないように辛さを身にまとったのに、その辛さゆえに逆に食われることになってしまうとは。しかも食われることで種が絶滅するならば大問題であるが、人間の手で世界中に散らばり、絶滅することのないように保護され繁殖してもらえることになろうとは。

さらに唐辛子は交配によって更なる激辛種まで生み出される。げに人間はおそろしい、とトウガラシ神は思っていることであろう。しかしこの生存戦略は悪くない、とも思っているであろう。植物は「種として」生き残ればいいのだ。「個」として生き残ることなどは問題にされない。「個」としては人間に刈られ食われても「種」として人間に愛されて飼育されて繁栄することができばそれでいいのだ。

風にまかせて種子を散らす植物に、個の意志などあるはずがない。重要なのは種としての生存だけである。だからこそ植物は風に運ばれた種子が海を越えた島で繁栄するような離れ業をやってのけるのだ。個を殺し種を繁栄させる戦略だからこそできるウルトラ技である。大半の種子は海に落ちて死ぬのだ。そのような繁殖方法を人間はできない。人間は「個」が大切だからだ。

スポンサーリンク

たとえ全世界を手に入れても自分自身を失ったら何になるだろう

たとえ全世界を手に入れても自分自身を失ったら何になろうか。人間のこのような生き方、ありようを実存主義という。トウガラシに実存主義はない。人間は唐辛子とは違うのだ。

すべてを賭けてこの人生と向き合うこと。それが旅人の生き方だ。旅先の難関を全能力で乗り越えてきたおれたちバックパッカーが、旅から学んだことをこの人生につかうとすれば、どんな生き方ができるだろうか。今この場所を旅先のように生きるためには。

子育てのために自分を犠牲にする生き方がある。こういう生き方におれはずっと疑問をいだいてきた。それは「種」ために「個」を犠牲にする生き方だ。子供をもうけようかという機会はおれにもあった。だがそのたびにいつも思ったものだ。自分がまだ子供なのにもう子供をもつのか。自分がまだ何も成し遂げていないのに、もう次の世代にバトンタッチするのか。駅伝選手じゃあるまいし、次の世代にバトンを繋ぐためだけに生きているのか。それがおれたち人間の生き方か。まず自分の生き方が先だとおれは思う。そうでなければ唐辛子と同じだ。

毎日の通勤電車はまるでベルトコンベアのようだ。会社という製品工場に運ばれていくコンベアである。会社でつくられる最高の製品は「あなた」だ。世間一般のシナリオに沿って生きてきた者は、いつか自分の人生をなくしてしまう。ベルトコンベアで製造された製品のように代替可能な人生があるだけだ。社会の中でうまく機能することだけにあくせくと人生を費やすと、いつかきっと後悔することになる。そんな危機感から世界に飛び出したのがバックパッカー達だ。

サラリーマン社会では毎日毎日管理されて、人生は辛く苦しいものだと思って生きている人たちが大勢いる。まるで畑のトウガラシのように。そういう人たちはいつかは他人に食われてしまうだろう。

他人に食われない生き方をしたいと願うのがバックパッカーである。人類という種から見れば異分子であろう。国や会社といった体制側、集団の繁栄のためには個を食う側からは認められず、けなされ、見下され、嘲笑されるであろう。

人間もしょせんは生物の一部であって、トウガラシをはじめとする他の生物と同様に個よりも種が大切な生き物なのだ。だから神風特攻隊のようなことが起きる。あれは個を犠牲にしても日本国家という集団を大切にする「種」の側が「個」に強制した犠牲だ。

サラリーマン社会でも、似たようなことはある。カミカゼほどひどくないからみんな許しているだけのことだ。むしろ積極的におのれの人生を集団に差し出し、個の犠牲を容認したり許容したりすると体制の側からはご褒美がもらえる。出世や報酬といったものがそれだ。

報酬によって手元には一生使い切れないだけのお金だけが残る。でも食うことぐらいしか使い道のない金だ。夢がないんだから。自分がないんだから。退職するまでは出世して近しいものには大きな顔ができる。しかし年老いて会社から放逐された後に残るのは「自分を失った何者でもない生き物」である。魂を売ってしまったのだから。

これじゃあまるでトウガラシじゃないか。種として繁栄すれば個は食われてもいい、という生き方である。

この生き方に納得できないから、おれはバックパッカーになった。種としては落第かもしれない。だが「個」を失ってはいない。人生は楽しんだもの勝ちなのだ。

スポンサーリンク

バックパッカーの生き方。トウガラシ実存主義

たたかいを、はじめろ。旅人流に。はつらつと人生を謳歌して集団の側に立つものたちに見せつけてやれ。おれたちは、たたかうことで際立つ。たたかうことで輝くことができる。

トウガラシが人間に管理されて繁栄したように、従順な部品となれば支配者層の人間から繁栄をあたえられるであろう。きっと新しい種を残すことが望まれるに違いない。

それが望みながら従うがいい。得るものはある。そして失うものも。どちらを手に入れて、どちらを失うかは「あなた次第」だ。

おれはランナーだ。マラソンを2時間台で走っていた全盛期にはただ走ることだけを考えていた。感情や人間らしさは不必要であった。ただ速く走るマシーンになろうと思ったのである。心を捨てて走る機械になることがサブスリーランナーへの道だった。

こんなおれだって機械になれたのだ。その気になれば人よりも優秀な部品になれたと思う。

けれどそれをよしとはしなかった。そして旅に出た。海外放浪もランニングもホノルルマラソンがスタートだった。心のどこかでランニングだけではだめになると思ったのだろう。おれにはバックパッカーの生き方が必要だったのだ。走る機械になるだけでは人生に何かが足りないと感じたのだろう。唐辛子実存主義が、必要だったのだ。

激しく生きる命がほしい。生きていてよかったと思いたい。

一度や二度ではなく、何度でも何度でも。それがバックパッカーの生き方である。

ただ走る機械におれはなれたが、ならなかった。あなたはどうする?

バックパッカーは「個」の側に立つ。「集団」の側からは無責任なやつとレッテルを貼られるであろう。この大量生産・大量消費社会において、豊かな生活はあたえられないであろう。

だからといってバックパッカーが体制側で生きようとすると、「個」を喪失した社畜たちと果てしない消耗戦を演じなければならない。消耗戦に時間を捧げることは自分を失うことと同じだ。やがては体勢側にとりこまれてしまうだろう。ふと気づいたとき自分が目を輝かせていたものが何だったのかもはや思いだすことさえできなくなっているに違いない。

いつまでもベルトコンベアの上に乗っかった製品であっていいはずがない。おれたちは人間なのだ。その輪廻から抜け出せ。

集団に貢献するための没自我度・製品度が足りなければ、生き方を否定されるというのならば、どうぞ。いくらでも否定すればいい。

それでも笑って個を貫けるか? 自分の生を謳歌し賛美することができるか? それがバックパッカーの生き方である。

決まりごとやシナリオに従っていては既製品ができあがるだけだ。

個として楽しく生きていかなければ、何のために生きているのか。自分の歌を歌わなくて何のための命か。そう考えるのならば「種としては繁栄できるが、個としてはただ食われるだけの存在」唐辛子の運命から抜け出さなければならない。

これを唐辛子実存主義と名付けよう。

スポンサーリンク

唐辛子実存主義とは集団よりも個を優先する生き方

集団が繁栄できれば、個が死んでもいいなんて考え方は受け入れられない。おれたちは人間なのだ。唐辛子じゃない。

自分の歌を歌おう。望まれる歌ではなく、おのれの歌を。みんなにウケる歌でなくたっていい。集団のために自分の嫌いな歌を歌ってどうする。人生は短いぞ。

もうここまで来てしまったのだから。自分の好きなことをやろう。やりたいことをやろう。

それがトウガラシ実存主義である。集団に染まることなく、既製品を作るトウガラシ社会とたたかうんだ。

他人に都合のいい部品ではなく、おのれの人生を生きろ。

自分を謳歌した貧乏生活の方が、自分を失ったリッチな暮らしよりもずっといい。それがバックパッカーの生き方だ。そういうものをおれたちは旅先で見てきたのだ。

魂だけは縛れない。

心配するな。いちばんいいものはすべて無料だ。

心配するな。いつかはみんな終わりなき旅に出ていく。

死というリセットボタンはみんな同じだから。

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

MY FAVORITE
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました