『サブスリーの難易度』(ランニングの技術まとめ)

MY FAVORITE
スポンサーリンク

ハルトの『サブスリー養成講座』のまとめサイトです。

改めてマラソン・サブスリーの難易度について考えてみたいと思います。それぞれのサイトにリンクが貼ってありますので、気になる言葉があったら、そちらのサイトに飛んで読んでいただきたいと思っています。

ここにある「言葉」はあと数秒削り出すためのただのきっかけです。

言葉に触発されて、あなたの走り方やモチベーションが劇的に改善し、夢のサブスリーを突破されることを心から祈っています。

スポンサーリンク

サブスリー関門突破ゲームはどれほど難しいのか

フルマラソン42.195kmを2時間台で走り切ることをサブスリー(sub-three。sub3)といいます。

3は、3時間の3(three)です。sub は、~の下、という意味の英語の接頭語です。

subwayは道(way)の下(sub)だから地下鉄。submarineは海(marine)の下(sub)だから潜水艦という意味です。

サブスリーは市民ランナーの勲章とされています。

かつて私は『サブスリーのためならドーピングも辞さず。ゴールして倒れてもいい』と思いつめて、この『関門突破ゲーム』に熱中していました。

ほとんど走るために生きているといってもいい時代は、このサブスリー突破ゲームが最大のモチベーションとなっていました。

デートの約束も後回しにして、奥多摩のトレイルで修行ランニングしていたこともあります。すべてはサブスリーのためでした。

ではこの『関門突破ゲーム』は、どれぐらい難しいのでしょうか。

統計によるとサブスリーランナーは市民マラソン大会の上位3~4%とされています。

しかしもともと足に自信がある人や走るのが大好きな人がエントリーしているのが市民マラソン大会です。

全人類から見ると、サブスリーランナーはどれぐらい上位に位置するのでしょうか。

日本のマラソン大会の中で、最もお祭り色が強く、最も一般市民がエントリーしているのが東京マラソンです。

その東京マラソンですとサブスリーランナーは上位1%ぐらいになります。

『そこらへんの市民100人がマラソンを走ったら、トップでゴールできる人』ぐらいのイメージでいいのではないかと思います。

スポンサーリンク

小中学校で学校で一番速かった子が、血尿がでるまで練習したらどこまで行けるのか

中学時代、長距離走と言えばせいぜい1500mでした。私の中学校では体育の授業で1500m走のタイムを計られて、そのトップ5が校内の掲示板に貼りだされていました。本稿の執筆者ハルトは、学校中でいちばん速かったです。

小学校時代も長距離走は学校中で一番速かったです。走れば褒められる子でした。長距離走の才能あるなしで言うならば、明らかに才能がある方でしょう。学校一ですから、いちおうそう言っておきます。

そんな人間が、月間600km走り、血尿がでるまで練習して、ゴールしたら死ぬ覚悟で走って、やっと達成できたのがサブスリーでした。決して簡単なゲームではありませんでした。

しかしだからこそやりがいがあります。ゲームというのは、あまり簡単すぎると面白くないものです。一度も全滅することなくあっさりクリアできてしまうRPGが面白くないのと同じことです。

敵ボスに全滅させられ、悔しさに大声で叫んだり、リセットボタンを押したくなったり、憎らしくて夢にまで見て眠れないぐらいで、はじめて面白いゲームだったと言えるのではないでしょうか。熱中できないゲームに価値なんかありません。

「どうにかして効く呪文はないものか?」

「素早さが上がって攻撃順位が先になれば今の攻撃力でも敵を倒せるのではないか」

「今のレベルでも、もっと効率的に戦えば、敵ボスを倒せるのではないか?」

模索したり、研究したり、夢想したりすることで、関門突破ゲームの世界は一気に奥深くなります。

とくに私の場合は、3時間0分数秒というのを2年連続で経験しており、この悔しさと言ったらありませんでした。あと数秒でサブスリーだったのです。しかも2年連続で。

私にとってマラソンレースは受験によく似ています。本気の勝負レースは一年後であり、このままサブスリーランナーになれないままで生涯を終えるのかという不安と闘いながらの二年間でした。

スポンサーリンク

ノウハウ・脳ミソでサブスリーを達成することができた

二年間の間に考えられることは考え尽くしました。わずか数秒縮めるだけでいいのです。わずか数秒縮めれば私はサブスリーランナーです。カラダで無理ならアタマで、フィジカルで無理ならメンタルで、この関門突破ゲームをクリアしてやろうと思っていました。

脚力ではなく脳ミソでサブスリーを達成してやろうと決意したのです。

フォームについては死ぬほど研究しました。それがこのブログで公開しているサブスリーフォームです。効率的に速く走れるための方法であり、それを公開したものが本稿「ハルトのサブスリー養成講座」なのです。

アトムのジェット走法』も、『カカト落としを効果的に決めるには』も、本気のサブスリー挑戦の中から生まれてきたマラソン理論です。地面という重たい抵抗を受けながら軸脚(支持脚)を後ろに送るよりも、空中を自由に動ける遊脚(振りあげた方の脚)を前に送った方が効率的だろうという理屈です。地面からの抵抗とは「足をその場に留めようとする」負荷ですから、その負荷に逆らって支持脚を後ろに送るよりも、空気抵抗しかない遊脚を前に送る方が、楽ちんだということがわかるでしょう。『ハサミは両方に開かれる』ので、後ろに脚を蹴らなくても遊脚をグイっと前に出すだけで、結果として蹴ったようなフォームになるので心配いりません。

オリンピッククラスのエリートランナーのマラソン中継からも多くを学びました。なかでも川内優輝よりも自分の方がピッチが多いと知った時には衝撃でした。

そこから私は市民ランナーに足りないものはストライドだと確信を持つようになります。

サブスリー達成のためには『ピッチ走法よりもストライド走法。ダメージなんか度外視して走れ走れ』ということになります。本番レース中、私は『ジャンプしない走りなんて走りじゃない』と私は何度も自分に叫んでいます。ランナーはストライドが維持できなくなって引退するのです。ピッチは命のリズム感でありそう易々と衰えるものではありません。プロの陸上コーチがピッチ走法を推奨するのは、もともと彼らが指導するエリート選手たちには天性のストライドが備わっているからであり、それをそのまま鵜呑みにしてはいけません。

市民ランナーが速く走るために必要なのは「ストライド」です。そのためには鳥が翼を広げて飛ぶように、大腿骨を大きく動かすことが必要なのです。

大きく大腿骨を動かしながら、ゆっくり走ることはできません。「動的バランス」というものは「静的バランス」とは違い、スピードを出しながらでないと維持できないものなのです。

サッカーやラグビーの走りと陸上の走りは違います。サッカー部は横からチャージされるのが前提なので腰を落としてピッチを踏みしめて走ります(やじろべえ走法)。それに対して陸上部は接触はないのが前提なので骨盤・腰椎をフワッと浮かせて走ります。この走りをラグビーでやったらタックルされたらふっ飛ばされてしまいますが、骨盤・腰椎は浮かせた方が楽に、軽く走ることができます。

本気でサブスリーを追いかけたからこそ、これらのノウハウを手に入れることができました。『左右非対称の原則』も、『おっとっと走法』も、『天秤走法』も、『大地をクワで耕すように着地する』理論も、本気でサブスリーを追いかけなかったら生まれてこなかったと思います。

スポンサーリンク

魂ほど強い武器はない

究極のフォームはひとつの筈なのに、なぜそれを表現する言葉はたくさんあるのでしょうか。

どのノウハウも、すべてが究極のフォームを指向しています。それでいて表現している内容は違うのです。

昨日は『カカト落とし』フォームで調子よく走れたのに、今日はしっくりこない。

今日は『アトムのジェット』フォームで調子が良かった。

日々、入力意識が変わるのはどうしてだろう? 長い間、ずっとそれが謎でした。

ノウハウはいつも同じではなく、体調によって変わってきます。

部分を表現し、全体を表現していないことに私は気が付きました。全てが連動していて一部だけ見ていてもダメなのです。しかし一部がうまく回れば全体がうまく回るようになることもまた事実です。

たったひとつの理想のフォームに関して、なぜたくさんの言葉が思い浮かぶのか?

走るという単純極まりない運動だというのに、どうしてこう次から次へと学べるのか? いくらでも発見できるのは何故なのか?

ひとつのノウハウで、なぜすべてがうまく回るのか?

逆に、どうして常に通用するような、たった一つの箴言、究極の言葉がないのか?

それもまた謎でした。

なぜ昨日うまくいったことが、今日はうまくいかないのでしょうか。

究極のフォームを求めて私はあがきました。「筋肉が使えているなあ」と感じる場合は、必要のない負荷がその場所にかかっている可能性があります。悪いフォームである場合があります。なにも筋トレしながら本番レースを走ることはないんだから、「楽に、軽く」走れたという結果さえあればそれが目指すフォームそのものだと悟りました。そのためには骨を意識するのが先で、筋肉が動いているかのセルフチェックは後回しでいいと知ります。いいフォームは骨格でつくるのです。

骨格系サブスリーフォームの追求の中で、腰の筋肉を緩めて骨盤・腰椎をフワッと浮かせた「やじろべえ走法」が生まれます。

その一方で、所詮は世界一速く走れるわけじゃないんだから、本質的に大切なのは「この私」が走って楽しいかどうかだという境地に達します。『理屈じゃなくダイナミズムを大切にしよう』という言葉が生まれてきました。ランニング実存主義です。

脱力も技術のうち』とか『ピーキング理論』『ダイエット理論』も本気で必死でサブスリーを追いかける中から生まれてきたサブスリー理論の中のひとつです。

昨日はこの走法が効いたのに、今日はどうにも効いてこない。別の意識(フォーム・ノウハウ)にしたら調子よく走れた。そんなことを何度も何度も繰り返しているうちにたどり着いた境地が、複数のフォームを持とうということでした。

「ひとつのフォーム、ひとつのノウハウに固執するのはやめよう」と、ある日、私は気づきました。究極のフォームにこだわり続ける方がマイナスなのだと気づいたのです。

ノウハウに忠実であろうとするあまりに、無理やり疲れた筋肉を使ってノウハウ・ノルマを達成しようとすることは、タイム短縮にとってマイナスでしかありません。

そしてとうとうたどり着いた私のオリジナル理論

マラソンの極意・理想のフォームを追求するのではなく複数のフォームを使い回す

膝をたたむことも、ハサミは両方に開かれることも、やじろべえのようなイメージで走ることも、膝を突き出すことも、フォアフットで着地することも……全てが連動しているサイクルだから、一か所に弾みがつくと、その勢いですべてが勢いよく回りはじめるのです。

ひとつ回ると、すべてが回ります。

たとえば「フォアフット着地をしよう」と心掛けるだけで、おのずと前に振りあげた脚が宙を掻き戻されてきます。結果として「踵落とし走法」が達成されて、その勢いで「足裏ジェット走法」も達成できます。やはり動きは連動しているということです。ひとつが勢いよく回れば、他も勢いがついて回っていくのです。

ノウハウ・言葉にこだわるな、ということです。「考えるな。感じろ(Bruce Lee)」です。ノウハウとは月を指さす指のようなものです。 指先ばかり見ていると、月が見えなくなります。大切なものを見失ってしまうのです。

スポンサーリンク

ハルトのサブスリー養成講座のレーゾンデートル

走ることと、考えることは、とても相性がよかった。だからこそ比叡山の千日回峰行に共感したのです。

サブスリーを追いかける旅の間も、放浪は続けていました。

自分のことを農耕民族ではなく、狩猟採集民なのだなあと認識したのも、サブスリーという関門突破の旅の途中でした。

私は世界を駆ける力を手に入れようとしていたのかもしれません。

だからこそサブスリーを達成した時には爆発するような喜びがありました。

納得すること、達成感を得ること、そういったことが大切だったのだと思います。

遊びだからこそ必死にやらなければ面白くありません。本ブログのタイトルにもなっているゲーム『ドラゴンクエスト』も、ラスボスを倒したあの達成感に夢中になったのです。

このブログで私ハルトは自分のノウハウのすべてを公開しています。ひとりの男が必死の取り組みの中から掴んだノウハウ、西天取経(さいてんしゅけい)の旅先で得たお経のような言葉を公開しています。

血の通った言葉、これらのノウハウにインスパイアされて、みなさんには是非ともサブスリーを達成していただきたいと思っています。

ゲームの関門は、突破するためにあるのです。熱中すること。それが生きがいです。

やった。成し遂げた。今はそんな実感が残っています。3時間を切れると切れないとでは全然違います。たとえば私がサブスリーランナーでなかったら、いくら雑誌『ランナーズ』でマラソン2時間30分を切った超人たちを数々取材してプロのライターだからといっても、このような『養成講座』のようなものは、開講することはなかったでしょう。

自分の言葉とそうでないのとでは、違います。魂がこもっているかどうか。しょせん、魂がこもっていないものでは、何も伝わりません。

難しいからこそ、挑戦しがいがあります。難しいからこそ、教えてあげたくなります。難しいからこそ、私ハルトのサブスリー養成講座のレーゾンデートル(存在意義)があるのです。

みなさんも、若さと力の限り、このやりがいのある関門突破ゲームに挑戦してみてください。きっとあなたの人生に何かかけがえのないものをもたらしてくれます。

このページを見てくださった皆様。こんな私の記事を読んでくださって、ありがとうございます。

『ランニングの奥義・心臓ひとつあなたは自分の意志で動かせない。あなたが一番早く走れる方法はあなたの肉体が一番知っている』

帰国子女です。応援よろしく
ポチっと応援してください
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

MY FAVORITE
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました