一生に一度だと思ったことも、やる気にさえなれば毎年だってやれる。

スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

放浪のバックパッカー旅行を続けていると、時々思うことがあります。「もう二度とこの地を踏むことはないだろうな」と。国内旅行ではあまり感じることのない感覚です。

たとえば直近のメキシコ旅行。チェチェンイッツアやティオティワカンなどメキシカン・ピラミッドを中心とした観光は大満足のものでしたが、おそらく生涯もう二度とメキシコを訪れることはありますまい。トランジットで偶然訪れるような場所ではありません。わざわざ再訪するには、世界はあまりにも広く、人生はあまりにも短い。

外国でも「もう二度と訪れることはないだろう。 永遠にさようなら」と別れを告げた場所に、また来てしまうということはごくまれにですが、あります。たとえば私にとってイタリアのミラノはそのような場所でした。もう二度とこのゴシック大聖堂を見ることはあるまい、と思っていたのですが、ベネチアへのトランジットや、ミラノ万博など、何度も行くことになりました。しかし基本的には稀なケースであり、ほとんどの場所は一生に一回きりということになります。エジプトのピラミッドも、ギリシアのザキントス島も、どれほど思い出に残っていても、もう二度と目にすることはない場所なのだろうと覚悟しています。

ところが国内だと、どんなに「サヨナラの旅情」にひたろうと思っても、その後の人生の中で偶然通ってしまったりします。たとえば横須賀市にバルチック艦隊を打ち破った東郷平八郎の戦艦三笠があります。横須賀は三浦半島の突端にあるため、わざわざ行かないと偶然通りすがるはずのない場所ですが、先日、千葉から東京湾横断フェリーに乗ったら着いた先が横須賀でした。二度と見ることはないと思っていた戦艦三笠をまた見ることになったわけです。

一生に一度と思って、かつて私は「南アルプス全山縦走」をしています。
会社の夏休みを全部つぎこんだ8泊9日の第縦走でした。それもこれも一生に一度と思ったからこそできたことです。

しかし、考えてみれば、南アルプスなんて「すぐそこ」です。一生に一度と思ってやった大縦走でしたが、その気になれば毎年だってやれるのです。

最大の壁は心の壁です。やる気にさえなれば、一生に一度だと思っていたことを、毎年だってやれるのです。

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました