新時代のモバイルWi-FiはクラウドWi-Fiがおすすめです。

パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

モバイル環境さえあれば、世界中のどこでも生きていけるのではないか。

そう思わない日はありません。

人はみな旅人です。どこにいても仮の宿です。

現代においてモバイル環境は切実です。圏外だなんてとんでもない!

このページを読むと、世界中で使えるというクラウドWi-Fiとは何かがわかるようになります。

どんな人がこのサービスを利用すべきなのかがわかります。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(生涯総距離は地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。NYとハワイを別とする数え方なら100都市をこえています。
国内では車中泊の旅で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
夢は海外移住。希望移住先はもう決まっています!!
※この稿の内容は以下のとおりです。
スポンサーリンク

ノマド! 人生には通信環境が必要だ

生き方には二つあります。

定住して自分の住む場所が魅力的な場所になるように開発する生き方と、すでに魅力的な場所にさっさと移住して限られた人生を異郷の魅力とともに過ごす生き方です。

定住が楽チンなのはよくわかります。それにくらべて放浪には苦労が多い。

しかし定住は退屈です。放浪は刺激に満ち溢れています。

楽チンを選ぶか、刺激を選ぶか。

刺激を選ぶものは、放浪の人生を選びます。海外に旅立ったりします。

昔の放浪者は大胆にも世界地図で旅したりしていたようですが、現代の放浪者にスマホと通信環境は欠かせないものとなっています。

主たる原因は、ホテルの予約システムを安値で誰でも導入できるようになってきて、安宿が予約をとるようになってきたからです。

飛び込みよりもネット予約の方が安くていい宿を見つけられる時代になってきました。

これでは通信環境がなければ、どうしようもありません。

熟練のバックパッカーが、モバイルの達人の旅の初心者に負けてしまう時代となったのです。

イスラム教国にぽつんと放り出されたら、とてつもない疎外感を味わいますよ。

逆にいえば、通信環境さえ整っていれば、日本にいるのと変わらない暮らしを世界中のどこでも送ることができます。

海外では、昔は喫茶店などに入ってWi-Fiを利用させてもらい情報を収集していました。

今では、日本にいるときに渡航先のSIMカードをあらかじめネット購入してから出かけます。

現地でSIMカードを入れ替えるわけです。結構面倒なのですが、利便性がはるかに勝るので、SIMカードの入れ替えが旅の習慣になっている人も多いと思います。

ところが近未来では、クラウドWi-Fiという最新テクノロジーが提供されるようになってきました。

これは農耕民族の生き方をやめて、狩猟採集民の生き方をしようというノマドに最適なWi-Fi環境のようです。

モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)を使用すれば、国内ならノマドの生き方ができそうですが、世界を旅しながらノマドすることは可能でしょうか?

以下、この新しい通信環境についてレポートします。

スポンサーリンク

クラウドWi-Fiとは何か?

はじめに、クラウドとは、雲の向こうのどこにあるのかわからないネットワークサーバーにデータや処理演算を依存して、手元にはディスプレイなど軽い機能しか持たない役割分担のことをいいます。

クラウドWiFiとは、通常のポケットWi-Fi(モバイルルーター)に入っているSIMカードを、クラウド側がもっているサービスのことです。

お手元のWi-Fiルーター(クラウドWi-Fi)にはあなたの現在地を知らせるSIMカードが装着されています。通信会社との契約情報を記録したSIMカードではありません。

クラウド側で世界の通信会社のSIMカードを管理しているので、あなたがいる場所に最適なSIMカードにクラウド側が切り替えてくれるのです。

簡単にいうと、数社の中から最も電波の強い会社(ネットに繋がる会社)を選んで利用できるということです。

そのことによりSIMカードの入れ替えをすることなく、国内でも海外でもどこでも一台で利用可能となる通信サービスがクラウドWi-Fiです。

これまで国をまたぐと差し替えなければならなかったSIMカードですが、クラウドWi-Fiならば差し替える必要がありません。

ポケットWi-Fiとしても使用可能

通信用SIMカードはクラウド上にあるのですが、Wi-FiルーターにSIMカードスロットがあるタイプの場合は格安SIMなどを差し込んで、通常のポケットWi-Fiとして使用することもできます。この場合はSIMカードに書き込まれた一社を限定してサービスを利用することになります。

世界に旅立つときにはクラウドWi-Fiに切り替える、といった使い方が可能です。

スポンサーリンク

クラウドWi-Fiのメリット

国内の通信大手三社はドコモ、Softbank、au ですが、場所によってはドコモはアンテナ4本なのに、Softbankだとアンテナ3本とか、繋がりやすい繋がりにくい(電波が強い弱い)ということがあります。

それが自動的に一番電波の強いところを選択して繋いでくれるとしたら、そのサービスが一番ネットに繋がりやすいと思いませんか?

ドコモの電波が入らなかったら自動的にauの電波に切り替えてくれるとしたら?

まさにそのサービスを行っているのがクラウドWi-Fiです。

国内ならよく知った大手三社の状況を見るだけなのでまだいいのですが、海外だと知らない会社の中から電波を選べと言われても選べません。

モバイルWi-Fiはそれを自動的にやってくれます。電波の強い通信会社を選んでくれるのです。

そのために使えるエリアが「または条件」になるので最大にひろがります。

広い範囲で使用でき、電波がつよく安定しているのです。

利用料金はそれぞれですが、概してお手頃価格といえるでしょう。

なぜかというと現地の回線を使用しているからです。

たいていの国の通信料金は日本より安いことを知っていますよね?

スポンサーリンク

クラウドWiFiのデメリット

悪名高き中国のインターネット規制をご存知でしょうか?

google 検索が使えず、「天安門事件」を検索しても内容が出てこないといったアレです。

グレートウォール(万里の長城の英語)をモジって、グレートファイアウォールと呼ばれたりします。

クラウドWi-Fiでは現地の回線を使用しているため、グレートファイアウォール(現地通信規制)の影響を直で受けたりします。

また理論値の最大通信速度はWiMAXに劣っているのですが、実用には気にならないレベルだということです。

スポンサーリンク

クラウドWi-Fiがつくる夢

まだ始まったばかりのサービスですが、今後はクラウドWi-Fiがスタンダードになっていくものと私は予想しています。

時代を先取りして、今から利用をはじめるのもいいのではないかと思います。

別に今すぐ諸国を遍歴しなくてもいいのです。

ただそういう可能性を手中にしているというだけで、気持ちが違ってきます。

心持ちが違えば、人生が変わってきます。

その気持ちが人生には宝なのだと思っています。

いつでも旅立てる人だけが、いつか旅立つことができるのです。

旅立てない条件に縛られている人は、いつまでも旅立つことはできません。

クラウドWi-Fiを利用することは、その可能性を手に入れることです。

いつかハッピーな生活をエンジョイできますよ。

そう信じましょう。

スポンサーリンク

サービスを利用すべき人

現実的には会社の出張で世界各国を飛び回っている人がサービスを利用すべき人です。

楽チンで、安い。繋がりやすい。

以下におすすめのクラウドWi-Fiをご紹介します。
選んだ基準は3日で10ギガというような通信速度規制のないタイプです。
安くていいものに乗り換えることは、健全な競争と経済発展を促します。

『メディアサービス』の『ギガWi-Fi』

『メディアサービス』の『ギガWi-Fi』ならば、容量無制限でギガし放題で、懸案の3日で10G制限(1日で3G制限)がありません。 
「クラウドSIM」という仕組みを利用しているクラウドポケット型Wi-Fiです。自動的に国内大手3キャリアの使える回線を見つけてSIMカード不要で切り替えて接続するという新しいサービスです。
価格もauの据え置き型Wi-Fiの使用料(4,500円弱)よりも安い月額3,250円(業界最安級!)なので、セット割引を考えても『ギガWi-Fi』を使用した方がお得です。
キャンペーン実施中は、全ての端末代金が0円とのことです。

ゼウスWi-Fi 『ZEUS WiFi』

ゼウスWi-Fiもデータ容量無制限でネット使い放題です。
3日間10Gのイエローカード的なペナルティはありません!
動画ドバドバ見放題です。
SIMカードがないクラウドSIMサービスなので、ソフトバンク・ドコモ・au回線から自動的に使える回線を見つけてくれるので、自分の住んでいる地域を選びません。海外もこのまま使えます。
今ならキャンペーン適用価格で月額料金は2,980円から始められます。
Wi-Fiルーターは無料レンタルとのこと。

BBN mobile Wi-Fi

クラウドSIMサービスが不安な方は『BBN mobile Wi-Fi』がおすすめ。
Softbankの回線を使用できる区域の方なら問題ありません(エリア要確認)。
月額2,680円から申込できます。
30~50GB/月のプランに申し込んでおけばいいのではないかと思います。
こちらも3日で10GBの通信容量制限がありませんので、実質ギガ放題と同じような使い方が可能です。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

5Gもそうですが、ネット環境革命はまだまだ続くようです。
きっと後世、通信環境が進化しきった時代に生まれた子どもたちは、私たちのこの時代のことを「刺激的で面白かった変化の時代」と捉えるんじゃないかな?
できればあの時代に生まれたかった、と思う子もいるかもしれません。
どこが勝つか、誰が勝つかわからない時代なんて、まるで戦国時代のようだと思いませんか?
戦国時代は、革新的だった織田信長が勝ちました。
きっとネット環境戦国時代革新的な勢力が勝つのでしょう。
従来のポケットWi-Fi の勢力を、やがてクラウドWi-Fi が塗り替えていくものと私は確信しています。
最後までお読みいただきありがとうございました。
著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました