【本番練習法】オオカミ・ランニングのすすめ

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

オオカミランニングとは、のんびりとジョギングをしていた時、他のランナーに抜かれたら、突如オオカミのように豹変し(?)、抜いたランナーに食い下がり最後は仕留めるという練習法です。

私ハルトの命名です。

このページでは、オオカミランニングの定義とやり方。メリットデメリットと、練習に向かない地域について解説しています。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのハルトと申します。
初マラソンの4時間12分から自己ベスト2時間57分まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。
市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。ニューヨークシティマラソン、バンクーバー、ホノルル、ユングフラウ、ロトルア、ニューカレドニア、ボストンマラソンなど海外マラソン歴も豊富。雑誌『ランナーズ』で数々の記事を執筆していた物書きです。
「頭のよさでライバルに走り勝つことができるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
夢は海外移住。希望移住先はもう決まっている…!!
※この稿の内容は以下のとおりです。
スポンサーリンク

オオカミランニングとは何か?

オオカミという生き物は肉食で、逃げる獲物が疲れ果てるまでひたすら追いかけて仕留めると聞いたことがあります。

ライオンのような一撃必殺の狩りではなく、持久狩猟をするというのです。

獲物は自分よりも強いエルクのような大物。オオカミが勝っているのは持久力のみ。

自分よりも大きな敵を一撃で仕留められなくても、追って追って追いかける。そして相手が疲れ果てた時に勝負をしかける。

いざ決戦となったときに、獲物は走り疲れて足腰が動かなくなっていますから、オオカミは有利にじわじわととどめを刺すことができるのです。それが持久狩猟です。

呼吸が荒くなった獲物の喉元に食いついて仕留めます。

このオオカミの狩りにあやかって命名したのがオオカミランニングです。

オオカミランニングとは、ジョギングのようにゆったりと流す練習をしているときに、誰か他のランナーに抜かれたら、突如オオカミになって、そのランナーを追って追って抜き返すまで追いかけるという捨て身の練習法のことです。

自分を追い抜いたそのランナーをペースランナーにして無理やりスピードをあげましょう。
そして最後は何が何でも抜き返します。
このオオカミランニングはあなたの走力をメチャクチャ向上させてくれます。

スポンサーリンク

オオカミランニングは本番練習法

本番レースをトレーニングがわりにするという練習法があります。
負けん気でライバルたちに食い下がってペースが上がるので、一人の練習では出せないスピードの練習ができるというのがこの本番練習法のミソなのですが、オオカミランニングにはこれと同じ効果があります。

しかも無料です。

自分を抜いていったランナーは、すくなくともジョギング以上の強度で練習しているわけですから、胸をかりるつもりでペースメーカーとして利用させてもらいましょう。

抜かれた瞬間に頭を切り替えます。
今日はジョギング練習の日だったが、ここまで。ここからはオオカミランニングだ、と。

まあ抜いたほうのランナーもびっくりするでしょうね。

「遅い奴だ」と抜いて行ったら、突然、スピードをあげて、目を剥いてついてくるのですから。

オオカミランニングではできるだけ相手を不快にしないように、驚かせないようにします。

気づかれないように、すこし間隔をあけて、静かについていきます。

まるでオオカミがこっそりと獲物の跡を追うように。

一定の間隔を保って同じペースでついていきます。そして相手のペースが落ちた時に、一気に仕留めます。

練習では相手も油断していますので、ずっと一定のペースで走っていることはまずありません。相手がスピードを緩めたとき、一気にペースをあげて抜き去るのです。

抜いた以上、抜かれることもありえるのだと、きっぱりと教えてやりましょう。

相手には勝つ権利があり、あなたには負ける権利しかないのではありません。あなたにも勝つ権利があり、相手にも負ける権利があるのです。

男らしくお返しをしてやりましょう。

オオカミ・ランニングを続けていると、勝ちぐせがついてきます。

すくなくとも負けたまま何のお返しもしない「負け犬根性」とはキッパリと別れることができます。

オオカミは負け犬ではありません。

スポンサーリンク

深夜の死闘。宿命のライバル

抜き返した以上、もはや二度と抜かれないように必死で逃げます。
もう一度追いつかれることはと思いましょう。
その必死さゆえにオオカミランニングはあなたを飛躍的に進歩させるのです。

覚悟のオオカミランニングですから普通はこれでおわりですが、中にはもう一度、抜き返してくる強気のランナーがいます。

私の場合も、過去に一度だけ、そういうランナーがいました。

私の場合、いつも同じコースを走っているため、同じランナーといつも会うことになります。
時間がまちまちなので滅多に会いませんでしたが、私には宿命のライバルがいました。

こちらがオオカミランナーだと知っているそのランナーとは、何度も死闘を演じることになりました。

深夜の公園で無言の死闘を繰り返したものです。

暗くてよくわからないながらも、相手のことはお互いにランニングフォームで認識していました。

こちらが仕事などで疲れ切っている時にはうんざりしたものです。

しかしもともとこっちが仕掛けたハンティングなので、体に鞭打ってスピードをあげて勝負しました。

戦いたくない日もありました。

しかしもし野生動物だったら、そんな甘いことはいってられません。

厳しい野生の世界なら、負けたら死ぬのです。

ライバルとは言葉を交わしたことはありません。

お互い、それはそれでいいと思っているようでした。

深夜のオオカミランニングは、むちゃくちゃ充実した練習となりました。

確実に走力があがります。

実業団の駅伝選手が、集団で競い合いながら走っているようなものです。

すれ違う時にはホッとしました。すれちがうときには競争にならなくてすむからです。

競争になるのは同じ方向に走っているときです。

抜かれるときは、ふいに抜かれるのです。

抜くときも一気に抜き去りました。

地方の10kmロードレース大会で、死闘の相手と一緒に走ったことがあります。

お互いがわかったので、折り返しの時にちょっと目で挨拶。

向こうも同じでした。

一切言葉を交わすことなく、そして二人とも入賞したのです。

スポンサーリンク

オオカミランニングのデメリットと向いていない地域

若く、速く走ること以外は何も考えていない時期だったので、誰かに抜かれるたびに「いい獲物が来た」とばかりにオオカミランニングを仕掛け、私はどんどん強くなっていきました。

抜いた以上、抜かれることもある、という根幹の考え方は間違っていないと思います。

しかしもしかしたらオオカミランナーの私を見たら、恐れをなしてあえて抜かないようにした地元ランナーさんがいたかもしれません。(汗)

おかげで(?)地元を走っていて誰かに抜かれるということはほとんどありませんでした。なんだか暴走族みたいな話しですね。

オオカミランニングのデメリットは、走ること以外、何も考えられなくなることです。たとえば交通事故など、相手が強ければ強いほど必死に走るあまりに周囲のことが目に入らなくなります。気をつけてください。

オオカミランニングは瞑想ランニングと真逆のランニングです。

瞑想ランニングが自分を見つめたり無心で走ったりする心のランニングであるのに対して、オオカミランニングはただ先行ラビットをしとめることだけを考える野獣のランニングです。

人間、脳に酸素が足りないと、何も考えられなくなります。ものを考えるのはゆっくりと禅ランニングをしているときです。

走る哲学者にはオオカミランニングは向いていません。ときにはおとなしく抜かせることも必要です。

オオカミランニングは時と場所を選んでやりましょう。のべつまくなしに挑みかかったら狂犬です。

皇居や駒沢公園でオオカミ・ランニングをやったら死にますよ。超強豪ランナーが次から次へと現れます。

ほとんど他のランナーに抜かれることがない地方在住ランナーだからこそできるとっておきの強化練習方法がオオカミランニングだといえるかもしれません。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

オオカミランニングとは、のんびりとジョギングをしていた時、他のランナーに抜かれたら、突如オオカミのように豹変し(?)、抜いたランナーに食い下がり最後は仕留めるという本番練習法です。

単独走のみで刺激のすくない地方在住ランナーが、レースの感覚で練習ができるというとっておきの方法です。

抜いていった人に勝手に練習パートナーになってもらうという作戦ですが、オオカミランニングはあくまでも最後は仕留めることを目的とします。

等間隔で走ってさらりと逃がせば波風は立たないのですが、オオカミランニングでは最後には抜き返します。

抜かれて終わりという敗北の運命を認めようとせず、身を削っても最後には抜き返します。

餓狼の精神で、獲物を追いかける。それがオオカミランニングなのです。

厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『脳ミソで脚力自慢に走り勝つ方法』については、プロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました