ちょっと今からソウル行ってくる

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

スポンサーリンク

同窓会に知らない顔が紛れ込んでいたらどうする?

弟がクラス会を行ったと聞いた。PUFFYの大貫亜美ちゃんもその一員であるソウル日本人学校のクラス会である。

イロハ「PUFFYの亜美ちゃんに会えたって?」

ハルト「いや。男だけ4人でやったらしいよ。しかもお互いによく顔がわからなかったんだって」

イロハ「えっ! どういうこと? クラス会なんでしょ? 元クラスメートでしょ?」

ハルト「弟が帰国したのは小3なんだ。9歳だよね。記憶っていうのは上書きされてしまうものだから、その後、人生の濃密な体験を積み重ねることで、古い経験は忘れ去られてしまう。弟なんて自分が帰国子女だという自覚もあまりないぐらいだから、当時のことはほとんど覚えていないんだ。その時以来、約30年ぶりに会ったから、お互い、ほとんど初対面みたいなものだったみたい」

イロハ「まるで男同士の合コンじゃない(笑)それじゃあ全く赤の他人が来てもわからないってことよね」

ハルト「そういうことになるね」

イロハ「なんか、そういう設定。映画で見た気がするんだけど」

ハルト「これだな。『ちょっと今から仕事やめてくる』。ブラック企業で心を病んで自殺しそうになった主人公を助けてくれたのが自称クラスメイト(福士蒼汰)だったんだけど、主人公はそいつのことを覚えていなかったんだよね」

ちょっと今から仕事やめてくる

新品価格
¥1,500から
(2018/11/20 23:57時点)

 イロハ「こんなやつ同じクラスにいたっけなあ? ぐらいな感じ」

ハルト「でも自称クラスメイトのおおらかさに惹かれてつきあっていくうちに、自殺をやめて会社もやめて、最後には同じ目的地のバヌアツに旅立つって話だね」

イロハ「バヌアツかあ。あたしもちょっと今から仕……」

ハルト「やめときなさい

スポンサーリンク

ソウル日本人会の合言葉は「ナムイ島」

イロハ「うふふ。ところで30年ぶりにどうやって会えたの?」

ハルト「兄貴どうしが同窓生で連絡を取り合っているから、そのツテで弟たちを引き合わせたんだ。兄の世代がいまだに仲良くしているのを見て、自分たちも連絡を取り合ってみたくなったんだろう。そういう名前のやつがいたなあ、ぐらいの記憶はあったらしい。でもほとんどソウル時代の記憶がないから、全然盛り上がらなかったんだってさ」

イロハ「せっかく貴重な体験だったのにもったいない。すべてはタイミングよね」

ハルト「何歳の時、帰国子女として過ごしたかで人生への影響が全然違ってくるよね。おれなんか初恋とか挫折とか人間形成される最も重要な時期をソウルで過ごしているから、その後、どんな体験をしても上書きされないはじまりの記憶としてずっと心に残っているもの

イロハ「そうかあ。そんな風に言われるとあたしも昔の友達に久しぶりに会いたくなっちゃったなあ。クラス会、やらないかなあ」

ハルト「そのクラス会に全然知らない顔の人がいたらどうする? 『おれや、久しぶりやなあ』ってなれなれしく声を掛けてきた相手の名前が全然思い浮かばなかったら?」

イロハ「焦っちゃう(笑)。合言葉を決めておけばいいんじゃない。山と言えば川みたいな合言葉を」

ハルト「それならおれたちソウル日本人会にはいい合言葉があるぞ。それは『ナムイ島』だ」

イロハ「なあに『ナムイ島』って?」

ハルト「韓流ブームを牽引した『冬のソナタ』のロケ地で有名になった南怡島のことだよ」

イロハ「ああ知ってる。ペ・ヨンジュンとチェ・ジウがデートしたメタセコイア並木のある島よね。ミナソムでしょ?」

ハルト「ミナソムじゃないよ。ナミソム。南大門はナンデムン。南山タワーはナムサンタワー。韓国語では南はナムだよ」

イロハ「さすが韓国通。ミナミだからミナソムって間違えて覚えちゃってた」

ハルト「『冬ソナ』以降、南怡島は大々的に日本にも紹介されるようになってナミソムって現地発音で紹介されているけど、おれたちソウルの日本人社会では南怡島はナムイ島と呼んでいたんだ

イロハ「ナンイ島と読みそうだけど、ナムイ島?」

ハルト「そう。ナムイ島。だから同窓会に赤の他人が紛れ込んでいても、この言葉を合言葉にすればすぐにわかるよ。

『あのー。ソウル日本人学校で毎年林間学校に行っていたあの島、あの島の名前は何て言いましたっけ?』

『たしか…ナミソムですね?』

こいつはニセ同窓生だ(笑)。おれたちの同窓生だったら絶対にナムイ島と言うはずだもの」

イロハ「なるほど。つかえそうな合言葉ね」

ハルト「ああ。そんな話をしているうちに、またナムイ島に行きたくなっちゃったよ。あの島で毎年キャンプファイヤーをやったんだ。友達みんなでバンガローに泊まってね。本当に楽しかったよ。船に乗ってね」

イロハ「行けばいいじゃない。ソウルなんてすぐそこよ」

ハルト「そうだね。それじゃあ、あの思い出の島がどう変わったか、見に行ってこようか」

というわけで、いつものようにバックパックひとつで、宿予約なし、アポなし、予定なし、行き当たりばったりの放浪旅に出かけてきます。

ちょっと今からソウル行ってくる

なあに現金とパスポートさえあればなんとかなるさ!!

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました