思い出の宝島。ナムイ島

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

スポンサーリンク

思い出の宝島。ナムイ島

小学生の頃、毎年のように林間学校に行っていた思い出の島、ナムイ島に行ってきた。

我々ソウルの日本人学校では毎年、ナムイ島に林間学校に行っていたのである。

ナムイ島(南怡島)は現在、日本人観光客にはナミソムと呼ばれている。各種ガイドブックもその表記になっているはずだ。現地、韓国の発音で呼んでいるわけだ。しかし僕ら日本人学校の中ではずっとナムイ島と呼んでいたのでその発音で通したい。ナミソムなんて言われるとなんだか別の島のような気がしてしまう。

島へと往く船の上でみんなで覚えた歌を歌った。後年、この歌がアニメ『宝島』の主題歌だったことを知ってビックリした。「夢にみた島へと♪」を「夢にみたナムイ島♪」と替え歌にしてぼくたちは歌っていたのだ。学校の先生が替え歌にして僕ら生徒に歌わせていたのだ。日本のアニメなんて見ることもなかったぼくたちは、「宝島」のことなんか知らず替え歌だということも知らなかった。一生懸命いい思い出をつくってくれた先生たちには感謝している。本当にいい先生たちばかりだった。思いだすと涙が溢れそうだ。

スポンサーリンク

ソウルから南怡島(加平)への行き方

小学生の頃、ぼくらは運ばれるままにバスと船で南怡島へ渡った。子供なんて自分の意志でどこかに行けない荷物のようなものである。運ばれるままだったくせに、結構、遠い場所に行ったような記憶が残っている。

ところが大人になって「あの島」へ行こうとしたら、案外、簡単に行けた。電車が通っているのである。ソウルから京春線加平駅で下車。1時間30分もあれば着きます。そこから駅前で待機しているタクシーに300円ほど払えば南怡島へと向かう船着き場に到着します。

こんなに近かったとは。まるで映画『スタンド・バイ・ミー』のようである。今更ながらに子供の世界の小ささに驚いた。ソウルなんて帰国子女を名乗るのも恥ずかしいぐらい近すぎる。

ナムイ島は現在、ジョークで「ナミナラ共和国」という独立国を名乗っている。船着場がイミグレーションになっているのはそのためだ。

船に乗ればあっという間にナムイ島に到着する。なんといっても島へは船に乗らずにジップラインでも行けてしまうのだ!

えっ! ジップライン! まじか! そんなに岸から近かったっけ?

子供の頃はもっと長く船に乗った気がする。川面から吹き付けた風のことをいまでもよく覚えている。その風の中、甲板で「ナムイ島の歌(宝島)」を歌ったのだ。

それとも乗船場が今とは違う場所にあったのだろうか? 荷物のように運ばれるままだった僕にはわからないが、記憶と現実の差に愕然とする。

スポンサーリンク

『冬季恋歌』冬のソナタの聖地

こんなに小さな島だったのか。

ナムイ島は南北に長い半月型の島である。直径4km。

4km! たった4kmしかないのだ。

そんなに小さかったのか。大人になって、親の小ささにビックリするような気持ちである。地球を一周するほど走りぬいてきたランナーの目からすると、鼻息が届くぐらいの大きさしかない。

本当に学校の先生に連れられて行っただけだったんだなあ。あの頃は、秘境に行く感じだった。

ナムイ島はすっかり変わっていた。大勢の観光客が訪れるレジャーアイランドになっている。

すべて人の手が行き届き完全に整備されている。完全に観光地化されている。あの『冬のソナタ』以降、大きく変わったのだろう。『冬ソナ』は東アジア全域でヒットしたらしくインドネシアやマレーシアなどイスラム教徒の観光客が多いためアッラーへの礼拝のための場所まであった。

ぼくにとってナムイ島は原生林の何もないところ。ロマンの宝島だった。小学生の頃は、何もないところに行って、みんなで力を合わせて生き抜く。そんな雰囲気だった。林間学校というのはそういう場所を選んであえて行くものである。森の中にあった広場で、暗くなってからキャンプファイアをやった。あの燃え盛る火のことは忘れられない。でも、その場所がどこだったのか、もはやわからないのだ。

スポンサーリンク

ナミソムの宿泊事情

ソウルからナムイ島へは片道2時間もあれば行けてしまうため、ほとんどの人は日帰りだ。荷物を担いでいる人はあまりいない。ほとんどの人は軽装である。しかし僕は違った。とにかくナムイ島で夜を過ごしたかった。そのためにわざわざ泊まりに行くつもりで東大門の安宿をチェックアウトして荷物を担いで行ったのである。

ナムイ島といえば夜。キャンプファイアの夜だった。楽しかったのは真っ昼間ではなく夜だったのだ。夜になってすべての観光施設を闇が覆い隠してくれれば、あの頃のナムイ島が闇の中に蘇るかもしれない。

しかし小さな島のホテルのキャパは小さく、予約なしの宿泊客を突然泊めてもらえるほどの客室数はなかった。予想はしていた。予約なしで旅行をするときに、島は危険である。宿泊施設はたいてい交通結節点にあるものだ。ところが島はどん詰まりである。そこだけのために来た観光客しか訪問しない場所だ。だから島は予約なしだと泊まれないことがある。海外放浪旅で定宿にしている市場のそばの安宿は、地元のバイヤーが泊まるから安いし、予約なしが効くのである。ナムイ島のような場所とは条件が違う。残念ながら宿泊は諦めるしかなかった。それでも泊まりたいと思ったのは、ぼくにとってナムイ島が思い出のロマンの島だからである。

ナミナラホテルとバンガローがあるが、キャパは小さい。本当に泊まりたいならば予約が必要である。しかしこんな小さな島に大きなホテルがあったら興ざめである。この程度の部屋数に抑えているのは自制が効いていると言わざるをえない。儲けようとして景観を壊してしまうのは、魚を乱獲して未来の仕事を失う漁師のようなものだからだ。

寄生獣のミギー!?

それにしてもレジャーランドとして面白いところである。自然と調和したレジャーランドとしてセンスがあって楽しめるところだ。森の中にはリスやウサギがいた。もちろん管理者によって放された動物たちであろう。がっかりするほど面白い。たくさん人が来るわけである。明洞ミョンドンなど繁華街に飽きたら行くと面白い。行く価値はじゅうぶんにある。

でもぼくが求めていたのはレジャーランドではなかった。思い出の宝島なのだ。

スポンサーリンク

やっぱりここはナムイ島じゃなくナミソムなんだなあ。

思い出のナムイ島はもうなかった。今のこの島だったら、ぼくにとっては「思い出の島」にはならなかったかもしれない。今の南怡島は開発されすぎてワクワクがない。何が出てくるかわからない夜や森の恐怖がないのだ。

何もない大自然だったから、思い出に残ったのだ。今の南怡島は怖くない。ここで何かが起こっても誰かが助けてくれる。管理者の保護下にいる。

ソウル日本人学校の修学旅行では慶州に行った。でも懐かしく思いだすのは慶州ではなくナムイ島である。慶州は市街地であり、街の暮らしの延長だったからだ。

ナムイ島は宝島だった。

異国の街で、ぼくら日本人がみんな仲がよかったのは、異国人にまわりを取り囲まれていたからに他ならないと思う。肩をよせあうようにして生きたからだ。

大自然の中に、ぽつりと人間の集団があるとき、そこに「団結」というものが生まれるのではないか。燃え盛る炎を希望にして。

ぼくにとってナムイ島はそんな島だったのだ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました