美の女神ビーナスの裸身だって、昔はポルノだった

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
大塚美術館一の美男子
スポンサーリンク
クラガミ
クラガミ

ばっかもーん。ブログのアイキャッチにいきなり女性の下腹部、性器の画像をあげおって! 腰を抜かすほどびっくりしたわ!

突然、本ブログの主催者クラガミから怒られた。

スポンサーリンク

オルセー美術館展示の女性器丸出し絵画はポルノなのか?

実は数日前の『結婚の本質は妊娠、出産、子育て。結婚とは子孫を残すこと』というブログの中で、アイキャッチ画像に迷った私は、クラガミの言うような女性の下腹部の画像を掲載したのである。

ハルト
ハルト

あれはフランスのオルセー美術館に展示されている名画なんだよ。ポルノじゃないんだ

結婚の本質は妊娠と書いた以上、妊娠前段のセックスは不可欠のはずであり、それゆえにセックスを連想させるような画像を貼り付けたのである。

クラガミ
クラガミ

まわりに額縁があったから絵だとわかったが、あんな無修正画像を貼り付けて評判になって、いろいろな人が見に来ちゃったらどうするんだ? 困るだろうに

クラガミはビビり気味である。センセーショナルな内容のブログが急激に閲覧数を増やすことを「バズる」というが、オルセー美術館の女性器丸出し画が評判になってバズってしまうことをクラガミは心配しているのだ。

ハルト
ハルト

はっきり言おう。おれはバズることを目指したのだ

見てくれているからこそバスれるのである。バズりたくてもバズれないのが凡百のブログなのだ。ほとんどのサイトは無視されている。バズれるのは力の証しだ。

オルセー女性器画は、たしかに私が世界中の美術館で見てきた中でも、もっともリアルで刺激的な画であった。何千という絵画を見てきてそのほとんどを忘れてしまっているが、オルセー美術館のこの絵のことはよく覚えている。それだけ衝撃的だったからであり、無視できなかった画であった。この画には「バズるだけの力がある」のである。だからこそその画の力を借りたくてアイキャッチ画像に貼り付けたのだが、本ブログの経営者クラガミからダメ出しを食らってしまった。

スポンサーリンク

美の女神ビーナスの裸身だって、昔はポルノだった

もっとも自由の国フランスだからこそのプライドのオルセー展示だったのかもしれず、本来はれっきとしたポルノであったかもしれない。写真登場以前のお金持ちが自分のポルノ画を名画の下に隠していたのかもしれない。ゴヤの『着衣のマハ』は『裸のマハ』のカモフラージュ作品だったと言われている。あれも昔はポルノだったのだ。時代を経てポルノがアートになることはよくあることなのである。美の女神ビーナスの裸身をポルノ目線で見た大昔の人は大勢いたのだ。

繰り返すが世界的な美術館オルセーが展示していた名画である。しかしクラガミがポルノと判断するんじゃ仕方がない。取り下げよう。

スポンサーリンク

YouTubeの楽園・水着系ビーチ動画がすべて削除されている問題

実際、私にもオルセー美術館の女性性器の衝撃的な絵によって「バズりたいが、そこまでいかなくてもせめて世間ですこしぐらい噂になってくれたらいいな」ぐらいの気持ちはあったのだ。私がこれまで見た名画の中で忘れられない衝撃の一枚であるし、クラガミが腰を抜かすぐらい驚いたぐらいだから、一部の人間の間で噂になるぐらいのパワーをオルセーの絵は秘めている。なんといっても女性器丸出しだからね。名画の力というよりはポルノの力かもしれないが、その力をばかにはできない。ビデオデッキが普及したのはアダルトビデオのおかげというのはよく言われることである。

聖書・創世記には「産めよ、増えよ、地に満ちよ」とある。この言葉をセックス抜きでかなえるのは無理だ。性的興味は、神が人にあたえた原初のパッションなのだ。バズりたいと考える者が、この興味を利用しないという手はない。実際、ちょいエロのブログの方が、まじめ一本のサイトよりもずっと閲覧数が多いのだ。

私はEDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)が大好きでよくYouTubeを視聴していた。特にお気に入りだったのは、EDMをバックに若い水着の女の子が美しいビーチを笑って散歩したりお酒を飲んだり海に飛び込んだりする動画であった。老後にビーチベッドに横たわりながら眺めたい理想の世界を描いたようで大好きな動画だった。もちろんちょいエロ動画である。女性はビキニをお尻にくいこませてクイクイ歩いているし、巨乳は揺れている。視聴数は数十万~100万にも達しようという人気動画であったが、現在、それらの動画はすべて削除されている。

自発的撤退とは思えない。数十万~100万にも達しようという動画を運営者が手放すとは思えないからだ。すべてのちょいエロEDM動画が全滅したのは、この世界の神の意向によるものであろう。

この世界とはインターネットのことであり、神とはgoogle社のことである。YouTubeを所有しているのはgoogle社なのである。世界的企業であるgoogleは「ちょいエロも嫌い、許さない」スタンスを貫いている。ユダヤ、イスラム圏のような国でも通用する会社運営方針なのだ。どうしてそんなことを私が知っているかというと、当ブログのアドセンス広告もgoogle社が運営しているからである。当然運営指針も同じで「ちょいエロも嫌い、許さない」という立場だ。

googleが「ちょいエロにはお金を払えない」と言ったら、動画運営者はYouTubeからその動画を撤去せざるを得なくなる。そのようにしてちょいエロ動画は全滅していったのだろう。

googleのスタンスは本サイトの主催者クラガミと同じなのである。それを知っていたからおとなしく引き下がることにした。

スポンサーリンク

美術館一の美男子は顔のない男。

このブログで問題となった『結婚の本質は妊娠、出産、子育て。結婚とは子孫を残すこと』のアイキャッチは、別の絵に差し替わっている。

この絵もまた私にとっては忘れることができない絵のひとつだ。その由来が面白い。この絵は「世界で二番目に面白い徳島県の大塚美術館」で絵画の中の美女・美男コンテストを行った際、一番の美男に選ばれた男の絵である。

大塚美術館一の美男子

見ての通り、美術館一美男子な男の顔は描かれていない。向こうを向いちゃっている。

「女にこれほどの表情をさせる男は美男子に違いない」という理由で来場者の票が殺到したんだそうな。

ハルト
ハルト

選ぶ人間のセンスのよさに驚いた。美術館でセンスが磨かれたのか。美術館に来るような人たちだから元からセンスがいいのか

人の顔には、それぞれ「好み」というものがある。顔が出てしまっては、それが限界だ。好き、嫌いが分かれるし、それ以上の「いい男」にはなれない。

しかし顔が出ていない以上、おのおのが自分の理想の顔を向こうを向いた男に投影することができるのだ。だから男は限界なく「いい男」になることができる。しかしA子とB子が思い描いている男の顔は全然違うはずだ。

面白いのはそういうことを絵の作者は全然狙ったわけではない、というところである。作者が描きたかったのは「恋する女」の方だけだった。男の顔なんてどうでもよかったのだ。そういう描き方をしている。むしろ作者は彼女の方を「大塚美術館の美女コンテスト」に選んでほしいと思っただろう。

でも絵を見た大塚美術館の来場者が「女にこれほどの表情をさせるなんて…」と男の方を評価したことが面白いのである。投票した人のセンスを高く評価したい。絵の作者もびっくりしただろうな。

鏡に映った何かを来場者たちは見たのだ。絵画というのはドリームな世界なのである。

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました