配偶者が宗教にハマりそうなタイプだったらどう対処すればいいか?

MY FAVORITE
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パワーストーンが吸い込んだ邪気をはらうためにクラスター水晶が必要だという妻

先日、妻のイロハが衝撃的なことを言った。

「私のヒスイの腕輪が邪気を吸って曇ってきたから、水晶が欲しい」

大型ショッピングモールを散策していたら、石屋があったのである。石屋といっても墓石を売っているわけではない。婚約指輪のようなブリリアンカットのダイヤモンドを売っているわけではないから宝石屋というのもちょっと違う。どちらかというと発掘したままの原石を売っているカンジである。「パワーストーン屋さん」としかいいようがない若者向けのチープなお店で、たくさんの種類の石とその効能がヴィレッジヴァンガード風POPに手書きでたくさん書きこまれているお店だ。

たとえば翡翠(ジェダイト)は、トラブルを回避し、人生の成功を守護する石なのだそうだ。とくに中国文化圏では五徳(仁・義・礼・智・勇)を高めるとされて、昔から大切にされてきた。わが国でも縄文時代の勾玉は翡翠である。

まあ百歩譲ってヒスイを身につけるところまでは認めよう。ところがイロハは「翡翠がマイナスの波動、邪気を吸い込んでくれている。だから濁ってきた。それを浄化するためにはクラスター水晶(水晶さざれ石の台)に翡翠をかけておかなければならない」というのだ。オーマイガー! なんてこったい。こいつはまずいことになったと僕は思った。

スポンサーリンク

パワーストーンの正体とは? 確率の問題を逆手にとったもの

昔からお金持ちは貧しい人よりも幸せである確率が高かった。美しい装身具で身を飾れる人は幸福な人生を送れた可能性が高かった。幸せな人生を送った人は美しい石を身につけていた確率が高かったのである。これは確率の問題だ。

ところがどこかでそれを逆に言い出したペテン師がいたのだろう。「お金持ちだから宝石を身につけているのではなく、宝石を身につけているからお金持ちになったのだ」と。

みんな幸せになりたいから藁にもすがる思いでそれを信じた。それがパワーストーンの正体である。

パワーストーンは、それほど高価でない石も含まれている。騙されてもこのぐらいの金額ならいいかな、ぐらいの価格である。邪気を払うような超常現象的な効果がなかったとしても手元に美しい石が残るわけだから損はない。だから買っておこう、と思えるぐらいの価格帯に設定されているのだ。

そこがミソである。詐欺師が詐欺をかけるときも「騙されてもこのぐらいの金額ならいいかな」ぐらいの価格帯を設定するはずである。買う方から見ても、数千円~数万円で買ったブツが本当に人生のトラブルを回避し、成功を守護してくれるのだとしたら、これほど安い買い物はない(笑)。

スポンサーリンク

石を大陽の光や塩で浄化するってドラキュラか?

翡翠の腕輪だけで詐欺商法にひっかかっている可能性が十分に高いが、この上、水晶クラスター台である。水晶クラスターというのは多数の柱状化した水晶が集合したものでその上に宝石や腕輪を置くことができるようになっている。宝石だけでは効果が衰えていくから、台も買わなければならないというのだ。見事な抱き合わせ商品である。

その他にも「太陽の光で浄化する」とか「塩で浄化する」とかいう方法もあるらしい。太陽の光で浄化するのは吸血鬼ドラキュラだし、塩で浄化するのは悪霊だ。パワーストーン屋はどれだけ淫祠邪教化すれば気が済むのだろう。石が邪気を吸い取るなんてあるわけないじゃん(笑)。

これまで結婚前の彼女が装身具にいくら金をかけてもそれほど気にはならなかった。自分のパートナーが美しく身を飾るのは悪いことではない。しかし購買動機が美のための装身具というよりは幸福のための信仰だとすれば話は別である。カルト宗教に全財産を貢いでしまう人も「幸せになろうとして」やっているのだ。パワーストーンが邪気を吸い込むと心から信じるのも、麻原彰晃が世界を救うと心から信じるのも、本質的には同じことである。

イロハ自身は気づいていないが、あぶない道を進み始めている。その信仰のために財を惜しまないところまで行ったらオシマイだ。翡翠の腕輪まではいい。しかしそれを浄化するためのクラスター水晶まではどうか。カルト教団に財産をつぎ込んでしまう人を笑えない。

私とイロハは結婚して家計がひとつになった。妻が全財産を詐欺につぎ込むということは、私が無一文になるということである。

ここで何とかして踏みとどまってもらわなければならない。ヒスイの腕輪まではいいが、浄化のためのクラスター水晶の台まではダメだ。

この気持ちをどのように伝えたらいいだろうか?

スポンサーリンク

詐欺商法のテクニック。水晶クラスターを買うのも、高価な壺を買うのも同じこと

昔、あやしい宗教団体が、高額な壺を信者に売りつけているというニュースがあった。壺がもつ正当な鑑定価値よりもそうとう高く売られていたのだが、どうしてそんなものが売れたのかと言えは「この壺を買えば幸運になります」という宗教的なプレミアがついていたからである。「この壺があれば家運上昇、旦那の出世まちがいなし」といわれたら、それを望む奥さんは壺を買ってしまうかもしれない。旦那が出世して給料が上がれば壺代の元が取れるぐらいなら売買に納得して買う人も大勢いるだろう。それが詐欺なのだ。それが詐欺商法のテクニックなのである。

石が邪気を吸い込むとか、それを水晶が浄化するとか、もはや僕には妻が何を言っているのかさっぱりわからない。ただわかったのは、うちの妻は壺を買うタイプだな、ということだけだった。

この気持ちをなんとかわかってもらわなければならない。騙されているのだということをなんとか自分で悟ってもらわなければならない。それには何と伝えればいいのか。

「君は騙されている。君の道は幸福とは無縁だ」

カルト教団の出家信者に対して、家族は何度となくこのような説得を繰り返してきた。しかし効果はなかった。むしろ相手を頑なにしてしまうのみだった。理屈では駄目だ。正論を言っても無駄だ。むしろ感じてもらうことだ。真理とは何か。正しい悟性とは何なのか。短い言葉で。そして自分の頭で考えてもらわなければならない。自分の心で感じてもらわなければならない。こちらの言葉は短く、相手の頭の中で言葉が渦巻き反響するような一言で。

いろいろ考えて、やさしい声で僕は言った。

「君って壺を買うタイプ?」

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

MY FAVORITE
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました