現代人には理解できない幕末の黒船ショック

MY FAVORITE
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

当ページはリンクフリーです。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

note にて書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を発売しています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサーリンク

幕末の黒船ショックの正体とは?

江戸時代の終わりごろ、アメリカから開国と貿易を求める蒸気船が日本を訪れた。いわゆる「黒船」である。「泰平の眠りを覚ます上喜撰(じょうきせん) たつた四杯で夜も眠れず」という狂歌があるから軍艦は4隻だったのであろう。たった4隻の軍艦に夜も眠れないほど幕府や人々がショックを受けたというのが現代人の感覚だとちょっとわからない。今回はその解説である。

もくもくと黒い煙をあげたペリー艦隊の旗艦サスケハナ号の全長は78.3m。当時から見れば大きかったかもしれないが、戦艦大和の全長263mに比べたら三分の一以下に過ぎない。主砲の射程距離もせいぜい3kmほどであり、大和の主砲の射程42kmに比べたらわずかなものである。4隻の乗員すべてが戦闘員だったとしても1000人ほどにすぎない。それが日本国に脅しをかけようというのである。これでコワモテ交渉をよくやったよなあと感心してしまうほどである。笑っちゃうほど弱小軍団ではないか。

ちなみに沖縄という小さな島にアメリカ軍が攻め寄せてきた時の戦力は、空母98隻、戦艦23隻、兵員50万人を超す大軍団であった。

そういう歴史を知っている現代人の感覚からいうとベリー艦隊なんて弱小すぎて問題にならないレベルである。むしろペリーこそよくサムライの国にビビらなかったなあと思うし、脅される方も脅される方である。どれだけ臆病なんだよ、江戸幕府!

スポンサーリンク

伝説の正体。バベルの塔に「低っ!」とツッコむ現代人の感覚

聖書には天を衝くほどの高い塔として伝説のバベルの塔が描写されている。しかし現代人が伝説のバベルの塔を見ても「低っ」とツッコむであろう。かつて浅草に凌雲閣という伝説の高層建築物があった。雲を凌ぐほど高いと評判だったのだが、高さは52mである。東京スカイツリーの高さは634m。12分の1の高さしかない。これが伝説の正体である。そして現代人の感覚である。ペリーの黒船と似たような話ではないか。伝説の黒船も現代人の感覚から言えば本当にささやかな戦力でしかない。なぜに眠れないほどビビっちゃったのよ?

スポンサーリンク

黒船のアウトレンジ戦法を恐れたのか

当時の人々の感覚になって考えてみよう。江戸幕府の人たちは蒸気船4隻に何をそんなにショックを受けたのか。黒い煙をもくもくと吐き出す外輪船の異様な姿に衝撃を受けたのか? それとも異人の姿にか?

そういう面もあったであろうが、黒船はもちろん軍艦であるから、実際にはその軍事力に恐れおののいたのである。その異様な船姿や太平洋を横断した航続距離を恐れたわけじゃない。戦闘力をおそれたのだ。

戦闘力というのは軍艦に搭載されている大砲のことである。大型砲は陸上を運べないほど重たい。まだ自動車以前の時代である。しかし大型の船ならばそれを運ぶことができる。陸上では運べないほど重たい砲身も船なら運ぶことができたのだ。それが戦艦だ。この時代の軍艦は、大砲の足だったと言っても過言ではない。

ペリー艦隊の主砲の射程距離はわずか3kmほどだが、日本の大砲の射程距離が1.5kmほどだったから、要するに海の向こうから自分は一切危険に曝されず一方的に相手を攻撃ができたわけだ。アウトレンジ戦法である。この時の恐怖感の名残がマリアナ沖海戦の戦術を生み出したのか。

木と紙でできた日本家屋(江戸の町)を4隻の軍艦は火の海にできる。その事実に幕末の人たちは恐れおののいていたのである。だから射程距離の差をなんとか埋めようとお台場のような離れ小島に砲台を設置してこっそり隠したのである。野球でいえば外野手が直接バックホームする肩がないから内野手を中継に挟むようなものだ。

スポンサーリンク

弱さは無知から。黒船4隻に負けるはずがない。

それでも「しかしなあ」と思うのが現代人の感覚だ。

私たちは原子力爆弾による主要都市の壊滅や東京大空襲、ベトナム戦争でゲリラがアメリカ軍を追い払ったことを知っている。一方的に打たれる? それがどうした、と思ってしまう。

4隻の黒船に日本を占領できるだけの兵力なんてあるわけがない。海岸線から退いて陸地に誘い込むゲリラ戦だってできただろうし、アウトレンジで一方的に打たれたとしても、相手の砲弾の数には限りがあるはずではないか。海岸線から3kmぐらいくれてやればいいのだ。射程3kmなんて小舟でいける距離である。死ぬ気でやれば夜陰に乗じて漁船でとり囲んで炎上させることだってできたはずだ。

やられるはずがない。負けるはずがないのだ。

現代人には幕末のサムライの恐怖は理解できない。

スポンサーリンク

処女のおののき。宗教的な恐怖こそが黒船ショックの正体

当時、江戸城が海岸線から2kmぐらいしか離れていなかったというから、ペリー艦隊は江戸城を火の海にできた。武力政権の本丸である江戸城が炎に包まれて将軍が逃げ落ちた、ということになれば、幕府の権威は地に堕ちる。黒船に眠れないほど恐れおののいたことの正体は、将軍の権威の失墜や、神国日本が異人に一方的にやられることへの恐怖が影響しているのではないか。一方的にやられて真っ向からは反撃できないのだ。サムライは正規軍でゲリラではない。

武士の誇りが傷つけられることへの恐怖は、現代人にはわからない。黒船の眠れないほどの衝撃の正体は、むしろ宗教的、心理的な恐怖だったのではないか。

天狗か鬼のように思っていた異人と、歴史始まって以来はじめて対決しなければならない。そんな処女のおののき、宗教的なタブー意識こそが黒船ショックの正体だったのだ。

黒船ショックとは、女子高の教室にいきなり男子が入り込んできた時の悲鳴のようなものである。

そうでも考えない限り、たった4隻の蒸気船があたえた恐怖は、現代人には理解できないのである。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
MY FAVORITE
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました