国民総生産GDPにカウントされないヤミ米のこと

スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

スポンサーリンク

競争が性能を飛躍的に高める

知り合いの農家からお米をもらった。お米というのは県の農業研究所が品種改良の研究を毎年続けており、今も新しい品種が日本各地で誕生している。

お米と言えばコシヒカリだったのは今は昔の話である。今はコシヒカリをベースとした改良種のほうがおいしかったり、倒伏しにくかったり、収量が多かったりするのだ。

しかし新種は誰でも栽培できるというわけではない。新発明が特許によって知的所有権が守られているように、お米の新種も基本的にはしばらくの間は県内でしか栽培できないルールがある。新潟県の農業研究所が開発した新種は、当分の間、新潟県の水稲農家でしか販売できないとされているのだ。

これはもっともな措置だと思う。研究費をかけて研究所が新しい品種を開発しても、成果をただ盗りされては、誰も新しい種を改良しようとは思わないだろう。

兵器開発がそうだが、敵に勝たなければ我が方が死んでしまうというような命がけの生存競争こそが、性能開発を飛躍的にあげるものだ。ロケットもジェットエンジンも原子力もそのようにして生まれた。

県の予算で開発したのだから、その県内の農家のみが儲けられる仕組みでいいと思う。悔しかったら自分の県の農業研究所にはっぱをかければいい。そして県どうしで熾烈な争いをすれば、その競争が日本の農業競争力を高める。

韓国や中国が、日本が開発したイチゴなどの果物、花の改良種のタネを盗んで自国で栽培して儲けているという。そのように植物の種なんていうのは、改良の知的所有権を維持するのが難しい。もともとお米などは中国や韓国経由で日本にやってきたものなのだ。それに対して日本は何ら対価を支払っていない。逆にトウガラシは日本を経由して韓国にひろまったとされているが、元をただせばメキシコ原産である。日本は偉そうにトウガラシの権利を韓国に主張できる立場にはない。

私がもらったお米も実はこのようなお米である。某県(名は伏す)の農業試験所が開発した新種を地元の農家が「自分ちで食べる分だけ」生産したものだ。JA全農などは全国組織であるから地元の顔役農家が新種の種もみを手に入れることなんてことは難しいことではないのである。

ただしルールはルールだ。市場に出して儲けてはならない。私がもらったお米は、いわば公に市場に出すことができない自家用のお米なのである。

スポンサーリンク

市場に出せない自家用のお米は、統計上のコメ生産高にカウントされていない

ところで日本人の一人当たりのコメの消費量が減っているという。減っているのは確かだろうが、実はこの統計上の数字には「からくり」がある。市場に出回っているお米の量を人口で割ったのがコメの消費量である。つまり私がもらったような「自家用のお米」はいくら食べても日本人の消費量にカウントされないのである。

日本ではサラリーマンをやっていたほうが楽に多くのお金が稼げるために農業離れが進んでいる。親の代までは農家だったが息子の代は他人に耕作してもらって自分は専業サラリーマンという「土地持ち非農家」が増えているのだ。この「土地持ち非農家」は自分の田んぼを耕作者に貸して地代の代わりにお米をもらっている。先祖の田んぼが広ければ家族が一年かけても食べきれないほどのお米を地代として受け取っており、彼らは生涯、お米を買うことはない。

彼らはお腹いっぱいお米を食べているが、市場に出回っていないお米であるため、日本人の一人当たりのコメの消費量にはカウントされていないのである。お金が発生しないものは経済行為としてカウントされないからである。

スポンサーリンク

旅行者的ライフハック「お金を節約することは稼ぐことと同じ」

さすらいのバックパッカーである私は、旅行者的ライフハック「お金を節約することは稼ぐことと同じ」を啓蒙しているが、似たような話だと思う。

たくさん稼いで、たくさん買うことが、資本主義の原則で、そのような生き方を私たちは強制されている。

しかし、稼がなくても、買わなければ、貯蓄残高は変わらない。

節約できることは、稼げることと同じなのだ。

買わないことが「ひもじい」と思うから、広告に踊らされ、強制された人と同じ生き方をするしかなくなるのだ。

私がもらった自家用の新種米は、直売所で買うコシヒカリよりもおいしかった。

大枚をはたいて買った経験が最高だなんて、いったい誰が決めたんだ?

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました