ただ生きていることがとてつもなく贅沢なこと

スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

スポンサーリンク

貧乏でも楽しめる

海外貧乏バックパッカー旅をしてきてつくづく思うことは「貧乏でも楽しめるよね」ということである。

タイの2泊3日の旅行に30万円もかける人がいるが「バカじゃないの?」とすら思う。

どうすればそんなにお金がかかるのか、もう理解不能の領域である。

ビジネスクラスの飛行機代とリッチホテルに宿泊すれば3、0万円ぐらい簡単に使えるのかもしれないが、たった3日だけ空港に黒塗りベンツで送迎してもらって楽しいか?

むしろ映画『タイタニック』で描かれたように「セレブの上層フロアよりも、貧民の船底パーティーの方が面白いんだよ」と積極的に主張したいぐらいである。

平成最後の年末の夕日が沈むのをパタヤのビーチで眺めていた。1日300円のビーチパラソル席である。

おそろしく美しい夕日だった。そしてマジックアワー。

贅沢はしない。

ただ生きていることがとてつもなく贅沢なこと。

それが旅人というものである。

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました