ただ生きていることがとてつもなく贅沢なこと

スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

スポンサーリンク

貧乏でも楽しめる

海外貧乏バックパッカー旅をしてきてつくづく思うことは「貧乏でも楽しめるよね」ということである。

タイの2泊3日の旅行に30万円もかける人がいるが「バカじゃないの?」とすら思う。

どうすればそんなにお金がかかるのか、もう理解不能の領域である。

ビジネスクラスの飛行機代とリッチホテルに宿泊すれば3、0万円ぐらい簡単に使えるのかもしれないが、たった3日だけ空港に黒塗りベンツで送迎してもらって楽しいか?

むしろ映画『タイタニック』で描かれたように「セレブの上層フロアよりも、貧民の船底パーティーの方が面白いんだよ」と積極的に主張したいぐらいである。

平成最後の年末の夕日が沈むのをパタヤのビーチで眺めていた。1日300円のビーチパラソル席である。

おそろしく美しい夕日だった。そしてマジックアワー。

贅沢はしない。

ただ生きていることがとてつもなく贅沢なこと。

それが旅人というものである。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました