ヨーロッパとアジアを分けるボスポラス海峡の幅。瀬戸大橋。長江の河口幅。玄界灘。ドーバー海峡とくらべてみた

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの人生を旅しながら走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

『車泊でGO!!』YouTube動画 始めました。(grandma-cuisine

スポンサーリンク

ボスポラス海峡。アジアとヨーロッパを分ける海峡

ボスポラス海峡はアジアとヨーロッパを分ける海峡。 長さ約30km、幅は最も狭い箇所で698m、最も広い地点で3700mだそうです。

日本最大の川幅は荒川もしくは富士川ですが、せいぜい2kmぐらいです。

幅700mしかないんじゃあ軽く泳いで渡れます。瀬戸大橋の中央支間長が940mですから余裕で橋が架かります。

長江の河口幅が約40kmですから、海というよりは、川みたいなものです。

黒海マルマラ海(海と海)をつないでいるので海峡というしかないのでしょうが、まるで河のようです。

ちなみにイギリス・フランス間のドーバー海峡の最短部が34kmです。ときどき泳いで渡る人がいますよね。

玄界灘(日本と韓国)は302km。しかし対馬からなら韓国まではたったの49.5kmです。瀬戸内海が南北で約5~50キロメートルほどです。

ボスポラス海峡の狭さがよくわかりますね。

でもこの海峡が重要なのはアジアとヨーロッパをここで分けているからです。

ブルーモスクが見えるということはヨーロッパ側です。主要な観光施設はヨーロッパ側にあります。対岸がアジア側ですね。

ボスポラス海峡の海辺でサバサンドという有名なB級グルメが食べられるはずなんですが……トルコ周遊ツアーだったので食せず。無念だったので、自宅で食べました。

スポンサーリンク

イスタンブール・ユーラシアマラソン

イスタンブール・ユーラシアマラソンというマラソン大会があります。アジアからスタートしてヨーロッパでゴールするという大会です。

これだけ聞くとものすごい距離を走るように聞こえますが、じっさいにはボスポラス海峡大橋を走って渡るだけのことです。この海峡がアジアとヨーロッパを分けているということを利用したレトリックですね。県境で長野県と岐阜県をまたいじゃったというようなものです。距離はもちろん42.195km。

私はエントリー直前まで行ったのですが諸事情で走れませんでした。

世界はひろいなあ。(ボスポラス海峡は狭いなあ)

タイトルとURLをコピーしました