自転車(ロードバイク)は、陸上選手よりも球技系の選手の方が上達することが多い。自分の領域(ゾーン)に行くことよりも常に周囲に気を配る

スポーツ・ロードバイク・肉体
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

ここでは自転車(ロードバイク)とランニングは両立できるのか、検証したいと思います。

過去に一度、検証をしています。

『ロードバイク(自転車)とランニングの両立は可能か? サブスリーランナーはロードレーサーに乗っても速いのか?』

というコラムです。

そのコラムの要旨は一言で言うとこういうことでした。

そのスポーツに最適の筋肉量や体重というものがある。上位レベルになればなるほど、その競技に適した筋肉の付き方をしているかどうかが問題となり、両立は難しくなる

マラソンもロードレーサーも世界一ということは無理だが、市民レベルで高い位置をキープすることは、心肺機能や毛細血管の発達など共通部分も多いから、可能だろう」

という内容でした。

いわば筋肉にスポットを当てた検証をしたわけですが、今回は、脳ミソの部分ではどうなのか? という内容です。

スポンサーリンク

自転車は他のスポーツからの転向者が多い

ロードバイクのマンガ『弱虫ペダル』で主人公・小野田坂道くんが、他のスポーツはダメだけれど、ロードバイクは速いというキャラクター設定になっているのは、漫画的な誇張はありすぎですが、決して嘘ではありません

鳴子章吉くんが、小野田くんをロードバイクの世界の誘う場面で「たいていのスポーツでは体重問題が大問題だけれど、ロードバイクは体重は車体が支えてくれるから問題にならない。ただ前に進む筋肉だけあればいい…(だからキミは向いている)」的なニュアンスの発言をするのですが、さらりと核心を突いた奥深いセリフだと思っています。さすが作者の渡辺航先生はよくわかっているなあ、という気がします。

自転車(ロードバイク)は転向者が多い競技です。最初にはじめた競技スポーツが自転車だという人は日本には少ない。これは競技自転車が高額でちょっとテニスを始めるのとは比較にならないお金がかかることと、何よりもあまりにも危険(場合によっては死ぬ)であることが、初心者の敷居を高くしていることが原因だと想像されます。

小野田くんの進学した総北高校には自転車競技部がありましたが、そもそも自転車競技部なんかないという学校も多いのではないでしょうか。もしも野球部がない学校だったら「まともな学校か?」と疑ってしまうほどですが、自転車競技部がなくても別にフツーの学校だと思ってしまいます。

そういう状況もあって、自転車はたいていが他の競技からの転向者です。新城幸也はハンドボールの選手でした。

スポンサーリンク

自転車にはどの競技からの転向者が向いているのか?

それではどの競技からの転向者がもっとも自転車の世界で成功するのでしょうか。

まず最初に思い浮かぶのは陸上選手ではないでしょうか。同じように脚を回転させる競技(ピストン運動に近い)ですから。

私もそう思っていました。

競輪選手が短距離走者なら、ツール・ド・フランスのようなロードレーサーは長距離走者です。ミスター競輪・中野浩一は短距離陸上走者からの転向です。だったらマラソン走者がロードレーサーに乗ったら成功するのでないか、と思っても不思議はありません。

しかし現実は、そんなに単純な話しではありませんでした。

私が自転車(ロードバイク)の師匠格の人に言われた忘れられない言葉があります。

ロードは陸上の人よりも、野球やバスケなど球技系の人の方が上達することが多い

よく観察された、重みのある一言だと思っています。

孤独なランナーたちは、熱中とか全力というものは個人的なものだと信じています。

本当の全力とは己のすべての力をつかって、自分の領域(ゾーン)に行くことだ。

人を待ったり、人に合わせたりするものではなく、他人を置き去りにするものだ。

本当の熱狂とは他者を無視するものだ。

孤独なランナーはそんな風に感じていますし、またそれが心地いいのです。

また時には無心になることもあります。走っている時には何も考えていません。禅の境地に似ているのが無心ランニングです。

ところが自転車(ロードバイク)は、無心でなんかいられません。

路面状況や、集団の動きや、ローテーションなどで、常に周囲に意識を配っていなくてはなりません。無心でいたりしたら、たちまち落車してしまうでしょう。

野球やサッカーのような球技も、仲間や敵の動きを見てやるものですから、そういう脳の働きが似ているから、陸上選手よりも球技系の選手の方が上達することが多いのだと思います。

無心や孤独を愛する長距離ランナーよりも、コミュニケーションをとって連携したり、みんなで楽しくチームとしての一体感を重視する球技系の選手の方がロードバイクには確かに向いていると言えるかもしれません。

孤独なランナーは、受験勉強とかゲームに熱中したり、プログラミングとか執筆のような個人的な作業に向いているタイプです。

しかし戦争にせよ、政治にせよ、会社同士の生存競争にせよ、人は一人では何もできないのですから、本当の意味で大きな仕事を成し遂げるのは、集団球技系の人たちなのかもしれません。そして自転車(ロードバイク)乗りも、意外なことに、こっちのタイプに含まれます。

個人競技に見えて、実はビックリするほど集団競技なのが、自転車(ロードバイク)です。孤独に見えて、実はそうではありません。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
スポーツ・ロードバイク・肉体
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました