ノルディックウォーキングのインストラクターで生計が立てられるか(実践編)

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの旅する人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

当ブログの写真はご自由にダウンロードして二次使用していただいて結構です。

ヒールストライクウォーキングの提唱者アリクラハルトです。

みなさん、今日もたくさん歩いていますか?

わたしにとって放浪の旅とは「歩くこと」です。たくさん歩いた方が人生楽しいに決まっています。

なぜ私は走るのは速いのに歩くのは遅いのか? そんな素朴な疑問から私のウォーキングの旅は始まりました。

ここではノルディックウォーキングについて述べています。

わたしたち人間は「太古の生き物」だった頃の名残を快とすることがあります。睡眠欲、食欲、性欲など。

また私は映画を見ることよりも体を動かすことの方が快楽だと主張しています。

四足歩行もかつて人間が四つ足動物として地面を這いまわっていた頃の遺伝子の記憶がそれを「快」としているのかもしれません。

ノルディックウォーキングとは、人間が四つ足動物だった頃の原初の運動に戻って、ポールを使って直立二足歩行のままで「四足歩行」しているようなものです。ただ歩くよりも、手のひらからの刺激が脳を刺激して感覚を活性化させてくれます。非常に「理にかなった運動」だといえるでしょう。

ノルディックウォーキングをやると、かつて両手もつかって歩いていたときのことを脳が思い出したかのようによろこんでいるのがわかります。

スポンサーリンク

歩行術。歩くことの哲学

とくにやることがない週末に妻イロハとふたりで公園に出かけました。公園に行って何をするかというと「お散歩」です。池のある公園のまわりをぐるりとお散歩してまったりとします。

車中泊海外放浪などを趣味にしていますが、結局は「普段と違う非日常の場所を歩いている」だけで、歩いていることには変わりありません。歩かなかったらほとんどやることがないといってもいいくらいです。

普段は見ないような珍しいものを見ながら「歩く」のが好きなのです。貧乏旅行から歩くことを除いたら、何も残りません。

歩くのは嫌いな人はどうぞタクシーか、団体バスで移動してください。さぞやリッチな旅になる事でしょう。貧乏人は歩きます。歩くからこそ楽しいのです。

金持ちのほうが貧乏人よりも人生が楽しく過ごせると思われがちですが、わたしは必ずしもそうではないと思っています。映画『タイタニック』なんかも「貧乏人の方がお金持ちよりも楽しく過ごせる」っていう映画でしたよね? (あ、もちろん豪華客船が氷山にぶつかって沈没してしまう映画ですが……)

旅も同じです。お金持ちが観光バスで移動するところを貧乏人は歩いて移動するのです。歩いた方が楽しいに決まっているじゃないですか。

歩くことは楽しい人生のベースのようなものです。これがわたしのウォーキング哲学です。

スポンサーリンク

友だちのインストラクターと再会

そんな「生き甲斐」といってもいい散歩をしていたある日のこと、たまたま公園でノルディックウォーキングの無料体験会をやっていました。これは! と思い、参加しようとイロハを誘います。

「ノルディックウォーキングかあ。私の学生時代の友達がノルディックウォーキングのインストラクターやっていてね……おもしろいらしいから挑戦してみようか」

二人で申し込みをし、インストラクターを紹介されたら、なんと噂の当の本人が登場しました。

「あれえ。ノルちゃん(仮名)? ちょうど今あなたの話しをしていたところなんだよ」

「もしかしてイロハ? なつかしー」

そんな感じで突然、中学校時代の同窓会が始まってしまいました。引っ越して、学生時代の同級生に偶然会うなんて可能性のまずないわたしにとっては羨ましい限りです。

スポンサーリンク

ノルディックウォーキングとは何か?

ノルディックウォーキングとは、ポール(ストック)を両手に持って、後ろに押しながら歩くという、歩行運動です。クロスカントリースキーをイメージするとわかりやすいですね。クロカンスキーの雪なしバージョンみたいなものです。

歩くだけだとほとんど腕や肩甲骨周りは鍛えられませんが、ストックを後ろに押すことで腕や肩回り・肩甲骨にも負荷をかけることができるため、ただ歩くよりも全身運動になります。カロリー消費量もただのウォーキングよりもあがってダイエット効果も高くなります。

必要なのはウォーキングシューズとノルディックウォーキング用のポールです。

ノルディック・ウォーキング・ポールとは、特殊な形状をした杖です。登山用のストックに似ていますが、手首を通すストラップ(グリップバンド)があることと、先端が斜めになっていることが特徴です。

ただしポールはあくまでも補助具であり、メインは二本の足です。

体験会では無料でノルディックウォーキングポールを貸してくれました。ポールの長さは簡単に調節できるようになっています。ポールを立てた時に肘が直角に曲がるぐらいの長さに調節して使うといいそうです。

最初に歩き方を教えてくれました。背筋をすっと伸ばして視線は足元ではなく前に向けて腕を動かしながら歩きます。

イントラのノルちゃんは、たぶん他の人たちよりもちょっとだけ熱心に指導してくれたと思います。もちろん同級生のイロハがいるからです。

そして実際に歩いてみることになりました。

ノルディックウォーキングで公園を一周してみます。本当はこの無料体験でインストラクターが行うのは最初のガイダンスだけで公園一周を付き合う義務はなかったみたいなのですが、最恵国待遇でつきあってくれることになりました。

もちろんわたしたちを見込んでみっちりウォーキング指導したいからではなく、元同級生と昔話しがしたいからです。歩きながらおしゃべりするのって最高だものね。わかるよ~

ノルちゃんとイロハが並んで喋りながら歩くのを後ろから眺めながら、私はちょっと離れて付いていきました。

妻の同級生ノルちゃんはノルディックウォーキングのインストラクターの資格をもっているだけあって、歩く姿勢が美しい。スラっと痩せていて、手足が長い女性でした。

スポーツのイントラは美しいことが望ましいのはいうまでもありません。

イントラが太っていたりすると、

「ノルディックウォーキングにはダイエット効果がありますか?」

という質問をする気もなくなります。聞く前から無理っぽいもんね。

マシンガンのような理論武装よりも、インストラクターのスタイルの方が、はるかに説得力をもちます。

チンポジの問題で男性がインストラクターできないヨガのように、ノルディックウォーキングのインストラクターになりたかったら、まず自分が人からあこがれの目で見られるような存在になる必要があるかもしれません。

資格、がいるのです。

スポンサーリンク

ポールを使って直立二足歩行のままで「四足歩行」しているようなもの

イロハはノルちゃんと昔ばなしをするのに夢中で、公演一周の間、ほとんどポールをつかっていませんでした。ただ喋りながら公演一周しただけです。久しぶりの同級生との会話が楽しいのはわかるけどさ、いちおう彼女のためにもポールを使って歩こうぜ(笑)。

ポールの使い方ですが、すこし腕に負荷がかかるぐらい大地を押さないと運動的にはポールをもった意味がありません。

その点、イントラのノルちゃんは喋りながらでも、うつくしいウォーキングフォームを崩しませんでした。呼吸が乱れるわけではないから喋りながらでも余裕で歩けます。

ノルディックウォーキングを初体験したランニングライターの感想は、非常に「理にかなった運動」だなあということでした。

ノルディックウォーキングとは、人間が四つ足動物だった原初の運動に戻ってポールを使って直立二足歩行のままで「四足歩行」しているようなものです。

ただ歩くよりも、手のひらからの刺激が脳を刺激して感覚を活性化させてくれます。

スポンサーリンク

インストラクターだけで生計を立てるのは難しい

レッスン後、ノルディックウォーキングのインストラクターの突っ込んだ話まで聞くことができました。

わたしは「デューク更家ウォーキング」のコラムで詳しく検討しましたが、ウォーキングを金に換える(マネタイズする)という「無理ゲー」について興味があったので、そこを詳しく聞いたのです。

ノルちゃんはノルディックウォーキングだけではメシが食えず普段は服飾系の売り子さんをやって生計をたてているそうです。

まあそうだろうなとわたしは思いました。東京都心のような人口過密地区で近くに素晴らしい公園があるような場所でない限りはノルディックウォーキングの指導でメシを食っていくのは無理ゲーだと思います。

「誰にでもできます」「簡単です」がウリのノルディックウォーキングの指導だけで食っていくのはそうとう難しいだろうなと予想していたからです。誰にでも簡単にできるってことは、教えることはほとんどないってことだから。

わたしがサブスリー養成講座を続けられるのは、サブスリーが「そう簡単にはできない」「難しい」からです。それでもランニングコーチを生業にするのは難しいだろうと思います。

いわばノルちゃんと私は同業者みたいなものです。

スポンサーリンク

公認料、年会費でメシを食っている人がいる

ちなみにノルディックウォーキングのインストラクターになるために「公認指導者」という資格があるそうです。

資格を取得するために「受講」します。そして「公認料」を払って公認してもらうのですが、そのインストラクターの資格を維持するためには「年会費」を毎年払い続けなければならないのです。

……ありがちだよね。こういう資格。年会費でメシを食ってる人がいるんだろうなあ。(心の声)

末端のインストラクターは指導だけではメシが食えないけれど、本部の人間は全国のイントラの上納金でメシが食えるという組織体系です。

教育大学みたいなものです。「子ども(学生)」からではなく「教師のタマゴ」から集金するというビジネスモデルですね。

年会費はひとりひとりはたいした金額ではないけれど、全国から集めれば莫大な金額だろうと思います。趣味で公認の資格を取りたい人は取ればいいと思いますが、維持費がかかりますよ。その維持費でメシを食う人がいる、そういう資格は世の中にごまんとあります。

わたしの父が「スポーツ吹き矢」のインストラクター免許をもっているのですが、これもまったく同じタイプの資格です。人に教えてお金をもらったことなんて一度もないのにインストラクターの資格を持っていると周囲に自慢したいばかりに毎年資格更新料を払い続けています。いいカモになっちゃっているんですが本人が満足しているので周囲は何も言えません。

ただ毎年年貢を納める納税者で終わるか、その資格で稼ぐことができるか、はノルディックウォーキングが世の中でどれだけ流行るか次第です。

流行の波が来なければ、自分が流行をつくってやるぐらいの気持ちがないと、マネタイズは難しいんじゃないでしょうか。

ノルちゃんと話しながら、そう感じました。

スポンサーリンク

脳への刺激がノルディックウォーキングの最大のメリット

ノルディックウォーキングのメリットは、ただのウォーキングにくらべて膝への負担が小さいとか言い出せばきりがないのだが、最大のメリットは脳への刺激だと感じました。

普通にウォーキングしていると感じない手から脳への刺激によって感覚神経が覚醒します。

足裏からの衝撃だけでは普段から慣れ切ってしまっているので、新鮮な刺激がすくないのです。手のひらからの刺激が新鮮で、これまで以上にウォーキングが楽しくなります。

バッティングセンターに人が通うのはボールを打った時の手のひらの衝撃が心地いいからではないでしょうか。あの感覚です。

ノルディックウォーキングでは腕を前後に振ります。これは立ったまま「四足歩行」を再現しているんだな、とわたしは思いました。

わたしたち人間は脊椎動物ですが、ほとんどの陸上脊椎動物は四足歩行をしています。直立二足歩行をしているのは人間だけです。比較的近い種族の霊長類でさえ移動するときには四足歩行をしています。いわば四足歩行がベースで、二足歩行はきわめて特殊なわけです。

わたしたち人間はときどき原初の生き物だった頃の名残が発動するときがないでしょうか。たとえばダイビングを愛するのは、かつて人間が魚だったころの遺伝子の記憶がそれを「快」としているのかもしれません。四足歩行も同じことかもしれません。

しかし今さら人間が手を付いて四足歩行でそこらへんを歩くわけにもいきません。そこでポールを使って四足歩行をノルディックウォーキングは再現しているんだなとわたしは感じました。実際にやってみると、かつて両手もつかって歩いていたときに使っていた脳の部位がよろこんでいるのがわかります。

手のひらからの衝撃が脳に心地よく伝わって気持ちがリフレッシュされるウォーキング、それがノルディックウォーキングなのです。

妻もとても楽しかったといっていました。もちろん昔の友達と一緒にお散歩話しができたからです。

みんなたくさん歩きましょう。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか
お探しのものはありませんか?
マラソン・ランニング
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました