ノルディックウォーキング。たくさん歩いた方が人生楽しいに決まっている

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

なぜ私は走るのは速いのに歩くのは遅いのか?

そんな素朴な疑問から私のウォーキングの旅は始まった。

こんにちは、ハルト@sasurainorunnerです。

ここではノルディックウォーキングについて述べています。

走るのは速いのに、歩くのは遅い謎。歩行術。旅するとは歩くこと
サブスリーランナーの筆者が、歩行術について解説します。ランニングでフォアフット着地で速くなった人が、ウォーキングが遅くなるのはそのフォアフット着地が原因です。ヒールストライク着地に戻しましょう。 旅するとは歩くこと。歩くことが旅すること。生きるとは歩くことです。ウォーキングに無関心ではいられません。
デューク更家ウォーキング体験記。「ひとりでやるには恥ずかしい」からインスタクターが必要
デューク更家ウォーキングは大勢の人が集まってみんなでやるものだと思います。阿波踊りを一人で深夜にやってごらんなさい。変質者と間違えられますから。みんなで歩きたい。一人でやるのは恥ずかしすぎるから。そのリズムをとるためにもインストラクターが必要なのです。
スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。「豪脚自慢に工夫で走り勝つことができるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

放浪の旅とは歩くこと

とくにやることがない週末にイロハとふたりで公園に出かけたら、ノルディックウォーキングの無料体験会をやっていた。

とくにやることがないのでイロハを口説いて挑戦してみることにした。

私たちは歩くことが好きだ。

普段、公園に来ても、何をするわけでもなく、基本的には散歩をしている。

これは海外放浪旅でも同じである。

「放浪中、何をしているの?」とよく気がれるが、「歩いている」としか言いようがない。

日本では見ないような珍しいものを見ながら「歩いている」のだ。

貧乏旅行から歩くことを除いたら、何も残らない。

歩くのは嫌いな人はどうぞタクシーか、団体バスで移動してください。さぞやリッチな旅になる事でしょう。

スポンサーリンク

金持ちより貧乏人の方が楽しい人生を送れるのは、たくさん歩くから

貧乏人は歩くのだ。歩くからこそ楽しいのだ。

金持ちよりも貧乏人の方が人生楽しいというのは、金持ちはタクシーで移動して、貧乏人は歩いて移動するからである。

歩いた方が楽しいに決まっているではないか。

というわけで歩くことは楽しい人生のベースのようなものである。

歩くことには、こだわらないわけにはいかない。

スポンサーリンク

ノルディックウォーキングのインストラクター

「ノルディックウォーキングかあ。私の学生時代の友達がノルディックウォーキングのインストラクターやっていてね……」

とイロハが話していたら、なんと本人が登場した。

「あれ。ノルちゃん(仮名)? ちょうど今あなたの話しをしていたところなんだよ」

「もしかしてイロハ?」

そんな感じで急遽、同窓会がはじまった。

あまりやる気がなさそうだったノルディックウォーキングであるが、旧友がイントラだと違うらしい。

イロハは急にやる気になった。

スポンサーリンク

ノルディックウォーキングとは何か?

ノルディックウォーキングとは、ポール(ストック)を両手に持って、後ろに押しながら歩くという、歩行運動である。

クロスカントリースキーをイメージするとわかりやすい。クロカンスキーの雪なしバージョンみたいなものだ。

歩くだけだと腕は鍛えられないが、ストックを後ろに押すことで腕や肩回り・肩甲骨にも負荷をかけることができるため、ただ歩くよりも全身運動となり、カロリー消費量もあがるようだ。

ただしポールはあくまでも補助であり、メインは二本の足で行う。

無料体験会ではポールを貸してくれる。ポールの長さは簡単に調節できるので、ポールを立てた時肘が直角に曲がるぐらいの長さに調節して使う。

イントラのノルちゃんは、たぶん他の人たちよりもちょっとだけ熱心に指導してくれたと思う。もちろん同級生のイロハがいるからだ。

しかしポールの使い方しか教えなかった。そういう教え方の指導をされているのだろう。

ポールの使い方に難しいことは何もなく、あっという間に指導は終わってしまった。

「これじゃあ金はとれないなあ。無料だからいいけど…」私は思った。

そこがデューク更家ウォーキングと違うところだ。デューク更家ウォーキングはひとりでやるには恥ずかしすぎるため、お祭りの音頭をとるインストラクターの存在が必要であり、お金を生み出すことができるウォーキングである。

デューク更家ウォーキング体験記。「ひとりでやるには恥ずかしい」からインスタクターが必要
デューク更家ウォーキングは大勢の人が集まってみんなでやるものだと思います。阿波踊りを一人で深夜にやってごらんなさい。変質者と間違えられますから。みんなで歩きたい。一人でやるのは恥ずかしすぎるから。そのリズムをとるためにもインストラクターが必要なのです。

ポールの使いかただけを教わって、実際に歩いてみることになった。

歩行のプロとして、膝の使いかたや、カカト着地のことや、大殿筋への負荷などを教えたらもっと内容豊かになるだろうに、とサブスリー養成講座の先生は思うのだが、ノルディックウォーキングのインストラクターはそこまでノウハウを語るつもりはないようであった。

同窓会がはじまってしまっているしね。

ノルディックウォーキングで公園を一周してみる。

この無料体験でインストラクターが公園一周を付き合う義務はないのだが、つきあってくれることになった。

もちろん我々をみっちりウォーキング指導したいからではなく、イロハと昔話しがしたいからである。

ノルちゃんとイロハが並んで喋りながら歩くのを眺めながら、私はちょっと後ろからついていく。

さすがにノルちゃんはインストラクターの資格をもっているだけあって、歩く姿勢が美しい。

スラっと痩せていて、手足が長い。

スポーツのイントラは美しいことが望ましい。

イントラが太っていたりすると、

「ノルディックウォーキングにはダイエット効果がありますか?」

という質問をする気もなくなる。

理論武装よりもイントラのスタイルの方が、はるかに説得力をもつ。

デューク更家ウォーキングもイントラはすばらしいプロポーションの美人さんであった。

スポーツ指導でお金をとるのはたいへんな難事業である。

スポンサーリンク

数は力なり。もっとノルディックウォーキングが大流行すればいいが。。。

イロハが同級生だったので、ノルディックウォーキングのインストラクターの突っ込んだ話まで聞くことができた。

ノルちゃんはノルディックウォーキングだけでは食えず、普段は服飾系の売り子さんをやって生計をたてているそうだ。

「誰にでもできます」「簡単です」がウリのノルディックウォーキングの指導で食っていくのはそうとう難しいだろうな。

誰にでもできるってことは、教えることはほとんどないってことだから。

私がサブスリー養成講座を続けられるのは、サブスリーが「そう簡単にはできない」「難しい」からである。それでもランニングコーチを生業にするのは難しいだろうと思う。

いわばノルちゃんと私は同業者みたいなものだ。

ちなみにノルディックウォーキングのインストラクターになるために「公認指導者」という資格がある。

資格を取得するために「受講」する。そして「公認料」を払って公認してもらうのだが、その資格を維持するためには「年会費」を毎年払い続けなければならない。

……ありがちだよね。こういう資格。

年会費でメシを食ってる人がいるんだろうなあ。(心の声)

ひとりひとりはたいした金額ではないけれど、集めれば莫大な金額だろうと思う。

ひとりひとりはたいした金額ではないから、公認の資格を取りたい人は取ればいいと思う。

イロハはノルちゃんと昔ばなしをするのに夢中で、公演一周の間、ほとんどポールをつかっていなかった。

ただ喋りながら公演一周しただけだ。

カツカツとポールをついていたが、負荷がかかるぐらい大地を押さないと運動的には意味がない。

公演一周後、ノルちゃんに教えてもらったお礼をして、別れた。

「どうだった、ノルディックウォーキング。続けてやりたい?」

私が聞くと、

「やらない。ただ歩くだけでいい」

イロハは言った。

あ、そう……。

登山や、トレイルランニングでもポールを使うような人なら、違和感ないかもしれない。

しかしポール(ストック)は、私には向いていない。

トレランでは走るのに邪魔だし、登山では岩場を手で登るときに邪魔だ。

そういう人間が歩く時だけ急にポールを持てるものじゃない。

第一、目立つ。

でもイロハはとても楽しかったようだ。

もちろん昔の友達と一緒にお散歩ができたからである。

靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。
厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『脳ミソで脚力自慢に走り勝つ方法』については、プロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました