ランニングの極意

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク

あなたが一番速く走れる方法はあなたの肉体が一番知っている。

こんにちは、ハルト@sasurainorunnerです。

ここでは走り方は人に聞くのではなく、おのれの肉体に直接聞け、というランニングの奥義に関することを説いていきます。

スポンサーリンク

「何も筋トレしながら走ることはない」

ライバルより速く走りたいと思ったとき、フィジカルで負けてもメンタルで、メンタルで負けても脳味噌で勝つことができます。

「何も筋トレしながら走ることはないなあ」

私の場合は自分の独り言、この言葉がはじまりでした。

トレーニングではわざと筋肉に負荷をかけて、その筋肉が強くなるように負荷をかけて走ることがあります。

ハルト
ハルト

この練習方法を筋トレ・ランニングと呼んでいます

もちろんこのトレーニングは、トレーニングで強くなった筋肉を本番レースで使うためにやるものです。

「ああ。筋肉が使えているなあ」という実感が筋トレ・ランニングにはあります。その部分に負荷がかかるよう意識して走るわけですから当然です。しかし自重トレーニングの効果を求めすぎるとフォームが崩れてしまっているかもしれません。

本番レースでも筋肉に負荷を感じているとしたら、決してそれは「いい走り」ではありません。「体が軽いなぁ」と感じるぐらいが「いい走り」なのです。

体が軽いとは無重力に近いということであり、走ることの究極は飛ぶことだといえるでしょう。どこにも引っ掛かりがない走りが「いい走り」なのであり、筋肉負荷は抵抗に他なりません。自ら抵抗を求めることは「悪い走り」をしているということを意味します。

筋肉が抵抗を感じないとは、筋肉の動きそのものを意識しないということになります。本当のいいフォームとは筋肉が重さを感じないほどスムーズなものであるはずです。

楽に軽くスムーズに動いていれば筋肉はパワーを振り絞りません。筋肉が「重たい」と感じるのは、実はいいフォームではないのです。

『楽に、軽く』が究極の正解

スポンサーリンク

ランニングの奥義「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」

私のサブスリー養成講座の核心のひとつです。「複数のフォームを使いこなせ」理論とならぶ双璧の核心的理論になります。

走るというのは、ほかのスポーツに比べると単純な運動ですから、ハルトのランニング講座の中には他の人のランニング理論とかぶっているところがあります。それでもそれを書くのは「ヤジロベエ走法」のように同じ理屈でも、私なら他の人よりも上手に伝えることができると思うからです。

しかし、ほかのランニング講座には書いていないこと、ほかの誰も言っていないことにこそ、本当の価値があるのではないでしょうか。

他の誰も言っていないこと。そのうちの一つは「マラソンの極意・複数のフォームを使いまわす」という理論です。

ハルト
ハルト

この理論で私は、ピッチ走法がいいか、ストライド走法がいいか、永遠の議論に決着をつけました。答えは「どっちも使え」です。

ひとつの筋肉に頼らず様々な筋肉を使いこなせというのは「あえてそうしろ」という意味ではありません。おなかの筋肉(腸腰筋)で膝を高く上げて豪速のストライド走法で走れているときに「複数のフォームを使いまわすために、あえてハムストリング主動に切り替えたほうがいい」という意味ではありません。あなたの肉体の腸腰筋が「調子がいいぜ。元気だぜ」と言っているうちはそいつに頼っていいのです。しかし「もうだめ。疲れた」と腸腰筋が言ってきたときには思い切ってふくらはぎの筋肉に頼ったピッチ走法に切り替えたっていいのです。

目標が世界記録更新ならこの時点でレースは終了ですが、目標はたがかサブスリーサブ・エガ)です。疲れにくい大きな筋肉が使えなくなっても悲観することはありません。肉体がその動きを要求するのならばリラックスして肉体という天才にまかせてしまいましょう。あなたよりも、あなたの肉体のほうが、走るということをよく知っています。たぶん他の誰に聞くよりも、コーチよりも、あなたの肉体は走るということに才能があり、臨機応変の才をもった天才ですよ。

スポンサーリンク

腰高フォームがどれだけいいフォームか理屈でわかっていても、腰高にするために力を使わない

たとえばこういうことです。「本番レースで疲れて腰が落ちてきた場合、腰高フォームがどれほどいいフォームか理屈でわかっていても、腰高にするためにわざわざ力を使わない」。

どこかの個所が極端に疲弊して肉体がそのフォームを要求しているために腰が落ちたのだから、肉体の本音の要求に逆らって、教科書どおりのいいフォームに矯正するためあえて腰高にするのはよくありません。

それぐらいなら、その力・意識を別に向けて、別のフォームで走ろう、という理論が「マラソンの極意・複数のフォームを使い回す」です。

往年の名ランナーのランニング理論にあなたの肉体を合わせるのではなく、まずはあなたの肉体に自由にやらせてみましょう。肉体がリラックスして自由になればなるほど、それがあなたの最高の走りであるはずです。先達の理論は後で成功例、失敗例を分析するのに使うだけにします。

「足裏ジェット走法」のようなランニングメソッドは、無理やりそれを行うよりは、天才たる肉体の成功例を確認するときに使ってください。言葉になっているものこそが、事例の確認に使え、再現性を持たせます。理論は決して無駄にはなりません。

スポンサーリンク

心臓ひとつ、あなたは自分の意志で動かせない 。肉体という天才にまかせる

このブログのランニング講座で公開しているのはその「肉体で負けるなら脳味噌で勝つ」部分です。そのようなランニング理論を公開してきた私ですが、あえて言います。

『あなたが一番速く走れる方法はあなたの肉体が一番知っている』

たとえば「腕を振って走るかどうか?」。超一流ランナーでもほとんど腕を振らずに走るランナーがいます。でもコーチは腕を振れと言う。果たしてどちらが正しいランニング理論でしょうか。

そういうときは、あなたの肉体に聞きます。あなたが一番早く走れる方法はあなたの肉体が一番知っているからです。

腕を振ることで調子よく体が動くなら腕を振ればいいのです。逆に腕を振らない方が楽に走れる瞬間には別に腕を振らなくたっていいのです。その時々でフォームは変わって構いません。それが「あなたの肉体に聞け」という意味です。

こういうことは、ずっとコーチが付いて走ってきた陸上部出身のエリートランナーにはなかなか言えないことです。コーチというのは究極のランニングを追求する存在で、おのれの理想フォームを押し付けてきます。腕を振らない方が楽でもコーチは「腕を振れ」と言ってきます。強制されたフォームを長年やっていると、やがて自由に走ることがわからなくなるのです。

自由とは頭を空にすることです。頭をランニング理論でいっぱいにして、肉体を理想のフォームに矯正しようとしてはいけません。

そうではなく、自由に走りましょう

スポンサーリンク

自由に走ろう。肉体に命令するのではなく、リラックスして「まかせる」。肉体を解放しよう

本番レース中に肉体と会話しすぎるのはよくありません。考えすぎることはよくないことです。自分のフォームがランニングの教科書通りになっているかチェックしまくりながら走るのは最悪です。そんなことはどうでもよろしい。肉体を解放してあげましょう。

解放とは自由になることです。

会話はたくさんのことを気づかせてくれるが、肉体とあまり会話しすぎるのはよくない。肉体との会話はたくさんのことを気づかせてくれますが、それは練習・トレーニング中だけにとどめておきます。本番レースで肉体とあまり会話しすぎるのはよくありません。肉体に命令するのではなく、リラックスして「まかせる」のです。

脳味噌でサブスリーの私にしても「天秤走法」とか「動的バランス走法」とかずっと意識して走ったわけではないのです。それはサブスリーの関門を突破するために、肉体がその時々でそういうフォームをとったというだけのことです。それを後から言葉にして解説したにすぎません。

「天秤走法」を脳味噌が意識しているときに、体が「動的バランス走法」をとったからといって、フォームを「天秤走法」に直してはいけません。あなたの最適なフォームを知っているのはあなたの脳味噌ではなく、あなたの肉体なのですから。からだが要求することを素直に聞いてあげましょう。ただし体は「休もう」とも要求しますので、その要求だけは断固しりぞけます。無心で集団に断固ついていきましょう。集団についていくことだけを考えます。牽引車(集団の先頭ランナー)の後ろにぴったり付いて追いかけるだけ。それ以外に走り方はありません。

肉体と意識の不一致に悩むなら、意識の方を消して、無心になります。あなたよりも、あなたの肉体のほうが賢いのです。心臓ひとつ、あなたは自分の意志で動かせないではありませんか。

※「マラソンの極意。複数のフォームを使い回す」はこちらのリンクからどうぞ

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました