東大門ファッション市場

イロハ
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

アンニョン、イロハです。韓国ソウルで美味しいものを食べて、もちろん!ショッピングにもいそしんできました。
前回の食い道楽に続いて、今回は買い道楽です。

スポンサーリンク

深夜の東大門で買い物三昧! 時には自分を甘やかそう!

私達のテリトリーは東大門周辺。食べるにも、泊まるにも、移動するにも、買い物するにも立地がよいところです。シジャン(市場)に食堂(シクサ)、そして安宿。痒いところに手が届く何の心配も入らない場所です。

東大門周辺には、女の子にとってはたまらない沢山のショッピングモールが立ち並んでいます。ミリオレDOOTA MALLDDPファッションモール(旧 U:US)apM

K-POPのアイドルを観ていて、衣装がとても可愛いなぁと思ったことありませんか?
身体のラインや脚を美しく見せるようにデザインされていますし、デコルテも凝った物が多いです。

東大門(トンデムン)あたりの市場では服飾関係の品々を取り扱う店が軒を連ね、様々なデザインの布や素材、ボタンやリボンなどの小物が所狭しと陳列されています。何をどう組み合わせるかはセンスとアイデア次第でしょう。
こういった下地に支えられて、きっとあの衣裳がうまれるんだろうなぁ〜と思いながら私は市場をみています。観て回るだけでも面白いです。

しかし、これらのモールの中には行く前に知っておかなければ買い物できなくなるかもしれない注意点があります。

スポンサーリンク

眠らないファッション市場。営業時間に注意

気を付けなければいけない事は3点。まずは営業時間。DDPとapMは私のお気に入りですが、通常のモールの感覚で行くと閉まっていたりします。( ̄◇ ̄;)ガーン。

私は以前、おみやげは最終日に買う派でした。だって荷物になりますから。しかし東大門ファッションモールでの経験から、本当に欲しいものは「旅の途中」「その場」で購入することにしています。

例えば、apMの営業時間はPM8時〜AM5時です。夜の8時から営業開始ですよ。もう外は真っ暗です。そこから朝の5時まで営業しています。「卸し問屋」だから一般の店舗の営業していない時間にやっているのでしょう。まさに眠らないファッション市場ですね。夜にしか営業していないのです。

つまり最終日にapMで買い物してから日本に帰ろうと思っても、営業していません。買うなら帰国する前日の夜です。ご注意ください。

営業時間は時々変更しているようです。行く前には必ず営業時間をチェックしてください。

スポンサーリンク

仕入れのための卸問屋ゆえに、1点売りはしない場合があります

またDDPやapMは、通常の服飾販売店ではありえないことに、土曜日が休日です。かきいれどきのはずの土曜日に行くと閉まっているのでビックリします。これも「仕入れのための卸問屋」だからこそでしょう。日曜日に帰国する人は金曜日の夜がラストチャンスです。ご注意を。

また、卸問屋ゆえに通常のショップではありえない売り方をしているお店もあります。

一般顧客に売っているのか? 大手バイヤーだけを相手に商売しているため、一般人には売ってくれない場合があります。

また、売ってくれる場合、何点からなのか?

基本的にはバイヤー専門の卸売り店のため、ミニマム2点から。

中には1点でも一般人売りしてくれる場合もあります。私も「本当は2点からなのよ!」と釘を刺されましたが、売ってもらえました。

これらは店舗によって違ってきますから、気に入った物があったらまず交渉してみて!

私が買ったパンツ♡ 33000ウォン(*´∇`*)※10ウォン=1円

でも、試着は出来ませんのでご注意!

スポンサーリンク

一度ホテルに戻って昼寝をしてから出かけるのがおすすめ

眠らない街を歩き回りますから、体調には十分気をつけて無理はしないでください。一度ホテルに戻って昼寝してから出かけたり、疲れたらカフェで休んだりするのもアリですね。

また、脱ぎ着ができる格好がおススメです。
カフェやモールは暖かくなっていますから。真冬に行く場合などは注意してください。

さあ、開店前!(夜8時)店舗の前に多くの人が待っていました。なかなかの盛況ぶりです。ウィンドウショッピングや人間ウォッチングだけでも楽しめます♫

スポンサーリンク

ANTENNA!  買い物袋から流行っている店を知る

私は街を歩いている時、他人の買い物袋を注意深く見ます。知らない店のロゴをみつけ、その袋を持っている人が多かったりすると何となく流行っているのかな? と感じるからです。
U:USも前回ソウルに来た時にそうやって見つけました。どこの国でもキョロキョロ(笑)。
美味しいお店を見つけるのと一緒です。たくさん人が並んでいる処は美味しいに違いない!と。

今回も出会いました! それはTEAM204です。
この204の袋を持った人を多く見かけたので、入ってみることに
一見、古めかしいビル。地下は靴屋さんでした。私はちょうど靴を探していたのです。
見つけました!一足25,000ウォン(2,500円)。デザインも素材も色も様々あって、試し履きもできました。靴は試着重要です!

「サゲへジュセヨ〜」攻撃をしましたが、「all same price!」とあっさり(涙)。

最近、韓国は定価の国になりつつあります。以前はもっとアジアっぽかったのになあ~。

※基本的にアジアの市場には値札なんてありません。値段なんてあってないようなものです。「どれだけ欲しいのか」「どれだけ売りたいのか」その需給バランスで値段は決まります。買い物はバトルなのです。

スポンサーリンク

いつの間にか笑顔になっている。だから旅はやめられない!

ソウル東大門周辺の深夜まで空いてるモール、または深夜から営業するという概念、エネルギーはどこから来るのでしょうか?
バイヤー向けとはいえ素晴らしい。なんだかこちらまで元気になる
また、洋服屋の奥でビビンバや辛ラーメンを食べながら接客してらっしゃる根性( ̄∇ ̄)!
まだここらへんはアジアっぽいなぁ〜と笑える。
日本ではなかなかお目にかかれない光景なので新鮮だしね。

そのくらいアバウトな懐の深い感じがいいのかもしれない。
日本は余りに潔癖、繊細になり過ぎて生きにくく、息苦しくなっていないですか?
ココロを病んでしまう人が多くないですか?

アソビココロも心の余裕です♡
時には十分自分を甘やかすことも必要よね!
出来ない自分を叱ってばかりじゃ可哀想です。

私もこうして旅に出たり、いつもと違う体験をしたりしてリフレッシュします!
いつの間にか元気な自分が戻ってきて、いつの間にか笑顔に(๑˃̵ᴗ˂̵) なっているのがわかります。だから、旅はやめられない!

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
イロハ
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました