走るのは速いのに、歩くのは遅い謎。歩行術。旅するとは歩くこと

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

このページでは、走るのは速いのに歩くのは遅いという謎について迫ることで、走ることと歩くことの違いについて考察しています。

ランニングでフォアフット着地で速くなった人が、ウォーキングが遅くなるのはそのフォアフット着地が原因です。

ヒールストライク着地に戻しましょう。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。「豪脚自慢に工夫で走り勝つことができるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

走るのは速いのに、歩くのは遅いという「謎」

遅いよ~。はやく! ハルト」

と、ソウルの街角でイロハが振り返っていった。言葉が刺さる。

「しょうがないだろ! 見るもの見るものいちいち思い出が走馬灯のようによみがえってくるんだから」

おれはなんとかごまかそうとする。それは嘘ではなかった。景徳宮を見ても、李舜臣将軍の銅像を見上げても、ナムサンタワーを見ても、いちいち幼い頃の思い出がよみがえってくるのだ。ただの場所ではない。ここはソウル。第二の故郷なのだ。

「走馬灯って死ぬ直前なの? 歩くの遅スギィ~! あんまり遅いと疲れちゃう」

イロハはおれと違ってソウルの街に何の感慨もない。ただの旅行先だ。スタスタと歩いていく。

おれは何でもないものに気持ちが引き寄せられて思い出がフラッシュバックしたりするのだ。いちいち物思いにふけっていたら、歩くのが遅くなって当然だ。ソウルは素通りできない。

しかし本当は知っている。

歩くのが遅いのは第二の故郷を歩いているからだけではない。言葉が刺さったのは、普段から気にしていたことをいわれたからである。

「おれってもしかして歩くの、遅い?」

確かに歩いているとちょくちょく人に抜かされるのだ。

日本でも歩いていると人に抜かされる。

走っていて抜かされることなど、ほとんどないのに。

【本番練習法】オオカミ・ランニングのすすめ
オオカミランニングとは、のんびりとジョギングをしていた時、他のランナーに抜かれたら、突如オオカミのように豹変し(?)、抜いたランナーに食い下がり最後は仕留めるという練習法です。単独走のみで刺激のすくない地方在住ランナーが、レースの感覚で練習ができるというとっておきの方法です。
【スピード持久力の強化】ラビット走。ママチャリを追い抜け
ウサギを追いかけるキツネのように、肉食動物が獲物を仕留めるという感覚で、先行するママチャリを追いかけて、追いついて、仕留める。スピード練習というと「キツイ」「辛い練習」と敬遠されがちであるが、この行為はいわば遊びだ。スピードプレイ。競争することを楽しむのである

「歩くのが遅い」。自分でもそのことに気づいていたからこそ、イロハの言葉を無視できなかったのである。

「ハルトのペースに合わせて歩くと疲れちゃう。サクサクとリズムよく歩かないと却って疲れるのよ。自分のペースってあるじゃない」

たしかにペースを落として走ると疲れる。まるでマラソンランナーのようなことをイロハはいう。

歩くのも走るのと同じか。

走ったら自転車を追い抜いちゃうほど速いのに、なんでそんなに歩くの遅いの?」

サブスリーランナーはスピードランナーである。

止まっていたらとても維持できないような動的バランスを維持しながら飛ぶように前に進む。

なんで速く走れるのか、と聞かれたら、いくらでも答えることができるが、なんで歩くの遅いの? といわれても答えられない。

しかし……やっぱり、おれ、歩くの、遅いのか。

あらためて他人に指摘されると、ショックな出来事であった。

スポンサーリンク

サブスリーランナーは歩いても速いのか?

走るのが速いおれが、どうして歩くのは遅いのか?

実際、走れば、その辺にいる人たちの誰よりも速いのだ。

なのにどうして歩くのだけが遅いのか?

謎である。

旅をするのに健康は欠かせないが、特に大事なのは足腰である。さすらいの旅とは歩くことだ。

実際、旅の間はほとんど歩いている。歩行術は旅人の無視できない技術だ。

放浪の旅人に歩くことが嫌いな人はいないのではないだろうか。歩くことが旅することだ。

それなのにその歩くことで人より劣るとなると、さすらいの旅人としては、ちょっと……自信喪失してしまう。

この謎を解いてやろうとおれは思った。

いわばサブスリー養成講座のテクニックを応用してウォーキングを解析しようという試みである。

ランニングもウォーキングも、スピードの公式は変わらないはずだ。

二足歩行のスピードというのは、ストライド×ピッチの掛け算である。単純なのだ。

おれは自分の歩きのリズム(ピッチ)をイロハや他の人と比べてみた。

ピッチはそれほど人と変わらない。

それなのにオレの歩くスピードが遅いとすれば、ストライドに原因がある。

そこまで分析して、自分がどうして歩くのが遅いのか、理由が分かった。

自分のこれまでの快走ランニングが、あるいは登山家としてのキャリアが、歩くのが遅い原因だったのである。

サブスリーランナーは歩いても速いのか? その答えはノーである。サブスリーランナーは歩くのが遅い。

答えは靴底と地面の接地にあった。

スポンサーリンク

登山の着地も前足部(フォアフット)もしくはミッドフット着地(フラット着地)

たとえば山登りをする時、登山靴の踵から着地をする人は上級登山者とはいえない。

実験してみよう。階段でもいい。

階段を登るとき、ひとつ高いステップにはつま先から着地するはずだ。踵から着地はしないだろう。

下山する時も、ガツン、ガツンと踵から着地する人は初心者である。上級者はつま先から着地して膝への衝撃を吸収している。

もしくはフラット着地(ミッドフット着地)である。足裏全体で地面にスタンプを押すように着地する着地法である。

木の根でも石でも山の道は濡れていると滑りやすい。しかしつま先着地をすれば、万が一、滑っても踵をスパイクのように打ち込んでこらえることができる。

これが踵着地だとすってんころりと転倒するしかない。

スポンサーリンク

踵落としを効果的に決める・走法

前足部フォアフット着地。これが速く走るためのキーワードでもある。

畑を耕すとき、鍬を振り下ろしてたくさん土を掘り返すには、どうしたらいいか考えてみよう。

答えは簡単だ。高く振り上げスピードをつけて掻き戻せばいいのである。

クワでたくさん地面を掘り返すのと同じ方法論で、速く走ることができる。

速く走るためには、前に振り上げた脚をスピードをつけて掻き戻して、勢いをつけて着地すればいいのである。これをおれは『踵落としを効果的に決める走法』と呼んでいる。

空手の「踵落とし」というキックはスピードゼロの上死点では破壊力がない。スピードこそがパワーなのだ。そのパワーを大地に加えて宙に浮く。それがランニングである。

「踵落としを効果的に決める走法」。いい命名だと思っているのだが、ひとつだけ気になるところがある。

それは実際には踵着地ではない、というところだ。

空手の「踵落とし」は踵で打撃するが、「踵落としを効果的に決める走法」は踵から着地しない。

着地するのは前足部フォアフットである。

これがサブスリーランナーの靴底だ

だからサブスリーランナーの靴底は前足部がズタボロになる。フォアフットの外側が最初にダメになるのである。

上級ランナーは自分の走りを靴底でチェックする。

フォアフット外側がボロボロになった靴底を見てほくそ笑む。

いい走りができたことの証明でもあるのだ。

靴底の前半分がボロボロになったシューズは、アスリートのプライドでもあるのだ

スポンサーリンク

ヒールストライク・ウォーキング

登山家としても、サブスリーランナーとしても、常にフォアフット着地をしてきたおれは、歩くときも当然フォアフット着地をしていた。

それが俺が歩くのが遅い原因だった。

フォアフット着地こそ膝への衝撃を緩和するということであり、効率的に前に移動するということであったのだ。

だから歩くときもフォアフット着地だったのだが、これが決定的におれのウォーキングのストライドを短くしていた。そのために歩くのが遅かったのである。

ためしに膝を伸ばして踵から着地したらストライドが伸びて、周囲の人と変わらないスピードで歩くことができた。

「踵落としを効果的に決める走法」でフォアフット着地をするのは、戻ってくる足にスピードをつけて大地を蹴って空を飛ぶためである。

宙に浮いてこそストライドが伸びるのである。走るとは飛ぶことだ。

しかしウォーキングは宙に浮かない。

宙に浮かないのにフォアフット着地するのは、ただストライドを狭めるだけである。

むしろ膝を緩めて伸ばし、踵から着地してストライドを伸ばした方がいい。

やはりウォーキングとランニングは似て非なるもの、なのである。

そもそも初心者のランナーが踵着地(ヒールストライク)なのは、身体に慣れ親しんで染みついたウォーキングの踵着地がまだ抜けきらないせいなのかもしれない。

それが走り込むことによって、前足部着地(フォアフット走法)を覚えて速く走れるようになる。

ところがそのせいで歩くのが遅くなる……。

なんて矛盾だろう。

速く歩くためには、再び初心者ランナーのように踵着地に戻さなくてはならないのだ。

しかしスピードのためにはやむをえない。

歩くときはフォアフットは捨てて、踵着地を意識しよう。

これをヒールストライクウォーキングと命名する。

あるいは『踵落としを効果的に決めるウォーキング』とでも命名しようか。

さてアスリート癖がついたフォアフット着地。元に戻せるのか?

大地から生まれた巨人アンタイオスは、大地に足が着いている限り力を大地から得て、どんなに弱っても大地に足を着けるとすぐに力を回復したという。

宙に浮かないウォーキングであるが、大地に足が着いている限り、前に進むことができるのだ。

スポンサーリンク

旅するとは歩くこと。歩くことが旅すること。生きるとは歩くこと

いつかある日、歩けなくなる日が来たら、この旅も終わりだ。歩行術も奥が深い。

旅するとは歩くことだとすれば、生きるとは歩くことなのかもしれない。

歩くことに、無関心ではいられない。

デューク更家ウォーキング体験記。「ひとりでやるには恥ずかしい」からインスタクターが必要
デューク更家ウォーキングは大勢の人が集まってみんなでやるものだと思います。阿波踊りを一人で深夜にやってごらんなさい。変質者と間違えられますから。みんなで歩きたい。一人でやるのは恥ずかしすぎるから。そのリズムをとるためにもインストラクターが必要なのです。
ノルディックウォーキング。たくさん歩いた方が人生楽しいに決まっている
なぜ私は走るのは速いのに歩くのは遅いのか? そんな素朴な疑問から私のウォーキングの旅は始まった。 ここではノルディックウォーキングについて述べています。 【この記事を書いている人】 瞑想ランニング(地...

※このコラムの姉妹記事『サブスリーランナーはロードバイクに乗っても速いのか?』はこちらからご参照ください。当サイト最高のPVを誇るコラムはこちらからどうぞ。

厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『脳ミソで脚力自慢に走り勝つ方法』については、プロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました