歩行術。ヒールストライクウォーキングのテクニック

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

このページでは市民ランナーのグランドスラムの達成者&放浪の旅人である私ハルトが「走るのは速いのに歩くのは遅い」謎について迫っています。

走ることと歩くことの違いを通じて「歩行術」(ヒールストライクウォーキング)について解説しているページです。

スポンサーリンク

走るのは速いのに、歩くのは遅いという「謎」

遅いよ~。はやく! ハルト」と、妻イロハが振り返っていいます。

「歩くの遅スギィ~! あんまり歩くのが遅いとこっちが疲れちゃう」イロハはスタスタと歩いていきます。こっちは頑張って歩かないと、妻の横を歩くことができません。

あれ? おかしいな、とわたしは思います。

「おれってもしかして歩くの遅い?」

確かに都心などを歩いていると、ちょくちょく人に抜かされます。町中をランニングしていて抜かされることなど、ほとんどないのに。

【本番練習法】オオカミ・ランニングのすすめ
オオカミランニングとは、のんびりとジョギングをしていた時、他のランナーに抜かれたら、突如オオカミのように豹変し(?)、抜いたランナーに食い下がり最後は仕留めるという練習法です。単独走のみで刺激のすくない地方在住ランナーが、レースの感覚で練習ができるというとっておきの方法です。

「人のペースにあわせて歩くと疲れちゃう。サクサクとリズムよく自分のペースで歩かないと却って疲れるよ」

まるでマラソンランナーのようなことをイロハは言います。

「走ったら自転車を追い抜いちゃうほど速いのに、なんでそんなに歩くの遅いのよ?」

いや、はっきりいって自分でもわかりません。歩くのが遅い自分に正直戸惑っています。

【スピード持久力の強化】ラビット走。ママチャリを追い抜け
チーターが陸上最速で走るときは獲物を追いかける時です。移動する時ではありません。スピードは外的要因に触発されて湧いて出るものです。身体内部ばかり見つめていても、そこからスピードは湧いてきません。速く走る方法が知りたければ、速く走ってみればいい。そのときあなたの身体がおのずとそれを教えてくれます。必死で走れば上体は起きて膝は上がり勝手にストライドは伸びていることでしょう。
スポンサーリンク

サブスリーランナーは歩いても速いのか?

わたしは頭脳派のシリアス市民ランナーです。ランニング雑誌で執筆をしていたこともあります。「どうすれば速く走れるのか」についてはいくらでも喋ることができます。しかしどうして自分が歩くのが遅いのか、急にそれを説明することができませんでした。

やっぱりオレ歩くの遅いのか……。

人よりも「遅い」という経験があまりないだけに、あらためて他人に指摘されると、歩くのが遅いというのはわたしにとってショックな出来事でした。

いや何で? 速く歩きたい。

ランニングテクニックを応用して、速く歩くことができるようにならないものでしょうか。

スポンサーリンク

さすらいの旅とは歩くこと。歩くことが旅すること

歩くことにわたしがこだわるのには理由があります。

わたしは放浪の旅人です。わたしたち夫婦の趣味は海外放浪の旅です。旅行ではなく、なぜ放浪といっているかというと、宿なし予定なしで航空券だけ予約して行き当たりばったりで旅行しているからです。いうまでもなく貧乏旅行です。

世界遺産や観光地をバスで回るような豪華な旅をしている人から、放浪の貧乏旅行でいったい何をしているのか、人に聞かれることがあります。

答えは「歩いています」。

安宿を探して、市場で掘り出し物をからかいながら、ひたすら歩き回っています。知らない国の知らない場所を逍遥しているのです。わたしたちにとって海外旅行は観光バスに乗ることではありません。歩くことです。さすらいの旅とは歩くことです。歩くことが旅することです。

さすらいの旅人にとって大切なのは足腰です。実際、旅の間はほとんど歩いています。歩けなくなったら旅も終わりかな、と思います。

歩行術は旅人の無視できない技術なのです。

スポンサーリンク

スピード=ストライド×ピッチ

さすらいの旅人としてわたしは歩行術に関しては無関心ではいられません。歩くことは旅人にとってもっとも基本的な技術です。ぜひ身につけたいスキルなのです。

わたしは自分の『サブスリー養成講座』のテクニックをつかってウォーキングを解析しようと思いました。

書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』まえがき
ヘルメスの靴のように、神さまからもらった宙に浮くための装置が、あなたの足には備わっているのです。これからその使い方を教えます……といわれたら、本当に宙に浮くのか、走り出して試してみたいとは思いませんか? これらの表現は、入力ワードです。脳ミソから筋肉への指令が、生き生きとした表現によって活性化して伝わり、速く走ることができるようになります。

歩行術を研究することは、走ることを研究することと同じだ、という確信がありました。どうして歩くのが遅いのかを追求するのは、どうして走るのが遅いのか追求することと同じはずです。

ランニングもウォーキングも、スピードの公式は変わりません。

歩くスピード(走るスピード)=ストライド×ピッチ

二足歩行のスピードというのは、ストライド×ピッチの掛け算です。他の公式はありえません。単純なものです。

もし歩くの遅いとすれば、ストライドが小さいか、ピッチが遅いかのどちらかです。それ以外にはありえません。

わたしは自分の歩きのリズム(ピッチ)をイロハや他の人と比べてみました。するとピッチはそれほど他の人と変わりません。それなのにわたしの歩くスピードが遅いとすれば、ストライドに原因があるということになります。

どうしてわたしはストライドが小さいのか? そこまで分析して、自分がどうして歩くのが遅いのか、理由が分かりました。

自分のこれまでの快速ランニングのスキルが、逆に歩くのが遅い原因になってしまっていたのです。

サブスリーランナーは歩いても速いのか? 答えはノーです。なかには私のように走るのは速いのに歩くのは遅いという人がいるはずです。

どうして走るのが速い人が歩くと遅いのか? それをこれから解説します。

スポンサーリンク

ランニングとは、宙に浮いて前に進む運動

このページはウォーキングに関するページですが、対比のために先にランニング技術について解説します。

ランニングのストライドは宙に浮いて稼ぎます。もっと具体的に言うと股を開いて距離を稼ぐのではなく、空中に浮遊して飛んで距離を稼ぎます。

単純にストライドを稼ぎたいならば振り出した前足を極限まで遠く伸ばせばいいはずです。しかしこのストライドの伸ばし方だと「やってはいけないフォーム・スクワット走法」になってしまいます。

股を開く走り方は「宙に浮いて移動する距離」が計算に入っていません。だから最良の方法ではないのです。

前足を極限まで遠く伸ばした状態では運動エネルギーがゼロ(上死点)になるために、地面に伝える破壊力(反力)がゼロになり、宙に浮きあがることができないのです。地面に伝える破壊力(反力)を得るためには、振り上げた足を掻き戻してスピード破壊力のある状態で接地する必要があります。このことをわたしは「踵落としを効果的に決める走法」で説明しました。空手の「踵落とし」というキックはスピードゼロの上死点では破壊力がありません。スピードこそがパワーなのです。そのパワーを大地に加えて宙に浮くのがランニングです。

 

 

宙に浮いてストライドを稼ぐために、ランナーは前に振り上げた足を掻き戻します。そのために一見ストライドが小さくなりますが、その分、宙に浮いて移動するために、トータルのストライドは伸びるのです。

これがサブスリーランナーの靴底だ

足を掻き戻して運動エネルギーを地面に伝えるために、スピードランナーは前足部から着地します。

だからスピードランナーの靴底は前足部がズタボロになります。前足部の小指側のソールからダメになっていくのがスピードランナーのランニングシューズです。

スポンサーリンク

ウォーキングはそもそも宙に浮かない運動

ところがウォーキングというのはランニングと違い、そもそも宙に浮きあがる運動ではありません。

究極のウォーキングといえる競歩では、両足が宙に浮いた瞬間があったらアウトで、いずれかの足が地面に付いている必要があるというルールです。

宙に浮かない以上、斜め前方に向かう地面からの反力は必要ありません。カカト落としを効果的に決めるように、運動エネルギーを靴裏にあたえる必要はないのです。

宙に浮かび上がらない以上、前足を掻き戻してくることは、ただ単にストライドを小さくする効果しかありません。

スポンサーリンク

ウォーキングとランニングとの違い

ところがわたしは長年スピードランナーとして走り続けてきたので、歩くときも当然のように前足部から着地をしていました。前足部から着地することは、着地のダメージを軽減する効果もあるので、それが癖になっていたのです。

それがわたしが歩くのが遅い原因でした。宙に浮いて前に進まないウォーキングでは、前足部着地はただストライドを縮める効果しかありませんでした。そのために人よりも歩くのが遅かったのです。

ためしに膝を伸ばして踵から着地したらストライドが伸びて、周囲の人と変わらないスピードで歩くことができました。

やはりウォーキングとランニングは似て非なるものなのです。

そもそも初心者のランナーが踵着地ヒールストライク走法)なのは、身体に慣れ親しんで染みついたウォーキングの踵着地がまだ抜けきらないせいなのかもしれません。それを前足部着地(フォアフット走法)に矯正してやっと速く走れるようになったのです。ところがそのせいで歩くのが遅くなっていたとは……。

スポンサーリンク

【歩行術】ヒールストライク・ウォーキング

サブスリーランナーがひとなみのスピードで歩くためには、再び初心者ランナーのように踵着地に戻さなくてはなりません。そうしなければストライドが小さい分、同じピッチの女性の隣を歩くことさえできません。

大きなストライドでウォーキングするためには、踵から着地して靴裏をコロンと転がすようにつかって母指球のほうから靴を宙に浮かせる必要があります。下半身をホイールのように回転させて進むのがウォーキングです。

ウォーキングシューズというものは踵からすり減っていきます。ランニングシューズのように前足部から削れるようなことはありません。

マンガの表現に学ぶ実走。下半身をクルクル回転させるイメージで走ってみよう
ランニングというのは歯車がかみ合って回る機械のようなものです。ひとつひとつのテクニックは、単体で独立したものではなく、次の動作へと回転的に繋がっていくものなのです。それを表現したマンガの表現「足をクルクルと回転させる」は、非常によくできた表現だと言わざるを得ないのです。

歩くときは、踵着地を意識しましょう。これをヒールストライク・ウォーキングと命名します

スポンサーリンク

もはや走れなくても、歩くことはできる

大地から生まれた巨人アンタイオスは、大地に足が着いている限り力を大地から得て、どんなに弱っても大地に足を着けるとすぐに力を回復したといいます。

わたしのようなシリアスランナーが歩くとき、いつもこのギリシアの巨人のエピソードを思い出します。

100km近く走り続けてもはや走ることができなくなっても歩くことはできます。

もう宙に浮くことはできませんが、大地に足がついている限り、歩き続けることはできるのです。

スポンサーリンク

生きるとは歩くこと

いつかある日、歩けなくなる日が来たら、この人生の旅も終わりだと思っています。

旅するとは歩くことだとすれば、生きるとは歩くことなのかもしれません。

生きている限り歩くことに、無関心ではいられません。

デューク更家ウォーキング体験記(イオンモールウォーキング)
デューク更家ウォーキングを深夜に一人ではできません。あれを一人でやるのは恥ずかしすぎます。集団でやるお祭り、祝祭。お祭りのリズムをとるためにもインストラクターが必要なのです。それを公認インストラクターが担っているのです。それがウォーキングをマネタイズできたデューク氏の秘密です。
ノルディックウォーキングのインストラクターで生計が立てられるか(実践編)
わたしたち人間はときどき原初の生き物だった頃の名残が発動するときがないでしょうか。四足歩行もかつて人間が四つ足だったころの遺伝子の記憶がそれを「快」としているのかもしれません。ノルディックウォーキングをすると、かつて両手もつかって歩いていたときに使っていた脳の部位がよろこんでいるのがわかります。

※このコラムの姉妹記事『サブスリーランナーはロードバイクに乗っても速いのか?』はこちらからご参照ください。当サイト最高のPVを誇るコラムはこちらからどうぞ。

厚さは速さだ。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブルクリストファー・マクドゥーガル著『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の大逆襲劇を描いています。
雨の日にも走る。シャワーランニングのすすめ
オフィスワークしている濡れない日々からすると、雨に濡れて走るだけでも非日常になります。考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 真冬以外、はじめから濡れてもいいような格好で走っています。

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『脳ミソで脚力自慢に走り勝つ方法』については、プロフィールページをご確認ください。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
お探しのものはありませんか
マラソン・ランニング
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました