世界旅行。ハワイ編

イロハ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界旅行者の今さらハワイ

さぁ、やってきました。

初Hawaii(//∇//)

いつか行けるだろうと今日になった(笑)。

世界中のいろんな場所を旅しているので、海外旅行好きという人から声を掛けられることが多い。

でもハワイ好きという人が多くて、話しが噛み合わなかったのだ。

でもそれも今回で終わりだ!!

日本人って本当にハワイ好きが多いよね~

本当にそんなにいいところなのかな~?

スポンサーリンク

ハワイ島

日本からの飛行機はオアフ島に到着するけれど、そのままハワイ島に向かった。

ワイキキはハワイ島から戻ってからのお楽しみ。

まずはハワイ島のキラウエア火山

この火口は夜になると溶岩を煙に映すからか真っ赤に見えるんです!

大地が生きているなあと感じます。

噴火がハワイの島々をつくったのです。

噴火してできた島がプレートごと大陸移動して、また噴火して島ができて移動して。。。とベルトコンベアのようにハワイ諸島が誕生したのです。

列島というのはみんなそうやってできたのかな??

火山の女神ペレさま。もっとジャンジャン島をつくってください。

そしてできれば日本の方向に流れてきてください(笑)。

夜は星を眺めました。

空気がきれいで山が高いから、天文台があるほど星が見られる場所なのです。

食事はメキシカン料理。とっても美味しいのだが…too big!

予約なしの飛び込みで入ったホテルが最高でした。

森の中のコテージ風で、朝から鳥の鳴き声で目覚めます。

朝食はフリー。バードホテルと私は命名しました。

これまで泊まった世界中のホテルの中でも、もう一度泊まりたい忘れられないホテルのひとつです。

スポンサーリンク

オアフ島。

ハワイアン航空でオアフ島に戻ります。

ダイヤモンドヘッドに登りますが、息を切らせて登れません。

ダイヤモンドヘッド232mに登れなかった女のキナバル山4095m登山挑戦。第1章「入山規制」
富士山よりも高い山に登ったことがあるでしょうか? 私はあります。 スイスのブライトホルン4164mでは、山頂は真っ白で、山頂まで続く氷河の上を南アフリカ人とザイルで体を結んで登頂しました。 台湾のニイタカヤマ(玉山)3952mで...
ダイヤモンドヘッド232mに登れなかった女のキナバル山4095m登山挑戦。第2章「アプローチ」
バックパッカーが登山しても、普段と同じ格好 1月1日の初日の出をキナバル山上で拝むことは入山規制(山小屋の収容人数オーバー)のために無理であったが、その数日後は現地旅行会社に飛び込みで申し込んでも大丈夫だった。 現地ツアーの内容はコ...
ダイヤモンドヘッド232mに登れなかった女のキナバル山4095m登山挑戦。第3章「北岳よりも高い山小屋」
北岳や穂高よりも高い山小屋 キナバル山を朝9時に登り始めた。 途中、避難小屋のベンチで休憩しながらゆっくりと登り、午後3時30分には今夜の宿泊場所ラバンラタ・レストハウスに到着することができた。標高3273m。 ダイヤモンドヘ...
ダイヤモンドヘッド232mに登れなかった女のキナバル山4095m登山挑戦。第4章「登頂成功」
2時30分登頂開始 ここは日本第二位の高峰、北岳よりもさらに高いところにあるキナバル山のラバンラタ・レストハウス(標高3273m)である。 悪夢を見て自殺を考えた夜、イロハの無邪気さに救われた。ラバンラタ山小屋にあった壁一面の人生賛...
ダイヤモンドヘッド232mに登れなかった女のキナバル山4095m登山挑戦。第5章「熱帯雨林の森」
熱帯雨林「tropical rain forest」を経験する キナバル山登頂成功後、ラバンラタ・レストハウスにピストン登山で戻った私たちは、それから朝食をとった。 ピークハント前にとったのは行動食(夜食)であり、朝食は一般ホテルと...

この時わたしはハシモト病という難病にかかっていたのでした。

疲れ切った渇いたのどを癒してくれるのは、レインボーカラーのシェイブアイス!

お気に入りはパイナップルかなぁ。

スポンサーリンク

パールハーバー

戦艦アリゾナとミズーリを見てきた。

パールハーバーで始まってヒロシマ・ナガサキで終わった戦争。

沈んだアリゾナからは76年前の燃料油がずっと流れ出ていて、

水面にブクブクっと浮かんでくる。当時の空気と一緒になって。

永遠の0
自分だけが生きのびればいいというものではない。 そう考えざるを得なかったということだろう。人として生きるということは。

戦勝国と敗戦国ではあるけれど、大切な人を亡くした悲しい想いに違いはないのだ。

スポンサーリンク

天国の海ラニカイ

サーファーの聖地ノースショアから

天国のようなカイルアビーチへ。美しい海とサラサラの砂浜。そして天国の海ラニカイ。

観光客だらけのWaikikiとは大違い(;^_^

ううう。ここに住みたい!!

ラニカイは「世界の果て」の楽園のような場所でした。

いつか再びこの海に戻ってこれますように

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
イロハ
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました