ヨガ教室が女性限定なのは羞恥心よりもチンポジの問題

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんにちは。市民ランナーのサンダルマン・ハルトと申します。

このページでは、腰痛に悩み、本気の腰痛対策としてヨガを取り入れた私が感じたことについて書いています。

ヨガ教室って女性専用のものが多いと思いませんか?

男性にもヨガは効果があるのに、どうして女性専用なのでしょうか。

ヨガを実践してみて、その理由がすぐにわかりました。

チンポジの問題です。

ヨガは男性の場合、とても人前でできるものではないということがわかったのです。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

ストレッチをすると走るのが遅くなる理論

走ればサブスリーを連発していた頃は、ストレッチなんかしませんでした。

書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』まえがき
アスリートたちは「走っていない人を新たに走らせる」チカラをもっています。言葉の力で「走っていなかった人を走らせる」ことはできないものでしょうか? 走る魂が、禅の悟りの境地に近づくことが、本当の意味で生きることだと信じています。

どちらかといえば固い筋肉をしていたと思います。

しかし柔らかい筋肉は弛緩した筋肉であり、弛緩した筋肉は実はパワーを出せないのです。

本当にパワーを出せるのはちょっと固めの筋肉なのです。

最近ではストレッチに対する考え方も変わって、とくにレース前にはストレッチをしない方がいいというデータもあります。

ひらたくいえば、ストレッチをすると走るのが遅くなる、ということです。

伸びきったゴムがパワーを発揮できないのと同じです。

筋肉というゴムは弾力があった方が伸縮パワーを発揮できるものなのです。

スポンサーリンク

男性だってヨガりたい! ヨガ教室の男女差別問題

私も老いました。「走ればサブスリー」の現役時代を終えることにしたのです。

引退
肉体だけではない。魂にも老いや衰えがある。市民レベルでは「老衰」を「練習量」で誤魔化せてしまうが、ピークというのは必ずある。誰にでも引退する時が来る。

現役時代を終えて「バーチャルランニング地球一周走り旅」のようなことをやりはじめると、筋肉(心)に余裕が出てきます。

地球一周走り旅。イントロダクション。仮想地球一周プロジェクトを開始します
比叡山に千日回峰行という荒行がある。修行僧が草鞋履きで山中をひたすら歩く巡拝である。1日84kmを歩く「京都大回り」を100日行うなど、7年かけて4万キロを歩く超荒行である。とても常人になしえることではない。途中で行を続けられなくなったら自...

長年の不摂生もたたって体がガチガチに固くなったので、ちょっとストレッチを取り入れようかと思っていました。ロードバイクとランニングのバイアスロンがきいたのか、腰痛持ちになってしまったのです。

本気で腰痛対策をしたいと考えていたのです。

私は腰痛対策としてヨガをやってみようかと思いました。

私はインドで本場のヨガを体験したことがあります。

私はなるべく夫婦共通の趣味、共同作業をもちたいと考えています。

さいわいにしてパートナーのイロハがご近所のヨガ教室に通っていたので、それに一緒に通おうかと思いました。

ヨガならば元体操部の妻の方がずっと身体は柔らかいはずです。どっちかというとバカにされながら夫婦で共同作業できると思いました。

「これはいい!」と思ったのですが、うまくいきませんでした。

妻の通うヨガ教室は、女性専用(男子禁制)だったからです。

いまどき男子禁制って大奥か?

個人スタジオでやっているのならともかく、市営体育館の一室をつかって開講している講座なのである。

おおやけの施設をつかって男子禁制だなんて、そんな性別による規制・差別が許されてもいいのだろうか?

富士山や比叡山のように昔は女人禁制だった信仰の山も、今は女子禁制だなんて差別は許されていない。

相撲の土俵だって男しか上がれないと問題になっている。

神事ですら性差別が許されない時代に、役所の体育館をつかった講座が女性限定なんて許されていいものだろうか。

差別だー! アナクロだー!

男性だってヨガりたいんだ!!!

スポンサーリンク

ヨガは呼吸が大切。イントラに指導してもらったほうがいい

ヨガ教室でパートナーと一緒に体を柔軟にして、アスリートでもこんなに体が固いのかとバカにされながらコミュニケートする私のプランは、男女差別の壁によってむなしく消えてしまいました。

そういえばインドでヨガを教わった時も、講師はサリーを着た女性インド人でした。

サドゥ苦行の一環としてヨガをしているイメージがあるのですが、時代が変わったのでしょうか?

しかし腰痛は続いているし、夫婦共通の趣味として一緒にはできなくても、単独でもヨガをやろうと思いました。

しかし陸上系アスリートが自分なりに体を伸ばすだけとただのストレッチになってしまいます。

どうしても講師が必要でした。

しかし今ではオンラインヨガというものがあります。

ノートパソコンの画面を見ながら、講師と同じ動きを真似すればいいわけです。

AmazonFireTVStickがあれば、テレビの大画面モニターでヨガすることができます。

ヨガは呼吸が大事で、動きに合わせて吸ったり吐いたりします。

本のような静的メディアからだと、動きにあわせた呼吸といったものが学べません。

やはりイントラと一緒にヨガはやったほうがいいのです。

スポンサーリンク

ヨガ教室が女性限定なのは、女性の羞恥心が原因か?

オンラインヨガのインストラクターはやはり女性でした。なんでヨガは女性ばっかりなんでしょうね?

はじめてみてわかったのですが、ヨガではけっこう大胆なポースをとります。

大股をガバッと開くポーズなどはザラです。

はじめはヨガ教室が女性限定なのは、女性の羞恥心が原因なのかと思いました。

もしも教室の中に男性がいると、男性の視線が気になってお尻を大胆に突き出したりするポースなどを恥ずかしいと感じてしまう女性がいるかもしれません。

男性側も目のやり場に困ります。腋とか股間とか全開丸出しポーズをしますから。

体のラインが見える服装でヨガをする女性も多いようです。

ビーチでは体のラインを隠すのがはやりなのに、どうしてヨガだと体のラインを出すのでしょうか?

そんなことを考えながら、女性インストラクターの指導のもと、オンラインヨガをつづけていたところ……

うっ!! これは!! むむむ!!

どうやらヨガ教室が女性限定なのはこれが原因か……と思うような場面にたびたび出会いました。

自分でやってみて、ヨガ教室が女性限定である本当の理由がやっとわかったのです。

スポンサーリンク

男性ヨガの問題は、アソコが挟まること。ポジション(チンポジ)を直さないと続けられない

問題はチンポジです。

チンポジというのは、アソコのポジションのことです。わかりますよね?

ヨガ・レッスンでは脚を交差したりする動作がけっこう頻繁にあります。

そのたびにアソコ(股間の長ドスの凶器w)が太ももに挟まれてしまうのです。

手でチンポジを直さないことには、ヨガを続けられません。

これはとても人前ではできないな、と思いました。

おそらくヨガ教室が女性限定なのは、これが決定的な理由ではないかと思います。

男女差別ではありません。どちらかといえば更衣室が男女別々であることに近いと思います。

脚を交差するたびに、男性がオマタのイチモツのポジションをもぞもぞと直していたら、女性はうんざりしてしまうことでしょう。

だから女性限定なのです。

インストラクターが女性ばかりなのも、これが原因か、と自分がやってみてやっとわかったのです。

男性インストラクターがほとんどいないのは、ポーズのたびにあそこのポジションを直さなければいけないことが原因です。

いわば職業としてハンディキャップがあるということです。

チンポジを直す動作は見栄えのいいものでは決してないので、人前でやってみせることが前提のヨガのインストラクターに男性イントラが極端に少ないのは、それが原因でしょう。

スポンサーリンク

オンラインヨガ・オルル(Olulu)で夫婦一緒のヨガ習慣

やってみないとわからないことが世の中にはたくさんありますよね。

市営体育館でのヨガ教室女性限定問題は、男女差別問題ではなく、チンポジ問題でした(笑)。

そして自分が妻と同じヨガ教室に通わなくて本当に良かったと思いました。大恥をかくところでした。

オンラインヨガで本当に良かったです。ひとりなので心おきなくポジションをなおせます。

(後日談)

私のオンラインヨガを知った妻イロハも、今では一緒にテレビの前でヨガをしています。

いつでも自宅でできるというメリットは大きいものがあります。

お風呂に入って柔らかくなった体でヨガるのが彼女は好きなようです。

私のチンポジ問題はあいかわらず続いていますが、まあ女房ですから気にせずにゴソゴソとポジションを直しながらオンラインヨガを続けています。

夫婦共通の趣味としてヨガ教室に通うことを考えた私でした。股間の問題で一緒に教室に通うことは無理でしたが、オンラインヨガのおかげで、当初の目論見どおり夫婦一緒にヨガすることができています。

女性側の羞恥も、男性側の破廉恥も、オンラインなら問題ありません。

みなさんも、ご夫婦で一緒にヨガなど、いかがでしょうか?

オンラインヨガOlulu-オルル-|定額受け放題のオンラインヨガ
Olulu(オルル)は、ココロとカラダをととのえることにフォーカスした定額受け放題のオンラインヨガ。マインドフルネスを意識したヨガ、メディテーションのレッスンをメインに開催しています。 定額月謝制で受け放題。ノーメイクでも、パジャマでも、ひと目を気にせずヨガタイム。今日からおうちヨガ始めてみませんか?

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました