携帯乞食と養分様

スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサーリンク

わいたこら? キャッシュバックって何だ?

携帯電話、スマートフォン業界というのは不思議なものだ。

普通はひとつの製品を長く大切に使った方が安くなるのに、そうはなならない。

普通はひとつの会社と長く付き合った方が安くなるのに、そうはならないからだ。

かつて私はずっとひとつの携帯電話を愛用していた。sumsungのgalaxyを使っていた。名機だったと思う。

しかしいよいよボロボロになったので買い替えようと電気屋さんに行ったら、驚くべき事態が待ち受けていた。

ケータイキャリアを乗り換えると「新機種」をタダでもらえて、しかもキャッシュバックで現金がもらえて、しかも通信代金も安くなるという。

わいたこら? そんなことってあるのか?

スポンサーリンク

携帯電話、スマホはゲーム機

なるべく金をかけない生き方をしているため、通話代を節約するために一台を大切に使ってきたというのに、これじゃあバカみたいだ。

2年で次々と乗り換えた方が、いい機種を、安い値段で使えるではないか。しかもキャッシュバックまで受けられるというのでは、これまでずっと使い続けてきたことがバカみたいである。

スマホはゲーム機だ」と公言する人もいるくらい、スマホというのは「高級なおもちゃ」である。

おもちゃというのはやがて飽きるため、次々と変わった方が退屈しない。頭が柔軟な子供にはどんどん新しいおもちゃをあたえた方が脳が刺激されていい結果を生む。

この衝撃的な経験依頼、私はスマホは2年で買い替えている。

スポンサーリンク

携帯乞食と養分様

先日、衝撃的な言葉を聞いた。「携帯乞食」そして「養分様」という言葉だ。

携帯乞食というのは、携帯電話の乗り換えのキャッシュバック制度を利用して利ざやを稼ぐ人々のことを言う。

他社に乗り換えるときにもらえるキャッシュバックが、これまでの支払いよりも大きければ、その分、収支はプラスになる。さらに新しいスマホを無料でもらえるような場合、それを売り払ってしまうのだ。そして、契約を解除するのである。これでトータル収支はプラスになる。

これを数台並行して行うと、月額そこそこの儲けになるらしい。

10台ぐらいスマホを所有している人は、たぶんきっと携帯乞食だ。普通に生活していて、もちろん10台もスマホが必要なはずがない。他社に乗り換えてキャッシュバックをいただくための弾なので、MNP弾という。マイナンバーポータビリティ弾。利ざやを稼ぐのための商品みたいなものだ。

乞食というのは生産的な労働を何もしないでお金だけもらうために付けられた名称だろう。

なんでこんなことが可能かというと、乗り換え特典(キャッシュバック制度)があるからである。それほどケータイ大手キャリアが顧客獲得にしのぎを削っているのだ。

乗り換えてくれれば、我が社はプラス1、他社はマイナス1、トータル2の差がつくというわけである。

この競争を利用した乞食商法のことを携帯乞食という。

この制度が破綻しないのは、かつての私のように一つのキャリアにひたすら貢ぎ続ける不動のタニマチがいるからであり、この人たちを携帯乞食は「養分様」と尊称するようだ。

養分様のおかげで、携帯乞食はキャッシュバックを受けられるのだ。

養分様となるのは、情報弱者である。とくにお金持ちの高齢者だろうと思う。

スマホの引っ越しは、一大事業である。とくに機種が変わると一からわからないことだらけだ。

かつてアンドロイドからiPhoneに乗り換えた時、「なんてiPhoneって使いにくいんだろう」と思った。

でも今、アンドロイドスマホを操作しても、もう使い方を完全に忘れてしまっている。

なんてアンドロイドって使いにくいんだろう」と思っている。

やっと慣れたスマホを乗り換えるのは、とりわけ高齢者にとってはストレスになる。こうして否応なしに高齢者は養分様と呼ばれるようになるのだ。

スポンサーリンク

本人確認できればいいのだから、いずれパスワードは時代遅れになるだろう

インストールしたアプリもいちいちダウンロードしなおさないとならないし、その都度パスワードの再入力を求められる。

パスワードも常時同じパスワードが使えればいいのだが、文字数が違ったり、英小文字と大文字を混ぜろとか注文があったりするので、ひとつでは通用しない。

いずれパスワードは時代遅れになると思う。本人である確認ができればいいのだから、指紋認証とか顔認証とかにした方がいい。パスワードなんて若者だって覚えきれないのではないだろうか。

しかし今はまだパスワード全盛の時代だ。

すると高齢者はやはりなるべく乗り換えず、なるべく同じ機種を使い続ける、という選択になる。お金持ちだからわずかの月額の支払いなんて気にならない。

このようにして、使い続けると古い機種をメリットなしで、乗り換えると最新機種をメリットを享受して、というねじれが生じることになるのだ。

携帯乞食のシステムはわかったが、自分でやってみようという気には到底なれない。MNP弾のために毎月のように契約したり、乗り換えたり、解約したりしなければならない。

簡単に儲けられる話しではない。

それくらいなら養分様でいた方がマシかな、と思ってしまう。

おれも年をとったということであろうか。

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました