男vs女。闘う男が結婚前に考えておくべきこと

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

このページでは何かに実績を残そうとしている男性が結婚する前に考えておくべき事について書いています。

女というのは男とは違う生き物だということをよく理解した上で結婚した方がいいと思います。

男の中には、やることやってから結婚した方がいいタイプもいると思いますよ~

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

スポンサーリンク

アスリートの体重管理にとって嫁の存在はプラスか、マイナスか

私はシリアス市民ランナーとして、市民マラソンの世界で自分の限界に挑むアスリートでした。

その経緯は他のページに譲ります。

『サブスリーの難易度』(ランニングの技術まとめ)
サブスリーランナーというのは、『そこらへんの一般市民100人がマラソンを走ったら、トップでゴールできる人』ぐらいのイメージでいいのではないかと思います。 マラソンは練習しないでちんたら走ってもちっとも面白くないと私は思っています。ゴールしたら倒れるぐらいのつもりで必死に走ってはじめて面白いスポーツなのではないでしょうか?

自分の限界に挑んで、秒単位での勝負をしていたため、必死に体重減に取り組んでいました。

肉食はやめ、ベジタリアンとなったのもそのひとつです。

牛乳をやめて、豆乳にする生活
豆乳に慣れると、すこし牛乳の生臭さが気になるようになります。栄養面では大差・優劣なし。むしろ栄養面は主食とのバランス次第だから「考慮に及ばず」。豆乳は牛乳にくらべて賞味期限が長く常温に強いために通販で買うことができます。買い物が非常に楽になりますよ。

ミューズリーに出会い、平日の食事はほぼミューズリー頼みでした。

料理のできない独身アスリートに最高の食事はミューズリー
ミューズリーとは、押しつぶして乾燥させた燕麦などの加工穀物に、干しブドウなどのドライフルーツ、ナッツを混ぜたシリアル食品の一種です。ミューズリーに牛乳(豆乳)をかけて食べると最高においしいですよ。よく噛むと口の中にあまみが広がります。それがミューズリーです。

独身ひとり暮らしだったので、料理が面倒だったのです。

面倒っていうかやろうと思っても料理できませんけど(汗)。

ミューズリーは栄養バランス的にも完璧で、ダイエットにも最適でした。お皿にのっけて豆乳をぶっかけるだけなので、食事の量を自由に調整することができます。

体重管理を優先に食事の量を決めることができたこともあって、私は目標だった市民ランナーのグランドスラムを達成することができました。

市民ランナーの三冠・グランドスラムの難易度
市民ランナーのグランドスラムは脚力だけでは達成できません。グランドスラムが難攻不落なのは、「金」「時間」「幸運(エントリー通過)」という鉄壁に守られているからです。
スポンサーリンク

嫁が料理上手だとアスリートは困る

ところが結婚し、妻と一緒に食事をすることになりました。鳥のエサみたいなミューズリーを夫婦の常食にするわけにはいきませんので、ミューズリー暮らしは諦めることになりました。

しかも悪いことに?妻は料理上手でした。出てくる料理がいちいちおいしいのでつい食べ過ぎてしまいます。

鍋やフライパンの上には「おかわりどうぞ」とばかりに、おかずが少し残っています。

ここで私が食べないと、この子たちはどうなってしまうのでしょうか……?

雑菌が繁殖して、食べられなくなり、結局すてることになるのではないでしょうか。

そんなの勿体ない。

そう思って、つい私が食べてしまいます。貧乏主義者なもので……

私がミニマリストになった理由
どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅をしていますか? 日本でモノを買わなくなった。 放浪の旅人生活は、私をミニマリストにしました。きっかけはアジアの市場での値段交渉でした。アジアの市場には定価がありません。値札は貼られておらず、交渉...

こうなるともはやダイエットどころではありません。みるみる太っていきます。

スポンサーリンク

男vs女「買わないこと」vs「リスのような保存本能」

独身ひとり暮らし時代、私のダイエットの秘訣は食欲をそそるようなものは「目にしない」「そもそも買わない」ということでした。

見るから食べたくなるのです。手の届くところにあるから食べたくなるのです。

刺激されなければ、食欲中枢もおとなしくしてくれます。食べたくなるようなものは目にしないのが一番です。身の回りに置かないことが一番です。

そもそも買わないというのは強力な手でした。買わなければ家で口にできるはずがありません。食べて後悔するぐらいなら買わなければいいんだ、というのがダイエッターとしての私のいちおうの悟りの境地、根本的な問題解決法であったのです。

ところが新たに同居人となった妻という別の性別に属するこの人は、私とは全然別の考え方をする人でした。

リスのような保存本能をもっていて、身の回りに食べるものがないと落ち着かないらしいのです。明日、災害が起こるかのように、大量に食物を買い込んでストックする習性があります。

冬眠するのか……?

まあそれも私の目につかないところで保存してくれるのなら文句はありませんが、どうも「おいしいもの」が手に届くところにないとダメみたいです。いつでも「おいしいもの」を目のはじでとらえていたい欲求があるようです。

「飢餓を楽しむ」というような境地で生きてきたアスリートには、ちょっと……な環境です。

スロージョギングによるLSDダイエットの効果・やり方
ダイエットの飢餓モルヒネを、ランナーズハイのランニングモルヒネに置き換えてしまうのがスロージョギングによるLSDダイエットのポイントです。 一度エンジンをかけてしまえば、快楽という原動力によって、ずっと回り続ける。これがスロージョギングによるLSDダイエットです。 体の中を熱い血が駆け巡り、生きている限りは青春時代なのだと実感できることでしょう。
快楽のダイエット講座。脳内モルヒネ中毒。アドレナリンが血糖値を上げ、食欲を抑えるランニングダイエット
ランニング・ハイの恍惚が強烈であればあるほど、太ることからは距離を置こうという気持ちになります。 ダイエットを我慢と捉えるのではなく、快楽を意識すれば、自然と痩せることができます。 痩せるために、天然由来の脳内モルヒネジャンキーになろうぜ!!

ウチの母親もそういう傾向があったので、女性というのは「貯蔵本能」がある人が多いのかしら?

食べるもの、保存食がそばにないと生活が成り立たないとでもいうように、食卓の上など目に付くところに食べ物を置く習性があります。

目の前のチョコレートは、私には誘惑でしかありませんが、彼女にとっては精神安定剤のようです。

そのくせ賞味期限が迫っても食べようとしません。いつも腐りそうになる直前に私が食べています。貧乏性なもので……これで体重が減るわけありません。

スポンサーリンク

男の中には、やることやってから結婚した方がいいタイプもいる

よく結婚したアスリートがいい成績をあげて「妻のサポートのおかげです」とかいうのを見たことがある人も多いと思います。

しかし全員が全員ではないと思いますね。

自分の限界に挑んでいるような人は、結婚は必ずしもプラスばかりではないと思います。マイナスに働く人もいるんじゃないかなあ。

これは野球みたいにあまり体重の関係ない競技はいいですけど、体重が顕著に成績に反映するようなジャンプ系のアスリートなどはよほど自分を強く律しないと、嫁の愛情料理で体重が増えて、成績は落ちて行くんじゃないかなあ。

男の中には、やることやってから結婚した方がいいタイプもいると思いますよ~

私の場合は、ほぼ引退してからの結婚だったので、幸せですけどね。

市民ランナーに引退はないって本当か?
自分の限界を追求した。ベストバージョンの自分になれるように努力した。そういう市民ランナーにはきっと引退の時が来ます。 人は老い、やがては消えていきます。それなのにこの一瞬の輝きにすべてを賭けられるのは、悠久の宇宙にくらべたら人間の命なんて瞬間の瞬きにすぎないことをわたしたちが知っているからです。

何かに実績を残そうとしている人は、女というのは男とは違う生き物だということをよく理解した上で結婚した方がいいと思いますよ!

※雑誌『ランナーズ』の執筆者にして市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』発売中です。
プロフィールページ等をご確認ください。

https://arikura.com/nike/


https://arikura.com/shower-running/

ランニングシューズはAmazonでお探しください

※ランニング雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』についての詳細はプロフィールページをご確認ください。

◎サブスリー養成講座の核心部分

https://arikura.com/how-difficult/
https://arikura.com/grand-slam/

マラソンの極意。複数のフォームを使い回す。フォームは決めつけない。臨機応変に変える
本稿のようなランニング講座では、速い人ほど求道者的で「理想のフォームはこれだ!」みたいに断言することがほとんどです。しかし『アリクラのサブスリー養成講座』では「フォームは決めつけない。臨機応変に変える」ことを提唱いたします。これは、本講座の最大の特徴のひとつだと思っています。
【究極の走り方】あなたが一番速く走れる方法はあなたの肉体が一番知っている。
あなたよりも、あなたの肉体のほうが、走るということをよく知っています。あなたの最適なフォームを知っているのは脳味噌ではなく肉体です。からだが要求することを素直に聞いてあげましょう。心臓ひとつ、あなたは自分の意志で動かせないではありませんか。

https://arikura.com/how-to-sub3-sole-jet/


スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
体ごと体重を前に投げ出して、普通だったら倒れるものを、足を送ることでギリギリのバランスで支える。前に進んでいないとフォームを維持できないフォーム。これを「動的バランス走法」と呼んでいます。

逆説のランニング。ストライド走法の極意「ハサミは両方に開かれる走法」
ストライド走法では、地面を蹴るのではなく、宙に振り出した方の脚に意識を向けます。 片方の脚を意識するだけで、結果として両方の脚を動かすことができます。 なぜならハサミは両方に開かれるからです。

走りの技術。ヤジロベエ走法。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
ヤジロベエ走法とは、腰の筋肉を緩めて、腸腰筋を力強く使うための走法のことです。

https://arikura.com/balance-scale-running/

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
マラソン・ランニング
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました