旅に出たくなる歌。DRIVEに連れてって

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

旅に出たくなる歌。『DRIVEに連れてって』。今井美樹

旅に出たくなる歌。今井美樹さんの『DRIVEに連れてって』。旅に行きたくなるというよりはドライブに行きたくなる歌であるが、私にとってドライブとは車中泊のことなので結局は旅歌ジャンルなのである。日帰りドライブなんて嫌いだ。

DRIVEに連れてって今すぐに。二人だけの夢見るランデヴー。ハンドルを握る横顔を横でそっと見てるのが好き。ああ。思い出のあの曲を聴きながら。

コンバーチブルの助手席は私だけの指定席よね? サイドミラーには蒼い風。たまにはちょっとこっちを向いて。

作詞は布袋寅泰さんです。あんな鬼みたいないかつい顔してこんな詩を書けるんですね。やっぱりギタリストはアーティストなんだなあと思います。

ああ、波の音が聞こえる。遠くから。

TAKE ME TO THE SUNRISE

TAKE ME TO THE SUNSET

TAKE ME TO THE UNIVERSE

地球の果て、宇宙の果て、あなたとだったら怖くない

夏の香り、なんだかちょっと秘密めいてる。風を受けて走る二人、恋のハイウェイ。

旅人の守護ソング『僕らが旅に出る理由』でも書きましたが、世界を感じることができなければ詩は完璧とは言えないと思う。なぜなら詩は世界と自分を描くものだから。人間の営みだけを描いても、それはまだ偉大なものとつながっていない。自分だけでは駄目なのだ。永遠なものと繋がってはじめて詩は命を得る。宇宙を感じさせることができれば詩は完璧だ。

私が旅に出たくなる歌としてこの『DRIVEに連れてって』を推すのは、宇宙を感じさせる歌だからに他ならない。

ああ、見上げれば星空が広がって。ああ、黄昏の街並みを包んでる。

TAKE ME TO THE SUNRISE

TAKE ME TO THE SUNSET

TAKE ME TO THE UNIVERSE

星空と黄昏が同時に空にひろがるマジックアワー。恋人たちはドライブをしている。ここではない遠く、自分の知らない場所で。世界に包まれて、小さな人間が感動している。

優しいキス、激しいキス、天の川ベッドにして。

見つめ合って、抱きしめ合って、確かめあって。

連れて行って二人だけの夢の世界へ。

TAKE ME TO THE SUNRISE

TAKE ME TO THE SUNSET

TAKE ME TO THE UNIVERSE

たぶん車の外でこの二人は大地の上で抱き合っているのだと思います。上空には天の川が広がって、愛する人に抱かれるぬくもりと、視線。確かめあう。

ドライブが感動させたのではなく、愛する人と、世界の美しさが彼女を感動させたんですよね。

この曲を聴くと、夜のドライブに行きたくなります。海を見に、空を見に、日の出を見に、黄昏を見に、宇宙を見に行きたくなります。

風に運ばれるように、身軽に旅に出かけてみませんか? とりあえずドライブにでも。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました