旅に出たくなる歌。DRIVEに連れてって

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。雑誌『ランナーズ』で数々の記事を執筆していた物書きです。「頭のよさで走り勝つことはできるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

旅に出たくなる歌。『DRIVEに連れてって』。今井美樹

旅に出たくなる歌。今井美樹さんの『DRIVEに連れてって』。旅に行きたくなるというよりはドライブに行きたくなる歌であるが、私にとってドライブとは車中泊のことなので結局は旅歌ジャンルなのである。日帰りドライブなんて嫌いだ。

DRIVEに連れてって今すぐに。二人だけの夢見るランデヴー。ハンドルを握る横顔を横でそっと見てるのが好き。ああ。思い出のあの曲を聴きながら。

コンバーチブルの助手席は私だけの指定席よね? サイドミラーには蒼い風。たまにはちょっとこっちを向いて。

作詞は布袋寅泰さんです。あんな鬼みたいないかつい顔してこんな詩を書けるんですね。やっぱりギタリストはアーティストなんだなあと思います。

ああ、波の音が聞こえる。遠くから。

TAKE ME TO THE SUNRISE

TAKE ME TO THE SUNSET

TAKE ME TO THE UNIVERSE

地球の果て、宇宙の果て、あなたとだったら怖くない

夏の香り、なんだかちょっと秘密めいてる。風を受けて走る二人、恋のハイウェイ。

旅人の守護ソング『僕らが旅に出る理由』でも書きましたが、世界を感じることができなければ詩は完璧とは言えないと思う。なぜなら詩は世界と自分を描くものだから。人間の営みだけを描いても、それはまだ偉大なものとつながっていない。自分だけでは駄目なのだ。永遠なものと繋がってはじめて詩は命を得る。宇宙を感じさせることができれば詩は完璧だ。

私が旅に出たくなる歌としてこの『DRIVEに連れてって』を推すのは、宇宙を感じさせる歌だからに他ならない。

ああ、見上げれば星空が広がって。ああ、黄昏の街並みを包んでる。

TAKE ME TO THE SUNRISE

TAKE ME TO THE SUNSET

TAKE ME TO THE UNIVERSE

星空と黄昏が同時に空にひろがるマジックアワー。恋人たちはドライブをしている。ここではない遠く、自分の知らない場所で。世界に包まれて、小さな人間が感動している。

優しいキス、激しいキス、天の川ベッドにして。

見つめ合って、抱きしめ合って、確かめあって。

連れて行って二人だけの夢の世界へ。

TAKE ME TO THE SUNRISE

TAKE ME TO THE SUNSET

TAKE ME TO THE UNIVERSE

たぶん車の外でこの二人は大地の上で抱き合っているのだと思います。上空には天の川が広がって、愛する人に抱かれるぬくもりと、視線。確かめあう。

ドライブが感動させたのではなく、愛する人と、世界の美しさが彼女を感動させたんですよね。

この曲を聴くと、夜のドライブに行きたくなります。海を見に、空を見に、日の出を見に、黄昏を見に、宇宙を見に行きたくなります。

風に運ばれるように、身軽に旅に出かけてみませんか? とりあえずドライブにでも。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました