世界の関羽様

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

当ページはリンクフリーです。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

note にて書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を発売しています。

サンダルマン・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサーリンク

関羽(クワン・ユー)

曹操が劉備の怒りをそむけるために関羽の遺体を祭ったことにはじまる道教神様

中国人にカンウと言っても通じません。毛沢東マオ・ツァートン)を「モウタクトウ」とか「ケザワヒガシ」と言っても通じないのと同じです。

ハルトはハノイの関帝廟を探すときに中華街の誰もがカンウを理解してくれず、赤ら顔の長い髭をもった古代の中国戦士「red face」「long bead」「ancient chinese warrior」とジェスチャーを交えてやっと理解してもらうことができました。

武神が基本ですが、そろばんを発明した説もあり、そろばんを持っていることもある。商売の神ともされる。それゆえに世界の中華街に関羽様がいるんですね。聖関君ホイ・クワン・クン)でも通じます。

三国志には道教の神様、関羽が登場します。

道教というのは、黄巾の乱や五斗米道から生まれてきた中国の土着の宗教です。教祖の張角も登場します。

関羽が神となったのは、直接には曹操が劉備の恨みを避けるために、神として葬祭したことが切っ掛けです。

しかし中国としてのアイデンティティを喪失し、異人に支配されていた漢人のために、漢民族のために戦う忠義の人物として主役としてピックアップされたのか関羽なのだそうです。

ここでは世界で出会った関羽様の画像をすこしづつアップしていきます。

 

スポンサーリンク

三英傑戦呂布

三国志最強の呂布に対して、関羽さま張飛、そしてなぜか劉備玄徳の三人の英傑が取り囲んで戦うという猛将系キャラクターが好きな三国志ファンにとっては最大の見せ場です。

 

関羽さまよりも呂布奉先がカッコよく見えてしまう一瞬です。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました