簡体字と繁体字と常用漢字

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
さすがにこれは読めません
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

スポンサーリンク

漢字文化圏

中国や台湾を旅した人ならご存知でしょうが、漢字を使っています。

漢字というのは非常にキャッチーな文字です。

私は外国で英語と漢字が併記されている看板を見ると、確実に漢字の方に目が行きます。

結局、内容を読み取れず、英語の方を読んだら意味が全部わかったということも珍しくありません。

そうわかっていても、吸い寄せられるように漢字に目がいきます。

中国は昔の漢字を省略した「簡体字」という漢字を使っています。

日本は基本的に略した「常用漢字」。

台湾は「繁体字」という画数の多い漢字を使っています。

例えば「台湾駅」と書くのが常用漢字。「台湾站」と書くのが簡体字。「臺灣驛」と書くのが繁体字です。

中国の簡体字はもう「読めるか! もはや部首だけだろ!」とツッコミたくなるぐらい省略されていて、ケータイ・スマホ時代に見事に対応しています(笑)。

部首だけといっても、類似の漢字は多く、簡体字をさいしょに覚えるのはたいへんだったでしょうね。

しかし、中には省略し忘れたのか画数の多いまま残されている漢字もあります。

文書の中にやたらと画数の少ない漢字と、やたらと画数の多い漢字が並んでいたりします。

「おいおい。そっちじゃない。こっちを省略すべきだろう!」とツッコミたくなるような漢字もあります。

町中に溢れる漢字を読んで意味を想像することは、日本人にとっての中国旅では欠かせない面白さのひとつになっています。

さすがにこれは読めません💦

また、漢字が読めて、書けるということは、同じ文化圏に属しているのだなあ、という親戚の家を訪ねたような気持ちにさせてくれます。

スポンサーリンク

親戚の家を訪ねたような親近感。中国とは仲良くしよう

中国杭州にひとり旅をした時のことです。

駅まで戻りたくてタクシーに乗ったのですが「Stationステーション」と行き先を伝えても通じません。

「Stationステーション」ぐらいの基本的な単語ぐらいはわかるだろうとたかをくくっていたのです。

さあ、困りました。

ここは筆談しかありません。

ノートを取り出し「駅」と書いて見せましたが通じません。

中国では「」は「」と書かなければ通じないのですが、当時はそのことを知りませんでした。

私はヤケクソになって「鉄道」「電車」「電気自動車」「連結/車両」「公共交通」「駅舎」「乗降場所」「停車場」「止」だの思いつく限りの鉄道駅から連想できる漢字をノートに書きまくりました。

するとどの単語がヒットしたのかわかりませんが、タクシーの運転手は「杭州」に行きたいんだなということをちゃんと理解してくれたのです。その間、私は一言も喋っていません。

もしかしたらどの単語も正確にはヒットしていないのかもしれません。しかし単語のイメージのカタマリとして、ちゃんと伝わったのです。

これが漢字のもつ力です。

この時は本当にうれしかったです。タクシーの運転手に行き先を伝えられたことがではなく、中国と日本の関係性そのものの中に自分が生きていることを実感できたから。

おそらく昔の日本人も、こうやって中国人と意思疎通してきたんだろうなあと思ったのです。

このような意思疎通をすることは、中国人と日本人にしかできないことです。

訪問中に毎日食べていた朝食の肉まんの種類(豚だとかタケノコだとかニラだとか)も、一切発音できないのですが、メニューから漢字を書き取ることができますので、それで意思疎通ができます。

欧米人には漢字を書きとることも難しいのです。日本人がアラビア文字を簡単には書き写せないように。

漢字が通じた時ほど、中国人と日本人の、文化の歴史や、近しい関係性を感じることはありません。

世界の中つ国(なかつくに)を心から敬うことができる瞬間でもあります。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました