得たものと一緒に傷つくこともあるのならば、どちらも緒に受け入れたい。すばらしいことばかりでなくてもいい。それを受け入れる勇気が、旅立つには必要なのだと思います。

スポンサーリンク

イロハです。

スノーボードを捨てた私は、医務室で教えられた病院へとタクシーで急ぎます。

病院の診察室の向こうからは、ハルトの泣き声が聞こえてきます。

「力を抜いて!」

「痛て! 痛い!」

「ちからを抜かなきゃ腕がはまらないよ」

やがてハルトの泣き声は静まりました。

どうやら全身麻酔で眠ったようです。

全身に汗をかいたドクターに治療の完了を告げられました。

医者と言うのは頭脳労働者だけれど、肉体労働者でもあるみたいです。

目覚めたハルトはぼーっとしていました。

痛みもマヒしているみたいです。

シップと痛み止めの薬をもらい、腕の吊られたハルトを連れて、町中のホテルを探します。

放浪の旅人としての経験が、こういうときはものを言います。

旅の予定変更には慣れています。

無事にホテルをさがし、

翌朝、北陸新幹線で帰宅しました。

まさか、こんなことになるなんて。

こうなる未来がわかっていたら、出かけなかったと思います。

誰も好き好んで事故やケガをする人はいません。

事故やケガはしないだろう。

そう思ってスキー場にでかけました。

楽しい思いだけができるだろう。

そう思って出かけました。

しかし、楽しい思いだけではありませんでした。

とくにハルトは痛い思いと、後々まで残る傷を負ってしまいました。

しかしだからと言って出かけなければよかったのでしょうか。

ときどきハルトと話をすることがあります。

たしかにケガをしました。けれど、だからといって、出かけなければよかった、ということにはならないね、と。

ケガをしたくなければ、何もしなければいいのです。出かけなければいいのです。

けれど、私たちにその選択はなかった。

たしかに失ったものもあります。

けれど多くのものを得てきました。それらを「なかったこと」にするなんてできない。

たとえ傷ついても、得たものの方が大きい。

得たものと一緒に傷つくこともあるのならば、どちらも緒に受け入れたい。

そんな風に思っています。

だから再び旅立つことができるのです。

すばらしいことばかりでなくてもいい。

それを受け入れる勇気が、旅立つには必要なのだと思います。

★~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

自由と社会との折り合いを模索するブログです。

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!?

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人

精一杯でいいから走ろう
ソウル日本人学校の出身です。応援おねがいします
感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました