運命に導かれる生き方をしよう

MY FAVORITE
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

スポンサーリンク

『運命に導かれる生き方をしよう』

私のこれまでの人生の中で、運命に導かれてここにいるのかな、と思った瞬間がいくつかあります。みなさんにはそういうことがありましたか。そしてそれはどのような瞬間だったでしょうか?

たとえばこのブログ『ドラクエ的な人生』は、走ることと放浪の旅をみなさんにお勧めするサイトですが、元を正せば、どちらも『挫折』が出発点でした。

挫折という本来は望んでいない状況・事態の中で見つけたものが、今、私の人生に欠かせない二本の柱になっています。そしてそこに私は運命を感じています。

運命に導かれる生き方とは、挫折した時に、力まかせに元の場所に戻ろうとするのではなく、失意のその場所から新しい道に旅立つことです。

逆風に流されて別の道に迷い込んだら、逆境に抗って元の道に戻ろうとするのではなく、その道をそのまま進んで、そこでしか見つけられない新しい何かを見つけること。そこに幸せを探すことが運命を生きることになります。

前提条件を変えて生きるのです。

スポンサーリンク

失意の場所でこれまでにはなかった何かを見つけること。それが運命を生きる生き方

失意の場所でこれまでにはなかった何かを見つけること。その場所で新しい何かを掴み、幸せを感じること、それが運命を生きるということです。

力づくで元の場所に戻る人もいます。そういう人は「運命なんてものはない。人生は自分の力で切り開いていくものだ」そう言うタイプの人です。

しかし「これが私の運命だった。天命に従う」というタイプもいます。どちからかというと私のいう「運命に導かれる生き方」をしている人です。

私はこちらのタイプでした。その方が力を抜いて生きていくことができます。そして失意の場所にこそ自分の生きがいがありました。

神様が「お前はこうしなさい」と言っているのに、弱い人間が強引に元のルートに戻ったところで、祝福を受けた人生を歩めるのか、はなはだ疑問に思います。

だいたい、ひとりの人間が力づくで勝ち取れる運命なんて、たかが知れています。

人生というものは想像もつかない。

戦争に巻き込まれたり、災害に遭ったり、愛する人を失ったり。自分の意思だけではどうにもならないものです。

そこで人生に失敗したと思うか、そこでこれまでとは違う全く新しい自分を再生して、違う何かを掴み取るか。

転んでもただでは起きぬ精神が、運命を生きることになるのです。転んだ場所で何かを見つけたとき、ここに導かれていたのかと思う瞬間が来る。

スポンサーリンク

人生、そんなに悪くない

このブログは、放浪のすすめ。旅へと人をいざなうものです。

タイトル『ドラクエ的な人生』とは、名作ゲーム『ドラゴンクエスト』から名づけました。

ドラクエって旅じゃありませんでしたか?

知らない町をさまよって、人と話して、世界の果てまでフィールドを旅して、ピンチになって、すべての力を振り絞ってピンチを切り抜けて、故郷に帰還する。

そしてまた次の旅に出る。。。

放浪の旅も同じです。人生も同じです。

人は夢に生きられる。旅立った先に素晴らしいものがある。

そんな願いをこめて『ドラクエ的な人生』と命名しました。

挫折を恐れて踏みとどまるのではなく、挫折さえも運命になると信じて、勇気をもって新しい世界に踏み出していくこと。それが運命に導かれる生き方だと思っています。

全力で走ればいい。走れなくなったら、立ち止まって、その場所でまた新しい何かを探せばいい。このブログはそのようにして生まれました。今では私の生きがいのひとつになっています。

失意の場所でも命を燃やして、新しい何かを見つけ、満足を得ること。人生が前よりもよくなっていくこと。すると運命に導かれていると思える瞬間が必ず来ます。

人生、そんなに悪くないものです。

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるモノカキ。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

走れるところまで走ってみようじゃないか
ソウル日本人学校の出身です。応援よろしく
MY FAVORITE
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました