【序】運命に導かれる生き方をしよう。失意の場所で、今まで以上の幸せを探すことが運命を生きること

MY FAVORITE
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

運命に導かれる生き方とは、挫折した時に、力まかせに元の場所に戻ろうとするのではなく、失意のその場所から新しい道を選び旅立つことです。

逆境にあらがって元の道に戻ろうとするのではなく、その道をそのまま進んで、そこでしか見つけられない新しい何かを見つけること。

失意の場所で、今まで以上の幸せを探すことが運命を生きることです。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

運命に導かれる生き方とは、失意の場所で、今まで以上の幸せを探すこと

私のこれまでの人生の中で、運命に導かれてここにいるのかな、と思った瞬間がいくつかあります。みなさんにはそういうことがありましたか。そしてそれはどのような瞬間だったでしょうか?

たとえばこのブログ『ドラクエ的な人生』は、走ることと放浪の旅をみなさんにお勧めするサイトですが、元を正せば、どちらも『挫折』が出発点でした。

挫折という本来は望んでいない状況・事態の中で見つけたものが、今、私の人生に欠かせない二本の柱になっています。そしてそこに私は運命を感じています。

運命に導かれる生き方とは、挫折した時に、力まかせに元の場所に戻ろうとするのではなく、失意のその場所から新しい道を選び旅立つことです。

逆風に流されて、別の道に迷い込んだら、逆境にあらがって元の道に戻ろうとするのではなく、その道をそのまま進んで、そこでしか見つけられない新しい何かを見つけること。

失意の場所で、今まで以上の幸せを探すことが運命を生きることになります。

前提条件を変えて生きるのです。

スポンサーリンク

失意の場所でこれまでにはなかった何かを見つけること。それが運命を生きる生き方

 

失意の場所でこれまでにはなかった何かを見つけること。

失意の場所で、新しい何かを掴み、幸せを感じること、それが運命を生きるということです。

力づくで元の場所に戻る人もいます。そういう人は「運命なんてものはない。人生は自分の力で切り開いていくものだ」そう言うタイプの人です。

しかし「これが私の運命だった。天命に従う」というタイプもいます。どちからかというと私のいう「運命に導かれる生き方」をしている人です。

私は失意の場所から新しい旅に出るタイプでした。

その方が力を抜いて生きていくことができます。そして失意の場所にこそ自分の生きがいがありました。

神様が「お前はこうしなさい」と言っているのに、弱い人間が強引に元のルートに戻ったところで、祝福を受けた人生を歩めるのか、はなはだ疑問に思います。

だいたい、ひとりの人間が力づくで勝ち取れる運命なんて、たかが知れています。

人生というものは想像もつかないものです。

戦争に巻き込まれたり、災害に遭ったり、愛する人を失ったり。自分の意思だけではどうにもならないものです。

そこで人生に失敗したと思うか、そこでこれまでとは違う全く新しい自分を再生して、違う何かを掴み取るか。

転んでもただでは起きぬ精神が、運命を生きることになるのです。

転んだ場所で何かを見つけたとき、ここに導かれていたのかと思う瞬間が来るのです。

スポンサーリンク

人生、そんなに悪くない

このブログは、放浪のすすめ。旅へと人をいざなうものです。

タイトル『ドラクエ的な人生』とは、名作ゲーム『ドラゴンクエスト』から名づけました。

ドラクエって旅じゃありませんでしたか?

知らない町をさまよって、人と話して、世界の果てまでフィールドを旅して、ピンチになって、すべての力を振り絞ってピンチを切り抜けて、何かをつかんで、故郷に帰還する。

そしてまた次の旅に出る。。。

放浪の旅も同じです。人生も同じです。

人は夢に生きられる。旅立った先に素晴らしいものがある。

そんな願いをこめて『ドラクエ的な人生』と命名しました。

挫折を恐れて踏みとどまるのではなく、挫折さえも運命になると信じて、勇気をもって新しい世界に踏み出していくこと。それが運命に導かれる生き方だと思っています。

全力で走ればいい。走れなくなったら、立ち止まって、その場所でまた新しい何かを探せばいい。

このブログはそのようにして生まれました。今では私の生きがいのひとつになっています。

失意の場所でも命を燃やして、新しい何かを見つけ、満足を得ること。人生が前よりもよくなっていくこと。すると運命に導かれていると思える瞬間が必ず来ます。

人生、そんなに悪くないものです。

【世界が美しく見える魔法】走るために生まれた
このブログが一編の小説だとすれば、このページは最終章、ラストに配置すべき、結論について書いています。退屈なケの日常を、わずかな時間で、パーティーに、お祭りに、クリスマスに変える魔法。それは走ること。走ることには魔法のような効果がある。走るために生まれたから
著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
MY FAVORITE
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました