ハングル

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

スポンサーリンク

世界遺産スウォンファソン(水原華城)

水原華城=スウォンファソンに行ってきた。

知人の帰化韓国人(現在は国籍日本人)によれば、昔は危険で近寄れなかった場所だったというが、今では世界遺産に登録され、とくに危険はない。ソウルから電車で1時間とかからずに行けるメジャーな観光地である。

水原華城は日本人がイメージする場合、お城というよりは城塞都市といったほうがイメージしやすい。ドラクエ的にいうと城塞都市メルキドである。古いタイプの都市は、漫画進撃の巨人の都市のように街全体を壁で覆っていたのである。街から出入りするためには城門を通らねばならず、門は定時に開閉されていた。そういう城塞都市は三国志を読めば出てくる。英雄・曹操孟徳は若い頃、洛陽の門番をしており、身分が高いものであっても法令違反は許さず、決して城門を通さなかったのだそうだ。

そういう城塞都市が世界遺産に登録されている。本来はそこに遷都するはずだった幻の首都なのだそうだ。日本でいえば福原京のようなものであろうか。

だが、今回、書こうとしているのは世界遺産、水原華城のことではない。幼い頃をソウルで過ごした僕のトラウマ体験のひとつであるハングル文字のことである。

水原には博物館があった。そこには古文書があって、その古文書や命令文書は漢字で書かれていたのである。ハングルではなく。僕はある感慨を抱かずにはいられなかった。

スポンサーリンク

ハングルは表音文字

ハングルというのは現在、韓国で使われているかの国独特の文字であるが、その歴史は比較的新しい。1446年にできたとされている。それではそれ以前はどんな文字が使われていたのか? 漢字を使っていたのである。韓国の公文書は全部漢字だったわけだ。

漢字・仮名混じりで表記された『源氏物語』の成立は1008年だから、もし紫式部が韓国人だったらオール漢字で書かれていた筈である。逆に仮名があったばかりに世界文学になるのが遅れてしまったと言えるかもしれない。中国人が読めないわけだから。

ハン(偉大なる)グル(文字)という意味であり、ハングル文字といったら正確には重複表現ということになる。

現在、韓国の街中ではほとんど漢字は見かけない。看板などの表記は全てハングルである。

ハングルというのは表音文字であり、音だけを表し、文字それ自体には意味を持たない。

文字それ自体が意味を持つ表意文字の漢字とはその点がちがっており、ローマ字やひらがなに近いものだ。

水原華城は韓国語では「수원 화성」と書くがこれは「スウォンファソン」と読む。スウォンは水原、ファソンは華城だ。

しかし日本人にはスウォンファソンと言われてもさっぱりイメージが湧かないのではないだろうか。

スポンサーリンク

漢字は表意文字

漢字で水原華城だったら、水原にある華麗な城なんだろうな、と日本人には想像できるが、スウォンファソンでは何のことだかさっぱりわからない。

ではこれが韓国人にはわかるのかと言えば、知人の帰化韓国人(現在は日本人)によれば、やっぱり音だけで、非常にわかりにくいのだそうである。

「日本語だって、全部カナ文字じゃあ、読みにくいでしょう? それと同じです」

たしかに「ヒメジシラサギジョウ」と書いてあっても何のことだかわからない。姫路白鷺城と書くから、姫路にある白鷺のような城なんだろうなと想像できるのである。

スウォンファソンと表音文字で発音だけされても、詳しい意味がわからないことは韓国人でも同じなんだそうである。なるほど。

その帰化韓国人(帰化日本人というべきか??)は年齢も50を超えていて、漢字がわかる。そういう人がハングルだけの本を読むとわかりにくくて仕方がないんだそうだ。

彼は農業関係者なのだが、学術書などを読むときはたいへんらしい。農業関係の学術書は日本のものを韓国語訳していることが多いらしく、日本語でせっかく意味のある漢字を使っているのを、全部表音文字(ハングル)に直してしまうから、せっかくの意味が消えてしまうんだそうだ。

たぶん耕運機とか二毛作とか、それ自体に意味があるものを、コウウンキとかニモウサクとか表記されても意味が分からなくなってしまうという意味だろう。

もっとも英語をはじめ表音文字というのは世界中にあるから、ハングル文字ばかりの表記の中で育った若い人は不便とは感じないんだそうだ。

知人のように漢字がわかる人間にはオール・ハングルだととてもわかりにくいと言っていた。

スポンサーリンク

海外旅行初心者におすすめなのは韓国ではなく台湾

どうしてこういうことを書くのかというと、日本人にとっての地下鉄の駅名などの記憶定着度が、漢字と現地読みでは全然違ってくるからだ。

先日のソウル旅行でそれを如実に感じた。

たとえばチュンムロでは覚えにくいが忠武路なら簡単に覚えられる。意味が想像できるからである。物語を連想することができる。たとえば忠武というのは将軍のおくり名か何かだろうな、とか。その人物は朝鮮王への忠誠のために戦死した武将だろうな、とか勝手にイメージして記憶が定着する。間違いなく大きな幹線道路が通っている場所だろうな、とか。字からいろいろ想像するのは楽しい。

だが、そういうことが表音だけだとできないのだ。意味が消えてしまうからである。

また慣れ親しんだものは覚えやすいから「日本語読み」は覚えやすい。マオツァートンでは覚えにくいが毛沢東(もうたくとう)なら覚えやすいのと同じだ。もちろん「もうたくとう」なんて中国の偉人はいないのだから現地の発音マオツァートンで呼ぶべきだ。しかし表記は別である。毛沢東や忠武路という表記自体は間違いではないのだからハングル충무로だけでなく漢字で忠武路と表現してくれると中国人・日本人にはどんなにわかりやすいか! 先日のソウル旅行でそう感じたから、ハングルだけだと韓国人にも読みにくいという帰化知人の言葉がスッと腑に落ちたわけである。

そういう意味で海外旅行初心者にもっともふさわしい国は、いちばん近い韓国ではなく、むしろ台湾だと僕は思っている。台湾は看板などもオール漢字で少なくとも何を売っているお店なのか漢字のおかげで理解することができる。西洋人にくらべて圧倒的なアドバンテージで旅行をすることができる。

韓国ではかつて入学試験から漢字が排除されてしまったことで、若い人が漢字を読めなくなったらしい。しかし政権によっては漢字の勉強が復活したりしたんだそうだ。

ハングルというのは表音文字としてはスゴイ文字なのだが、残念ながら本来の漢字がもっていた意味が消えてしまった。中国人とは筆談で会話ができるが、韓国人とそれができなくなってしまった。

中国の観光地で、英語と漢字が併記されている場合、読んでも英語の方が全体の意味がより理解できると分かっていても、すうっと漢字に目が吸い寄せられる。漢字の方に目が行く。それが日本人である。漢字というのは偉大だ。

地下鉄の地図もハングルのみで書かれた地図は日本人には使えない。英語のみの地下鉄地図も僕には使えなかった。漢字が書きこまれていてはじめて地下鉄地図として使えた。

僕が通っていたソウル日本人学校では週に一回韓国語の授業があった。文部省管轄の義務教育に基づくれっきとした公立小学校だったのだが、外国校だけにそういうカリキュラムがあったのだ。ところが僕はハングルを習得できなかった。クラスメイトの中には読めるようになった子もいたのに。難しかったから、というよりは、勉強不熱心な子だったからだ。

そのことを今更ながらに思いだした韓国ソウルの旅だった。

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました