ドライブ。大渋滞の過ごし方

スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

車で走っているときには常に流れている音楽ですが、渋滞の時だけは音楽をテレビやカービデオに切り替えることがあります。

音楽は先へ先へと旅情をいざなうのに、渋滞で先へ進めないと、どうにもイライラしてきます。アップテンポのノリノリの音楽と渋滞は合いません。渋滞は不自由です。やっぱり人間、自由でないとイライラするんですね。癒しの音楽をかけてもダメです。ちっとも癒されません。

渋滞の時、私はカーテレビのニュース映像や録画したビデオなどにオーディオを切り替えています。渋滞中ですので運転中に目を離しても大丈夫ですし、重厚なストーリーやアクションは目の前の大渋滞のことを忘れさせてくれます。

ところが先日、パートナーのイロハが韓流ドラマを車に持ち込もうとしたので、さすがにそれは止めました。日本語吹き替え版ならまだよかったのですが字幕版だったので。

助手席の人はいいですよ、字幕でも。でも運転席の人は日本語吹き替え版でないと仮にも運転中ですから厳しいものがあります。ハングルマル、モルゲッソヨ。

イロハは一度見た映画やドラマを見るのを「もう一回見た」と言って嫌がるのですが、私は嫌いではありません。ストーリーを知っているものを繰り返し見ても、その都度感じることが変わったり、最初見たときには気づかなかった伏線に気づいたりして、退屈しません。

キャラクターの感情が伝わってくるような重厚な作品は、その感情にひたっているうちに、本当に目の前の渋滞のことを忘れさせてくれます。車が動き出すと「なんだ、動いちゃった」と思うことさえあります。飛行機の中で見ている映画が面白いと「この映画を見終わるまではランディングしないでくれ」と思うときがありますが、あれに似ています。

いくら大渋滞中だからといっても、運転中です。何度も見た映画はセリフだけで場面を思い浮かべることができます。運転しながら、セリフだけで、脳内で映画を完結させることができるのです。

大好きな、お気に入りの映画こそ、車の中に持っていきましょう。

いくら大渋滞中だからといっても「はじめて見る」「面白すぎる映画」は避けたほうがいいでしょう。大渋滞中だからといっても運転中です。運転よりも映画が見たくなったらアウトです。車が動き出したら音楽に切り替えたほうがいいでしょう。

楽しくて、安全なドライブをしてください。よそ見、わき見は、自分と家族だけでなく、周囲の人も危険に巻き込みます。

それではよい旅を。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました