マラソンは人生に似ているか?

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク

マラソンは手を抜いてちんたら走っても全然面白くありません。全力を出し切ってはじめて面白い競技だと思っています。そういうシンプルなところは、確かに人生に似ているのかもしれません。

ベストバージョンの自分、ベストバージョンの人生になるように、人生を走り切りましょう。

たとえそれぞれゴールは違っても、このスピリッツだけは同じです。

スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コロナ禍で「家ごもり」の今だからこそ、家でできる副業・ブログ・アフィリエイトをはじめませんか?
「あなた」だけが知っているお宝アイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬ゲットできます。
おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。「豪脚自慢に工夫で走り勝つことができるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

スポンサーリンク

人生のゴールは人それぞれ違う

よく人生はマラソンにたとえられます。わたしは地球一周以上の距離を走り続けてきた市民ランナーのひとりとして、これはある面では当たっていると感じています。

走る能力なんかよりもゴールへの意志の方がずっと完走への大きな要素だったり、セルフマネージメントなどがフィジカルなタレントよりもずっと重要だったりするところは、人生に似ているなあと思います。

明日のことを考えて今日はよく眠ることが人生では重要だったりしますが、瞬間の激情で全力で走ったりせずに自制したペースで淡々と走らないと走り切れなかったりするところなどはまさに人生にたとえてもいいのではないかと思います。

しかし逆に「全然似てないよな」と思うところもあります。マラソンと人生の大きな違いはゴールが人それぞれ違うということです。一緒に走っているように見えても、ゴールがまだまだ先の人もいれば、あと少しでゴールの人もいます。ゴール地点が違うのに、いつまでも集団走では走れません。

わたしが旅人として生きようと思ったのは、目的の違う人たちといつまでも集団走はできないなあと痛感したからでした。集団走のサラリーマン生活を続けている限り、同じ場所に運ばれてしまいます。集団のゴールがあなたのゴールになってしまうのです。その場所が「搾取された貧困」とか「絶望の人生」とか「取り返しのつかない後悔」でなければいいのですが。

そういう人生にならないためには、集団走をしていても、どこに向かって走っているのかだけは、ちゃんと自分の目で確認しなければなりません。マラソンだったらゴールが同じことは決まっているので、ただ走ることだけに全力を傾けて行き先の確認は先行ランナーにまかせてしまうことができますが、人生はそうはいきません。

集団の前に出ないレース戦略『マラソン・プロトン戦法』について
マラソン・プロトン戦法とは、この集団を利用して、集団の先頭に出るな、集団を引くな、というレース戦略のことです。スポンサーのロゴを胸に貼ったプロランナーなら話しは別ですが、市民ランナーが集団の先頭に立つメリットは何もありません。空気抵抗との戦いにエネルギーを消耗しないで、推進力にすべてのパワーを集中させることができます。
富士登山競争完走のためのテクニック
富士登山競争では、前半飛ばしすぎたランナーがバテて落ちてくることにより、必ず渋滞が発生します。「あなた自身」が渋滞の原因にならないように注意してください。渋滞に巻き込まれたら周囲の登山系出走者の中から「師匠」を見つけて、彼の踏み跡を追いかけることだけに集中しましょう。師匠が時間内に完走できるように導いてくれるはずです。

もし人生でそれをやったら、自分の想像していたのとは全然違う場所に運ばれてしまうかもしれませんよ。

集団走をしていると「安心できる」でしょう。でもその集団はいつまでも続きません。マラソンと違って人生の集団はいつかバラバラになるものです。

みなさんにもいつか集団を飛び出して単独で走る日が必ず来ます。違いは、その日が来るのが早いか遅いかだけ。

「集団を離れ、ひとりで走ろう」

そう考えることは勇気のいることです。集団走の安心感を捨てるということですから。そして自分の行き先も、ルートもペースもすべて自分で決めなければなりません。

走るのも走らないのも「自由」です。

集団では「一緒に走ろう」という強制力(同調圧力)がかかっているから、無理やり走ることができますが、単独走では「自分がなぜ走るのか」わからなくなったら足が止まってしまいます。

しかし逆に自分の走る意味を噛みしめながら走ることで、集団走よりも生きる意味、醍醐味が深まります。

あなたはいつか単独で走ることになるでしょう。

でも気がつくと自分の後ろに他のランナーが走っているような状態になっているかもしれません。

それは狙ってそうすることではなく、勇気を出して走り出したあなたの生き方が魅力的で輝いていればこそ「わたしも……」と後に続く人が出てくるのです。

そういうところはマラソンと人生は違うよなあと思います。

スポンサーリンク

マラソンも人生も全力を出し切ってはじめておもしろい

マラソンは手を抜いてちんたら走っても全然面白くありません。

目標としているレース当日に、自分史上最高のパフォーマンスを発揮するために、計画的にトレーニングをして、タイムを縮める工夫を重ね、ゴールしたらその場所で倒れこむぐらいの気持ちで全力を出し切ってはじめて面白い競技だと思っています。

それでこそ力を出し切った爽快感や生きている実感を感じられるのです。

そういうシンプルなところは、確かに人生に似ているのかもしれません。

マラソンは「遊び」です。自分の意志ではじめた「遊び」だからこそ、みなさんも楽しみを最大化してほしいと願っています。つまらない「遊び」なんてやる価値がありませんよね?

ベストバージョンの自分、ベストバージョンの人生になるように、人生を走り切りましょう。

たとえそれぞれゴールは違っても、このスピリッツだけはみんな同じはずです。

厚さは速さだ。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブルクリストファー・マクドゥーガル著『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の大逆襲劇を描いています。
外人は傘を差さない
オフィスワークしている濡れない日々からすると、雨に濡れて走るだけでも非日常になります。考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 真冬以外、はじめから濡れてもいいような格好で走っています。

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『脳ミソで脚力自慢に走り勝つ方法』については、プロフィールページをご確認ください。

著者
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
ポチっとしてくれると記事の励みになります
記事がよかったらポチっとお願いします
お探しのものはありませんか?
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました