集団の前に出ないレース戦略『マラソン・プロトン走法』について

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ここでは集団の後ろについてゴール前で集団から抜け出して、スプリント勝負で勝つという瀬古い戦法について語っています。

ロードバイクをやっている人にとってはあたりまえのプロトン戦法を、マラソンに応用してみましょう。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。【マラソン・グランドスラム養成講座】を展開中。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えます。幸福のために走りましょう。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

集団の前に出ないレース戦略『マラソン・プロトン走法』

ここでは秒単位でマラソンのタイムを削る方法のひとつとして「集団の後ろについて、集団の前に出ない戦略」のことを書いています。これを私は『マラソン・プロトン走法』と命名しています。

マラソンのレース中には、自然と集団が形成されますよね? みなさんも経験があると思います。

ありえないほどの大集団が来たと思ったら、サブスリーペースのバルーンをつけたペースランナーだったり、著名な芸能人だったり、女子のトップ選手だったり、「ある人」を核として大集団が形成されています。

マラソン・プロトン走法とは、集団の先頭に出るな、集団を引くな、というレースの戦略です。

ロードバイクの世界ではこの集団のことをプロトンといいます。ロードバイクはスピードが速いため風の影響を受けやすく、とりわけ先頭の選手はもっとも風の抵抗によって消耗させられます。集団の先頭に立っているのは「本当に勝とうという選手」ではありません。単なる「風よけ」なのです。

オリンピッククラスのマラソンランナーでさえキロ3分が目安ですから、せいぜい時速20kmです。その倍の速度、時速40km以上で走るロードバイクの世界では、懸命に脚をぶん回したパワーの80%以上は風(空気抵抗)との闘いに消耗されてしまっているそうです。

80%は推進力になっていないのです。空気抵抗にあらがうためにエネルギーが消耗されているのです。

マラソンランナーもこの空気抵抗の大きさを知っておいてもいいのではないかと思います。

そしてロードバイクのレースのように、集団の後ろについて、他の人に風よけになってもらいましょう。

ごっつあんです!
スポンサーリンク

ロードバイクの「ドラフティング」「スリップストリーム」を陸上競技に応用する

自転車ロードレースの場合、集団の後ろにいる選手は、前の選手が空気を切り裂いたスポットに吸い寄せられるようにして走ります。ドラフティングとかスリップストリームと呼ばれる競技自転車特有のテクニックです。先行選手を風よけに使うというわけです。この効果はびっくりするほどで、単独走行ではとうてい無理なペースで楽に走ることができます。空気抵抗との戦いにエネルギーを消耗しないで、その分、推進力にパワーを割り振ることができるからです。だから競技自転車(ロードバイク)にはチームのエースを背後に引っ張る「運び屋」という存在がいるのです。自転車(ロードバイク)は団体競技です。

マラソンの場合、自転車(ロードバイク)ほど風の影響を受けませんが、それでも「数秒でも削りたい」というランナーは、このドラフティングの技術を利用するだけで、秒単位で速くなることができるでしょう。

心理的にも集団の先頭には立たない方がいいと思っています。

ただでさえ後続者よりも空気抵抗が大きいというのに、先頭は視界が開けるために、どこを見ていいのか視点を定めなければならず目が疲れます。目が疲れると脳が疲労します。脳が疲労すると走れなくなるのです。

景色が変わらないと、走っても走っても前に進んでいるような気がせず、このペースでいいのかと不安がよぎります。ただついていけばいい後続者の方が心理的にずっと楽なのです。

さらに後ろから急かされている感覚が焦りを生みます。後ろからハアハアと荒い息を吐かれてこっちまで息が上がってしまったことはありませんか?

後ろにピッタリとつかれることは「あおり運転」をされているような状態ですから、心理的にリラックスできません。

その状態から抜け出そうと、前の集団に追いつこうと無理をしてオーバーペースになりがちです。

スポンサーのロゴを胸に貼ったプロランナーなら話しは別ですが、市民ランナーが集団の先頭に立つメリットは何もありません。

自分でペースをつくるよりも他人に任せてしまった方が絶対的にラクチンです。自分の集団が遅いと感じたら自ら飛び出すのではなく、後続集団が追い抜いていくタイミングで、そちらの集団に乗り換えましょう。まるで「電車を乗り換える」ように。

スポンサーリンク

瀬古い走法

セコいとお思いですか?

サブスリーを達成するためなら、何だってやるのではなかったのですか?

どうせなら「瀬古い」と言ってください。

往年の瀬古俊彦選手は、ゴール直前まで決して先頭に出ず、ゴール直前で短距離選手のようにスパートしてゴールを決めたのです。伝説の福岡国際マラソン(1983年)を知っていますか?

タンザニアのイカンガー選手相手にトラックのラストスパートで勝負をかけて、レースを制したのです。それ以降、ああいう日本人選手は見たことがありません。

あまりにも鮮やかで、見事な勝利でした。だから瀬古はいまだに英雄視されているのです。

瀬古い戦法は、勝つための作戦なのです。

電車を乗り換えるように集団を乗り換えて、上手にレースを走り切ってみてください。それがもっとも効果的なレース戦略だったりします。

集団の前に出ないレース戦略『マラソン・プロトン走法』を駆使して、あなたも秒単位でタイムを削り、サブスリーを達成してください。

厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

ランニングシューズをお探しなら

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『市民ランナーのためのグランドスラム養成講座~豪脚自慢に頭で勝つ方法を教えます~』については、プロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました