ロードバイクに学ぶ集団の先頭に出ない戦術。ドラフティング

自転車・ロードバイク
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん、今日も元気に走っていますか?

今日はマラソンで3時間を切る大関門・サブスリーを達成のための方法論のひとつとして、集団の先頭に出ないことを書こうと思います。

マラソンのレース中には、自然と集団が形成されますよね?

ありえないほどの大集団が来たと思ったら、サブスリーペースのバルーンをつけたペースランナーだったり、著名な芸能人だったり、女子のトップ選手だったり、「ある人」を核として大集団が形成されています。

今日はその集団の先頭に出るな、集団を引くな、というお話です。

自転車(ロードバイク)の世界ではこの集団のことをプロトンといいます。自転車(ロードバイク)はスピードが速いため風の影響を受けやすく、中でも先頭の選手はもっとも風によって消耗させられます。集団の先頭に立っているのは「本当に勝とうという選手」ではありません。

オリンピッククラスのマラソンランナーでキロ3分が目安ですから、時速20kmです。その倍の速度、時速40kmで走るロードバイクでの話しですが、懸命に脚をぶん回したパワーの80%以上は風(空気抵抗)との闘いに消耗されてしまっているそうです。

集団の後ろにいる選手は、前の選手が空気を切り裂いたスポットに吸い寄せられるようにして走ります。ドラフティングとかフリップストリームという競技自転車特有の技術です。先行選手を風よけに使うというわけです。この効果はびっくりするほどで、単独走行ではとうてい無理なペースで楽に走ることができます。だから競技自転車(ロードバイク)にはチームのエースを背後に引っ張る「運び屋」という存在がいるのです。自転車(ロードバイク)は団体競技です。

ランニングでは自転車(ロードバイク)ほど風の影響を受けませんが、それでも「あと数秒でサブスリー」という人は、このドラフティングの技術を利用するだけで、関門を突破することができるでしょう。

先頭はただでさえ後続者よりも空気抵抗が大きいというのに、視界が開けるために、どこを見ていいのか視点を定めなければならず疲れます。目が疲れると脳が疲労します。

景色が変わらないと走っても走っても前に進んでいるような気がせず、心が萎えます。

後ろから急かされている感覚が焦りを生みます。また前の集団に追いつこうと無理をしてオーバーペースになりがちです。

自分でペースをつくるよりも他人に任せてしまった方が絶対的にラクチンです。自分の集団が遅いと感じたら自ら飛び出すのではなく、後続集団が追い抜いていくタイミングで、そちらの集団に乗り換えましょう。

セコいとお思いですか?

サブスリーを達成するためなら、何とでも言わせておきましょう。

そしてどうせなら「瀬古い」と言ってください。

往年の瀬古俊彦選手は、ゴール直前まで決して先頭に出ず、ゴール直前で短距離選手のようにスパートしてゴールを決めたのです。伝説の福岡国際マラソンを知っていますか?

タンザニアのイカンガー選手相手にトラックのラストスパートで勝負をかけて、レースを制したのです。それ以降、ああいう日本人選手は見たことがありません。

だから瀬古はいまだに英雄視されているのです。瀬古い戦法は、勝つための作戦なのです。

電車を乗り換えるように集団を乗り換えて、上手にレースを走り切ってみてください。それがもっとも効果的なレース戦略だったりします。

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

自転車・ロードバイク
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました