東京マラソンはまた雨だった

スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

スポンサーリンク

東京マラソンの降水確率は38%

昨日、東京マラソン2019がありました。また雨でしたね。

私は2007年の第1回目の東京マラソンからずーっとウォッチャーなのですが、やたらと雨が多いなあという気がします。2019年の第13回大会までに、5回雨が降っています。降水確率38%です。半分ぐらい雨という印象でしたが半分以上は晴れているんですね。意外でした。

東京マラソンは雨、という印象は注目の第一回大会が雨だったことが大きいのですが、私がただ一回走った大会も雨だったということもあります。そのせいもありますが東京マラソンは巨大なお祭りとして参加するならばいいのですが、シリアス市民ランナーが自己ベスト更新を賭けて走る大会ではない、と思っています。

スポンサーリンク

マラソン自己ベスト更新に最適の温度は体温の1/3(12度前後)

マラソンで自己ベスト更新をするために最適の温度は体温の1/3前後です。

暑すぎて熱が体内にこもるとオーバーヒート気味になって、肉体の燃焼がストップしてしまいます。また肉体のエネルギー燃焼は化学変化の一種ですから、酵素などの体内物質が活性化できるくらいの温度がないと、やはりベストパフォーマンスを発揮して走れません。寒すぎると火が付きにくいのと同じ理屈です。

暑すぎても、寒すぎても、自己ベストは更新できません。最適な温度は体温の1/3ぐらいです。

東京マラソンはこれまで2月下旬のレースでした。関東が最も寒いのは1月下旬から2月上旬です。自己ベストが出やすい気温でレースができる設定になっていましたが、2月下旬で雨に降られては寒すぎます。低体温症になればレースは終わりです。

あまりに雨に降られるので3月にレース時期を変更したものかとひそかに思っていました。

スポンサーリンク

レース開催時期の変更は雨を避けたかったからではないか

東京マラソンは主催者こそ一般財団法人等居マラソン財団ということになっていますが、「東京都」の共催なしには開催不可能な大会です。そもそも東京マラソンを実現させたのは東京都知事だった石原慎太郎氏ですし、都知事を頂点とする警視庁の全面協力なしに開催は絶対にできません。

ところで「東京都」のようなお役所は3月に大きな行事はやりたがらないのです。「議会」があるからです。「議会」というのは「議員」の質問に行政幹部が答えるというセレモニーで、行政実務は何一つとして進展しないのですが、公務員の仕事の中で最も重要なものとされています。

実務は何一つ進展しないのに最重要仕事なのは、議会制民主主義の社会を私たちが生きているからですね。これが真逆になると独裁者です。ヒトラー総統です。質問も答弁も議論も稟議も何一つありません。 実務は飛ぶように進展します。 そのかわりユダヤ人虐待や戦争があったりします。議論ばかりで実際には何も進展しないとしても、いきなり戦争にはなりませんし、大多数の納得があります。その納得のために議論を尽くす。それが議会です。

その「東京都」が関わっていながらよく3月に開催を変更したなあ、というのが率直な感想でした。無理した理由は「世界最高の高速マラソンコース」という東京マラソンのブランドのためだと私は理解しています。世界最高記録が出てくれれば世界最高のマラソンランナーがこぞって東京に集結してくれるでしょう。そのためには外気温が大切です。雨も避けたいのが本音です。

そのように無理して3月にしたのにまた雨に降られてしまうなんて………。

東京マラソン2019を完走したみなさん、できれば晴れた中を走りたかったでしょう。

本当にお疲れさまでした。

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました