脳内モルヒネ。快楽のランニング中毒。世界が美しく見える魔法

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どうもハルトです。みなさん、今日も元気に走っていますか?

カフェイン中毒の人がカフェインによって安楽を得るように、走ることでしかチャージできないものがランナーにはあります。それがランナーズハイのもとになっている脳内モルヒネです。

ここでは快楽のランニング中毒、脳内モルヒネについて書いています。

私はこれを「世界が美しく見える魔法」と呼んでいます。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。【マラソン・グランドスラム養成講座】を展開中。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えます。幸福のために走りましょう。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

ランナーズハイ(脳内モルヒネ)とは何か?

ランナーズハイは、苦痛をやわらげるためにモルヒネ状の物質が脳から分泌されていい気持になる、というような説明をされることが多いようです。

苦痛は慣れておさまるのに、脳内モルヒネは分泌され続けるから、苦痛と快楽の均衡はやがて快楽一辺倒になります。

ちまたにあふれるランナーたちは、気持ちがいいから走っているのです。ときどき苦痛を求めて修行している文脈でとらえられることがあるのですが、正直びっくりしてしまいます。真逆ですから誤解のないように。

ごほうびがなければ、誰も走りません。

大麻と似通った成分が身体の中に分泌されているそうです。

副作用なしの自家製ドラッグです。副作用どころかむしろ健康にいいぐらいです。

肥満解消にもなりますし、大金を払って買う必要がありません。

スロージョギングによるLSDダイエットの効果・やり方
スロージョギングを習慣にすれば、太い血管を猛スピードで血が流れるだけでは溶けなかった脂肪の塊にまで発達した毛細血管が忍び込み、時間をかけてゆっくりじっくりと脂肪を溶かしていきます。やればやるほど体重が軽くなり、宙に浮くことが容易になります。浮遊感は病みつきになり、脳内モルヒネも出やすくなり、快楽は増していきます。スロージョギングで、あれこれ自由に発想しながら、時には無心で、ゆっくり長時間走ることが、あなたを確実に痩せさせます。心と体を整えます。
快楽のダイエット講座。脳内モルヒネ中毒。アドレナリンが血糖値を上げ、食欲を抑えるランニングダイエット
ランニング・ハイの恍惚が強烈であればあるほど、太ることからは距離を置こうという気持ちになります。 ダイエットを我慢と捉えるのではなく、快楽を意識すれば、自然と痩せることができます。 痩せるために、天然由来の脳内モルヒネジャンキーになろうぜ!!

無料で手に入ります。

むしろこの快楽のことをみんなに教えてあげたくてなりません。

こっちが用事で街を歩いているとき、街中で走っているランナーを見かけると、カラダの奥がムズムズします。きっと身体が脳内モルヒネを渇望しているのだと思います。見ているランナーが快感を感じているのがわかってしまうのです。

脳内麻薬(モルヒネ様物質)にハマると、ランニングがやめられなくなります。

大麻使用者がやがて薬物依存症になるように、私たちランナーは運動依存症になっているだけなのかもしれません。

何か問題ありますか? それでよし、です。

スポンサーリンク

脳内麻薬の禁断症状とはどんなものか

この脳内麻薬ですが、出し方にはコツがありそうです。

苦痛をやわらげるためにモルヒネ状の物質が脳から分泌されるのだとすれば、強く自分を痛めつければ、たくさん脳内麻薬が分泌されそうな気がしますが、私の経験からいうと、そうは問屋が卸しません。

軽く走っても脳内モルヒネは出るときには出ます。

運動強度よりは運動時間の方が分泌に影響があると感じています。

また明るい太陽や入道雲や、星月夜など、外の世界にも大きく影響されます。

確実に言えることは、走れば走るほど脳内モルヒネは出やすくなります。
慣れれば慣れるほど、短時間でハイになりやすくなります。

麻薬物質を分泌することに身体が慣れて、いつでもスタンバイ状態になっているのでしょう。

この脳内モルヒネのとりこになった状態をランニング中毒といいます。

走らないと気分が爽快にならないという人は、もう完全にランニング中毒にかかっています。

ちなみにランニング中毒の禁断症状ですが、下記のようなものがあります。

①走らないと、何をやっても気分が晴れない。つまらない。

②走らないと、生きている実感が感じられない。

③走らないと、自分がつまらない世界に生きている気がする。走れば、世界が美しく見える

走るために生まれた、というのは、気持ちの意味だけではありません。

肉体的な意味においても、やはり走るために生まれた、といっていいのではないでしょうか。

【世界が美しく見える魔法】走るために生まれた
このブログが一編の小説だとすれば、このページは最終章、ラストに配置すべき、結論について書いています。退屈なケの日常を、わずかな時間で、パーティーに、お祭りに、クリスマスに変える魔法。それは走ること。走ることには魔法のような効果がある。走るために生まれたから
スポンサーリンク

みんな 走れ!

ここまで言えば、これまで走っていなかった人でも自分も快楽のランニングを体験したいと思って、新たに走り出してくれるでしょうか?

ランナーはみんなドラッグ・ジャンキーかもしれません。

天然由来の、肉体に害のない、ヤク中になっても何ら問題のない、内因性ドラッグですけどね。

走らないと、生きている気がしないのです。

走れば、世界が違って見えます。

快楽のランニング、それは世界が美しく見える魔法です。

それが市民ランナーという生き方なのです。

厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

ランニングシューズをお探しなら

※『雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開中。詳細はプロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました