バーチャルランニング『地球一周走り旅』732km。倉敷市を快走中。倉敷チボリ公園の思い出

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの人生を旅しながら走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

『車泊でGO!!』YouTube動画 始めました。(grandma-cuisine

旅人として世界一周を終え、ランナーとして地球一周を終えた(デジタルログはありませんが、生涯累計走行距離はざっと計算しても余裕で地球一周4万㌔は超えています)私サンダルマン・ハルトが、旅人ランナーとして2020年4月1日より開始した企画がバーチャルランニング『地球一周走り旅』です。
https://arikura.com/world-round/
走るのはご近所です。しかし走行距離のログをちゃんととって、累計走行距離だけは世界一周4万㌔を走破してやろうというランニング企画です。できるかぎりログを残していきたいと思っております。
過去に実際に訪問した世界の都市の写真をアップして、思い出を語りながら、脳内イメージだけでも「そこ」を走っているような気分にひたりたいというのが企画の動機のひとつです。
現地の物産をネット注文して「そこ」を走っているような気分にどっぷりひたりながら、優雅に走りたいと思っています。
東京・日本橋を出発して、まずは東海道五十三次を走破しました。京都からは西国街道を西に行きます。福岡から韓国プサンに渡る計画です。
スポンサーリンク

バーチャルランニング走行距離と現在地(You are here)

 

458マイル。732kmです。

日本橋からスタートして、732kmだと、倉敷市を快走中です。

スポンサーリンク

倉敷チボリ公園の思い出。テーマ曲

倉敷か。思い出の場所だ。

私が車中泊日本一周をしていた頃、たまたま年末年始の記念日を倉敷で過ごすことになったのだ。

かつて倉敷駅北側には倉敷チボリ公園というテーマパークがあった。

そこで年末年始にカウントダウンをやるということだったので、入ってみたのだった。

私は千葉県人なので「東京ディズニーランド」や「成田山」でカウントダウンという超メジャーなのが地元の定番なのだが、その時は倉敷チボリ公園で年の終わりを迎えることにした。

これも車中泊の出会いである。

いつもと違ってその日は閉園時間が延長しており、24時のカウントダウンまで、乗り物などに乗って遊べた。

「おかあさん、どうして今日はこんなに混んでるの!」

と10分待ちの乗り物の列に並んだ地元の子が、母親に文句を言っていた。

オイオイ少年。10分待てないんじゃ、東京ディズニーランドにはとても行けないぞ。

同時に、一抹の不安を覚えた。

ってことは、普段は全然待たずに乗り物に乗れるってことだよな。それほどお客さんがいないってことだ。この公園、だいじょうぶなのか? そのうち潰れちゃうんじゃないの?

そんな気がした。

数年後、倉敷チボリ公園は廃園して、よくあるアウトレットモールになっていた。そのアウトレットモールにも行ったことがあるが、実に何の変哲もないよくあるモールで、何の思い出もできなかった。

「Welcome to チボリ」という入場門で流れていた曲は、ノリがいい曲で、耳の奥にいまだに残っています。

とにかくすてきなところだった。チボリ公園。
思い出ができる公園だった。

スポンサーリンク

ghostnoteゴーストノートのカウントダウンライブ『最終列車』

カウントダウンではステージでコンサートがあった。

地元倉敷出身のバンドghostnote ゴーストノートの年末ライブである。

来年、ゴーストノートは東京に進出するので、岡山を離れる。

その前に地元岡山でコンサートをやるということだった。

ゴーストノートはこれから夢を追いかけて上京する若者の歌を歌った。ものすごい迫力だった。

(タイトルなし)

花火もあがった。倉敷の年末は最高に盛り上がった。

ゴーストノートは、音楽用語で、聞こえるか聞こえないかの小さな音程にはならない音のことだそうです。

ピアニシモよりも小さな音楽の一部という謙遜した命名のゴーストノートですが、私は旅立ち前を見届けたので、応援していました。

いい曲をたくさん歌っています。私が一番好きなのは『最終列車』。

カラオケで歌いたいと思っても、曲が入っていません(泣)。

スポンサーリンク

ハンスの冒険。野沢直子みたいなハンスが一生懸命踊っていた

倉敷チボリ公園のファンになった私は、その後も、倉敷を訪れるたびにチボリ公園に寄った。

ある日チボリ公園に行ったときには「ハンスの冒険」という「おこちゃま向け」の演劇を見た。

どう見ても野沢直子みたいな顔したハンスが明るく一生懸命に笑顔を振りまいていた。

ショーが上がった後「おにいさーん」とダイレクトに手を振ってもらったのも懐かしい思い出だ。

ド平日だったため、お客は母子ばっかりだった。大の男はオレぐらいしかいなかったのだ。

目立ったのだろう。照れているオレに、笑顔で手を振ってくれた。いや、やめて……(笑)。

恥ずかしかったが、いいショーだったよ。一所懸命、明るいというところが本当によかった。

スポンサーリンク

バーチャルランニング『地球一周走り旅』の気分の出し方

地球一周仮想ランニングでは、なるべく現地にいるような雰囲気を味わおうと努力しています。

グーグルペグマンストリートビューを見たりして「今はここを走っているのか」と楽しんでいます。

実際にはいつも同じご近所を走っているだけですから、イマジネーションがひじょうに大事です。

脳内で「ここではないどこか」をイメージしながら走ります。

そんな中でご当地グルメを食べるのは鉄板です。その地を走っているという気分にいちばんしてくれるのは、ご当地名物に他なりません。

今はアマゾンで何でも注文できるからありがたいですよね。

現地を本当に走っていたら飲食していたであろうはずのご当地名物をネット注文して味わっています。

それでなくては「走り旅」の甲斐がありません。

これからはもっともっと「物は通販で買う」時代になっていくんだろうなあ、と思っています。

スポンサーリンク

岡山県の走り方

本当に現地を走っていたら、ほぼ確実に「倉敷祭り寿司(ばら寿司)」を食べて、地酒を飲んでいると思います。

倉敷には美観地区というもう一つの観光スポットがあります。

倉敷チボリ公園と違って、こちらは今でも行くことができます。

アマゾンプライム会員に登録するとアマゾン通販の送料が無料になりますよ。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

バーチャルランニング地球一周走り旅。思い出の倉敷に到達しました。

としまえんが2020年で閉園しました。大阪のフェスティバルゲートとか、小山ゆうえんちとか、地元にたくさんの思い出をくれた遊園地がひっそりと閉園してしまうのは、さびしいですね。

かつて倉敷には倉敷チボリ公園というすてきな公園があったことを、ひとりでも多くの人が、忘れずにいてほしいと思っています。

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』については、プロフィールページをご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました