お菓子と麦酒。人間の滑稽さを描いた作品

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ここでは文豪サマセットモームの『お菓子と麦酒』についてのあれこれを書評しています。

『お菓子と麦酒』は、

世界的な文豪の夫よりも、こけおどしの服装(見た目)で男を選んでしまう女というものの愚かさ。

そしてその女の愚かさに惚れてしまってかなわない男という者の愚かさ。

そんな人間の滑稽さを描いている作品だと思います。

「ああ、人間ってそんなもんだよね」と思わせてくれるモームの秀作です。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『言葉の力で肉体を動かす(市民ランナーという生き方)』(グランドスラム養成講座)を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

私の大好きな作家。名手サマセット・モーム

物語のあらすじを述べることについての私の考えはこちら。

物語のあらすじを紹介することについて
あらすじは地図のようなものです。読書のだいご味はディテイルにあります。文学にはあなたが感じたけれどうまく表現できなかった思いが表現されているはずです。あらすじを手に、原著に当たってください

私は反あらすじ派です。しかしあらすじ(全体地図)を知った上で、自分がどのあたりにいるのか(現在位置)を確認しつつ読書することをオススメしています。

私が『お菓子と麦酒』を手に取ったのは、『月と6ペンス』の作者だからです。モームが好きなのです。

『月と六ペンス』サマセット・モーム
書評『月と六ペンス』。傑作が燃えて灰になっても、すばらしい世界は今も目の前にある。ストリックランドは大自然とか世界にインスパイアされて傑作を書き上げたけれど、彼の傑作がなくなっても、傑作を生みだした母体である自然や世界はまだ残っているから
別れた恋人にもう一度会いたいと思った時に会うべきか否か? サマセット・モーム『赤毛』
気持ちは去って、二度と戻らないものです。
『魔術師』サマセット・モーム
旅人にとって避けて通れない作家の一人が文豪サマセット・モーム。 南洋もの、と呼ばれるオリエンタル趣味の作品をたくさん書いた作家だ。 ここではそのモームの長編『魔術師』について書いている。 読み方のコツ、注意すべきところなど...
サマセットモーム『ロータス・イーター』
ロータス・イーターとは、ギリシア神話から「安逸をむさぼる人」。蓮を食って生きる人。浮世離れした放浪のバックパッカーのような人種のことを指しています。 ここでは、文豪サマセットモームの『ロータス・イーター』の書評をします。 大...
エドワード・バーナードの転落。サマセット・モーム
「旅に出たくなる小説」というものがあるように、「仕事を辞めたくなる小説」というものがある。 ここでは文豪サマセット・モームの「エドワード・バーナードの転落」の魅力に迫ります。 物語、小説における語り手。 人の心が、誰かに影...

『お菓子と麦酒』も名手サマセット・モームらしい名作でした。

性に奔放で魅力的な人妻に翻弄されてしまう(モーム本人を連想させる)作家(ウィリー)の主人公が語り部の作品です。

本作を名作と考えない人が多いようですが、それは人が死んだりしないからでしょうか?

私は名作だと思いました。

スポンサーリンク

【書評】『お菓子と麦酒』について

年上の人妻(ロウジー)と主人公ウィリーが出会ったのは15歳の時。純情な主人公は、性に奔放な彼女の噂を聞いて、きっと男に脅されているのだろうと妄想する。

パッとしない作家だがれっきとした夫がいるのに、他の男と関係があるのは、何かわけがあるに違いない。彼女の懊悩を想像し、人妻に無関心ではいられない。

やがて主人公は1年にわたりロウジーと関係する。のぼせあがって、惚れてしまうのだ。

しかし、ロウジーからは男関係の匂いが消えない。

同じブラックステイブル出身のジョージとは、ちょくちょく会っているみたいだ。

自分だけの女でいてほしいとウィリーは願うが、ロウジーは自由奔放である。無邪気に、自分が楽しいと思うこと、周囲が楽しいと思ってくれることをしているだけなのだ。

50男のユダヤ人が、自分の1年間の生活費以上のプレゼントをロウジーにしたことで、ウィリーの嫉妬は爆発する。ただの友達にプレゼントする金額ではない。ベッドの中までつきあった女への謝礼が含まれているとしか思えない。

ロウジーと男たちとの関係性には明らかにお友達以上の、男と女の匂いがするのだ。

やがて、主人公の坊やは著名な作家になる。その頃、ロウジーの夫は国民的な大作家になっていた。

さぞやロウジーも偉大な夫に満足しているかと思いきや、なんとブラックステイブルのジョージと駆け落ちしてしまったというのだ。

同郷の、自分と同じ時期につきあっていたジョージだけがロウジーの愛した人だったと聞かされて、主人公は屈辱に顔が上げられない。

しかし「ふしだらな女だ」とロウジーを非難する人たちを前に、ウィリーは敢然とロウジーを擁護するのだった。

「ロウジーは単純だ。本能は健康で、けれんもなしい。人を幸福にするのが大好きなのだ。

愛の行為を愛した。好きになると寝るのはロウジーにとって自然なことだったのだ。

そのことを深く考えなかった。好色ではなく、天性だった。

花が香りを周囲にあたえるように、彼女は身体をあたえた。

それはロウジーには楽しいことだった。楽しみを周りに与えるのが好きだったのです。

たくさんの男と寝たことは彼女の人格に何の影響もあたえず、依然としてロウジーは誠実で純真で無邪気でした。

ロウジーは色情を刺激しない。彼女に嫉妬するのはばかげたこと。

林間の清らかな泉に、他の男が水浴びしたとしても、水の冷たさ、清らかさには何の変りもないではないか

と。

やがて老境に入った主人公は、ロウジーから気さくな手紙をもらって(驚く!)、もう70歳にもなった太ったロウジーと再会する。

そしてジョージと駆け落ちした本当の理由を聞くのだった。

子どもが死んだ日にも夫以外の男と寝るほどのロウジーが生涯でたった一人愛した男がジョージだった。

ロウジーは「ダービーの競馬に出かけるために精一杯めかしこんだ酒場の亭主」みたいなジョージの写真を見せて、「だって、あの人はいつもこんな風な立派な紳士だったのですもの」といった。

スポンサーリンク

サマセットモームは星新一みたいなショートショートの名手

イギリス文壇への皮肉や批判で味付けしてあるから、『お菓子と麦酒』は決して短編ではないが、短編にすることもできたのではないかと思う。

とくにラストのどんでん返しは、まるで星新一のショートショートである。

イギリスの国民作家として敬愛される夫よりも、こけおどしの服装(見た目)で男を選んでしまう女というものの無邪気さ、愚かさ。

そしてその女の無邪気さ、愚かさに惚れてしまってかなわない男という者の愚かさ。

そんな「人間の滑稽」さを描いている作品です。

「ああ、人間ってそんなもんだよね」と思わせてくれるモームの秀作です。

愚かだと思っていても、なすすべもなく酒と薔薇に男たちが自滅していく。昔からずっと。「ああ、人間ってそんなもんだよね」そう思いませんか?

イブが楽園の知恵の実を食べたときに、アダムはイブだけを楽園から追い出せばよかったのに、そうしませんでした。

神に叛逆した堕天使「暁の明星」悪魔サタン。奴隷生活の平穏無事よりも、苦難に満ちた自由を選ぼう。
叛逆の堕天使ルシファーこと悪魔サタンが、ルネッサンス的な英雄に見えてしまうミルトン『失楽園』について解説しています。「天国において奴隷たるよりは、地獄の支配者たる方が、どれほどよいことか」「絢爛たる奴隷生活の平穏無事なくびきよりも、苦難に満ちた自由をこそ選ぼうではないか」

アダムは知恵の実が食べたかったわけではありません。イブと離れたくなかったから同じものを食べたのです。

イブは「食べると幸福になれるよ」といわれた知恵の実を無邪気に食べて、アダムはイブと離れ離れになるぐらいなら、神に見捨てられた方がマシだと思ったのです。

イブのいない場所は楽園ではありませんでした。

このように男と女は、愚かで滑稽でありながら、離れがたく絡み合い生きていきます。

主人公ウィリーが惚れたロウジーは単純で無邪気な女でした。国民作家の夫の偉大さなんてわからなかったし興味もなかったのです。

ジョージは妻子を捨ててロウジーとアメリカに駆け落ちしました。周囲に大迷惑をかけて消えた二人。

そしてロウジーがジョージを選んだのも、ロミオとジュリエットのような歴史にたったひとつのかけがえのない激しい恋からではありませんでした。

そんな女だからウィリーも好きになったのだと思わせるような、自然のままに生きる健康で純真な滑稽なほど無邪気な女が、そこにいたのです。

スポンサーリンク

××はレベルが上がった(まとめ)

作家は唖然とし、そこで物語を終わらせるしかありませんでした。

『お菓子と麦酒』というタイトルを、モームどうしてつけたのか?

作中に、直接的にタイトルと結びつくようなエピソードはありませんでした。

モーム本人がどういうつもりでつけたタイトルなのかは知りませんが、私はこう考えます。

通常、甘党、辛党といって、あまいもの(お菓子)と酒(ビール)は両立しません。

どっちかを食べているときには、どっちかは不必要です。

その瞬間は、どちらかしか必要のないものですが、人生、どちらかだけでは足りません。

甘いものも辛いものも、どちらも欲しくなる。それが人生ではないでしょうか。

そんな意味でつけたタイトルではないかと私は想像しました。

この物語の本当の主人公はロウジーです。ロウジーに対する周囲の悪意に満ちた意見と、天真爛漫で自由な彼女の心は、イメージが一致しません。

しかし作家である主人公のウィリーだけが、それを作品として表現することができたのでした。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

kindle unlimitedは、電子書籍kindleキンドルを利用した和書12万冊、洋書120万冊以上の読み放題サービスです。

kindleの使い方

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。

アマゾンプライムの使い方

アマゾンプライム会員登録のしかた(無料体験だけして解約する方法)
画像入りで、アマゾンプライム会員登録のしかたと、無料体験だけして解約する方法について解説しています。

オーディブルの使い方

オーディオブックは究極の文章上達法
究極の文章上達法はオーディオブックを聴くことだと思っています。なぜなら言葉というのは語感で覚えているからです。 語学が得意な人は耳がいいのです。

私はオーディオブックは究極の文章上達術だと思っています。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました