賃貸アパートの選び方

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

このコラムは「一軒家と賃貸アパート、どっちがいいか」の続きです。どちらがいいかは人それぞれですが、例外を語ると何も語れないので、悟り系男子放浪のバックパッカーとしては賃貸アパート一択だという個人的な見解について述べたところです。

スポンサーリンク

賃貸アパートをどうやって探すか?

暮らすというのは生活です。生きて活躍する場を作るのですから仕事場を中心に考えるべきでしょう。通勤電車が2時間でも耐えられるのならば住む場所は四方八方に無限にあります。しかし私の場合は職場が地方都市であるためにこう考えました。「できれば通勤ランニングもしくは自転車通勤。最悪でも職場から車で15分程度の場所」。

通勤は毎日のことですから(しかも一日二回!)、あだやおろそかにできません。地方都市勤務という恵まれた勤務条件にあるためにまずは電車通勤を捨てることにしました。すると住むべき場所はだいたい絞られてきます。

ここまで絞れたら、車で流していいアパートを見つけましょう……というのは嘘で、一番やってはいけないことです。

スポンサーリンク

アパートは車で探してはいけない

車のガラス越しにアパートを探すというのは「車で行けるような場所しか探さない」と言っているのと同じことです。すると車の多い幹線道路沿いのアパートしか目に入らないことになります。

いくらよさそうに見えても車の多い幹線道路に面したアパートはやめた方がいいです。親の土地がそこにあって、そこに住むしかないのならば仕方がありませんが、われらヤドカリ族はどこに住もうと自由です。なにも車の多い場所に住むことはありません。排気ガスもありますし、うるさいし、大型トラックが通るとアパートが振動する場合があります。

電車の踏切近くも同じ理由で却下します。線路沿いも却下です。

一番いいのは車の少ない生活道路沿いのアパートです。そういう場所を探すには車ではなく自転車が一番です。

私の場合は住宅地図で目星をつけて近辺を自転車で探しました。職場に通勤しやすい距離で、静かな場所で、近くに買い物できる場所があって、、、日常生活は徒歩が基本です。車がないと暮らせない場所には、もしあなたが選べるならば住むべきではありません。

こうして私は自分の目と足(ママチャリ)で、いい物件を見つけました。

スポンサーリンク

まだ工事中の掘り出しもの物件を見つけたが……

駅に近い新築物件です。まだ工事中ですから、実際に足を運んだ私しか知らない掘り出し物の物件です。いわゆるアパートの青田刈りというやつです。

ところが連絡して驚きました。なんともう予約で満室だというのです。

ハルト
ハルト

え。なんで? まだ建築中だというのに

まだ工事中のアパートでしたが、竣工時期がわかっているため、その時期にあわせてすでにインターネットで応募していたのです。

引っ越しの時期はいつが多いと思いますか?

誰でも予想できる通りです。入学、入社、職場の人事異動がある3月~4月がもっとも引っ越しが多い。アパートに入居したがる人もその時期が多いのです。だから新築アパートはその時期を狙って建てられることが多いのです。「青田刈り」だと思ったアパートもそのような物件でした。

これにはまいりました。またインターネットですか。

スポンサーリンク

旅の実力、熟練度よりもインターネットを使いこなせるものが勝つ時代

かつて「バックパッカーの敗北」というコラムを書いたことがあります。

自分の嗅覚と足で安宿を探し回ったバックパッカーよりも、インターネット上から予約した方が、いい宿に安く泊まれることを嘆いたコラムでした。

剣豪がマシンガンに撃ち殺されるようなものです。旅の熟練、旅の実力なんて関係のない時代になってしまいました。インターネットを使いこなせるものが勝つのです。

それと同じようなものです。アパート探しも「嗅覚と足」よりも、インターネットのようです。

もう足で稼ぐ時代は終わったのでしょうか。健脚の私としては残念です。

スポンサーリンク

アパート選びは隣室、上階の騒音を気にかけて選ぶ

選んだアパートは変わっていて隣室がありません。隣の部屋と隣り合っていないのです。空に突き出しているような隣室のないアパートの二階を選びました。どの部屋も窓は広く開放感があります。

一階に住む場合、二階に子供がいると足音がうるさい場合があります。二階に住めば、一階の音はほとんど気になりません。

スポンサーリンク

新築にこだわらない。エアコンなど先住者の置き土産がある場合がある

新築の家にはハウスダスト問題もあります。

前に住んでいる人がいれば、運が良ければエアコンやガスコンロを置いていってくれるかもしれません。これらを自分で買うとかなりな出費となります。

スポンサーリンク

アパートを退去するなら、契約更改の前に

私たちは職場の人事異動による引っ越しではありません。結婚による同居です。

今のアパートは2年に一度、契約更新があって、1か月分の家賃を更新料として支払わなければなりません。

引っ越しが決まっているならば、その前に引っ越しましょう。通常、退去一か月前には管理会社(大家さん)に通告する必要があります。

私たちが予約したアパートの先住者は新築一軒家を建てるので引っ越すのだそうです。

子供が二人いては、やぱり一軒家ですよね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました