トンビ憧れ。鳥類はあらゆるランナーの頂点に立つ

その他
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

ランナーのみなさんは、鳥になりたいと思うことはありませんか?

速く走りたいと思うあまり、チーターやインパラになりたいと思う人はいると思います。

「動きづくり」と称して、四足歩行の動物の動きを研究している人がいますからね。

それが高じて、私は鳥になりたいと思う時があります。

鳥は鳥でも、トンビになりたい。

歩くことと、走ることは何が違うか知っていますか?

歩くことは必ず足底の一部が大地に接しているのですが、走るときには両足共に大地から離れている瞬間が必ずあります。宙に浮いているのです。浮いている時間が長いほどいいランナーということになります。

つまり、こんなに毎日一生懸命走っていることの究極は飛ぶことだと言っても過言ではありません。

ナチュラルボーンフライヤーの鳥族には永久にかなわないのです。

あらゆるランナーよりも、鳥の方が素晴らしい存在だといえるのでは。

もしランニングの快楽が浮遊感を楽しむことであるとすれば、トンビほど浮遊感を楽しんでいる生き物を他に知りません。

ヒバリのようにピーチクパーチク忙しくでなく、トンビのように鷹揚に飛びたい。

あきらかに遊んでいるな。楽しんでいるな、と思う時があります。

しかしカラスに苛められているトンビは本当に何とかならないのでしょうか。

カラスは、モビング(擬攻撃)といって、本当に襲って(殺して食う)わけではありませんが、アタックするような姿を見せます。

体の大きさはトンビの圧勝で、しかも猛禽類の端くれだというのに。。。

なんでカラスなんかにやられっぱなしなんだ。トンビよ。

トンビはスカベンジャー(死体食)で、空中戦をやらないので、心まで激しさを失くしているのかもしれません。だからカラスに反撃しようとしないのかも。

しかし一対一でもカラスに負けているトンビを何度も見たことがあります。

トンビよ、頑張れ。せめてカラスを追い払える力が証明されれば、カラス駆除生物として、今以上に人間に愛されるようになるぞ。

トンビよ。

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

その他
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました