最高の表現はあなた自身が見つけること。「自分の言葉」をさがせ

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの旅する人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

当ブログの写真はご自由にダウンロードして二次使用していただいて結構です。

世の中にはいろいろな人がおりまして、たくさんのランナーがいます。

それぞれのランナーが、自分の描く理想のランニングを人に伝えようと、様々な表現を用いるわけですが、その中でも忘れられない表現があったので、お伝えしようと思います。

わたしはものごとを表現するのは芸術家の領域、ひとつの才能だと思っています。それを絵や音楽で表現する人もいますが、言語化するというのも一つの才能だと思います。

いい例がカリスマアーティスト歌詞です。彼らがカリスマ歌手なのは、多くの人が言葉にできない「何か」(時代のようなもの)を、聴衆を代弁するかたちで表現してくれるからでしょう。

『(ランニングの)接地は飛行機のランディングをイメージしていた』

こういうことをイメージできる人は、間違いなく才能ある人だと思います。

スポンサーリンク

『飛行機のランディング着地』は『動的バランス走法』

『(ランニングの)接地は飛行機のランディングをイメージしていた』

この発言をしたのはマラソンランナーではありません。

山崎一彦さんという方です。400mハードルのオリンピッククラスの選手だったそうです。

この着陸イメージはわたしの発想としてなく、ちょっとした衝撃を受けました。

飛行機の着陸(ランディング)というのを、みなさん経験したことがありますか? ほとんどの人は経験したことがあると思います。

旅先でのトラブル集(トラベルはトラブル)
まとめてみると、予想もしなかったトラブルに遭遇したものだなあ、と改めて感じます。やはり「トラベルはトラブル」というのは本当です。放浪というドラクエ的な難関突破ゲームは、トラブルあってこその楽しさなのだなあ、とあらためて実感しているところです。

放浪の旅人として飛行機には乗りまくっている私ですが、飛行機の離陸(テイクオフ)ほど好きな瞬間は他にありません。ジェットの轟音とともに、どんなスーパーカーでも及ばないスピードまで加速した飛行機は、ものすごい力で離陸します。体重の軽い鳥がフワッと宙に浮くようなイメージではありません。ものすごいエネルギーで、重力の鎖を引きちぎるようにしてパワーで空へと飛び立ちます。

『パワーなしに、空を飛ぶことなどできない』ということを飛行機の離陸は教えてくれます。

それに対して着陸というのは、まずガツンと強い衝撃が来ます。
まずタイヤが接地して、ショックアブソーバーが衝撃を吸収、その後、ものすごいスピードで先行する機体を必死にタイヤが追いすがるようにして徐々にスピードを落としていきます。

『(ランニングの)接地は飛行機のランディングをイメージしていた』

ここでいう機体とは上半身のこと。タイヤがシューズ(下腿)のことでしょう。つまり、まずシューズ(タイヤ)が接地するのですが、その後、ものすごいスピードで先行する上半身を必死にシューズが追いすがる、ということでしょう。

スポンサーリンク

表現は違えど、求める境地は似ている

さて、実験です。外を走って試してみましょう。『飛行機のランディング着地』を我々長距離ランナーもやってみようじゃありませんか(※400m、ハードル選手は基本的に短距離ランナーだということを忘れてはいけません)。

走りながら、徐々にスピードを上げていきます。上半身を宙にフワッと浮かせて、上半身を先行させます。

飛行機がランディングするときのように、タイヤ(下腿・靴)は上半身を後ろから必死に追いかけるようにします。

速い、速い。すばらしく速く走れます。逆に、速く走らずしてこのフォームは維持できません。

動的バランスが成立してはじめて成立するフォームです。

同じくハードルの選手で、クレバーな陸上選手としてわたしが尊敬する為末大選手も『走るとは、前にコケそうになるのをこらえる感じ』というような発言をされているのを聞いたことがあります。

わたしの著書『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』で「動的バランス走法」と表現しているものと、表現は違えど、求める境地は同じものでしょう。

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法

スポンサーリンク

顎は引くべきか? 二次的要請に惑わされるな

ちなみにコケそうになるほど前に押し出されるのは上半身と思っていませんか?

違います。

前に押し倒されるのは、頭でしょうか、胸でしょうか?

ぐっと前に倒れるのは腰(腹)です。

そのバランスをとるために顎が上がってしまうこともあります。思いきり腕を引いたりもします。

頭の位置や腕振りなどは、それ自体に意味がある一時的要請というよりは、前傾姿勢の骨盤を維持するためにバランスをとる必要からの二次的要請の方が強いのです。

陸上のプロコーチは顎を引けといいますが、田中宏暁教授などは「顎は引くな」といっています。どっちが正しいのでしょうか?

わたしにいわせれば顎の位置なんかは二次的要請で、骨盤の前傾を維持するためのバランサーにすぎないのだから、一時的要請の骨盤の動的バランスを維持することに集中すべきだってことになります。骨盤から前に倒れる動的バランスが維持できていれば、顎はあがっていても引いていてもどっちでも構わないのです。そこが重要なんじゃありません。

動的バランス走法は、骨盤(腹)から前に倒れそうになるのをギリギリまでこらえると、反射的に足が前に出てしまうことを利用する走法です。

この走法はあまり自分の筋肉を推進力として使っていないのがおわかりでしょうか。前から重力に引いてもらっているような感じです。倒れこむのを着地筋で支えているだけ、という感じの走法なのです。

スポンサーリンク

自分の力(筋肉)を使っていないかのような軽い走りが理想

この「動的バランス走法」は、あまり自分の筋肉を推進力として使っていないのがおわかりでしょうか。突っ込む上半身を下半身が下支えしながら追っかけていくようは走り方ですから、自力で前に進むというよりは、重力に前に引いてもらっているような感じがします。

わたしは『市民ランナーという走り方(グランドスラム(サブスリー)養成講座)』の中で、まっさきに「やってはいけないフォーム=スクワット走法」という走り方を紹介しました。

どうしてスクワット走法がいけないのかというと、筋肉は負荷をかけるほど意識できる存在だから、自分の筋肉を意識できるようなフォームは「間違ったフォーム」になってしまう可能性が高いという理由からでした。

追い求める理想形よりも、やってはいけないフォームを先に紹介したのは、その方が理想の形が見えてきやすいと判断したからです。

逆に言えば、理想のフォームとは「筋肉に負荷などかかっていないかのような走り」「自分の筋力をつかっていないかのような走り」ということになります。

この「前に進んでいないと保てないフォーム」動的バランス走法は、上手にバランスがとれれば、自分のパワーを使っていないかのように、楽に、軽く走ることができます。

だからこのフォームのことを、多くの人たちが伝えようとしているのです。

スポンサーリンク

究極の表現とは『あなた』自身が見つけるもの。

この講座を読んでサブスリーを達成したいシリアスランナーの『あなた』が、どの表現がピッタリくるか、感じて、走りながらイメージしてみてください。

動的バランス走法飛行機のランディング走法おっとっと走法倒れる一本の棒走法……人によって表現はいろいろですが、求めているフォームは同じものでしょう。
あなたの心にビビッと響く表現はどれですか?

表現は違っても目指している境地は同じですから、「あなた」は、それらの表現の中から、もっとも自分がビビッと感じた「イメージを伝える言葉」を自分の胸に抱いて練習すればいいのです。

そしてこれが一番大切なのですが、最高の表現は『あなた』自身が見つけることです。

あなたの経験に裏打ちされた、あなたの表現ほど、あなたにとってふさわしい言葉は他にありません。それが「自分の言葉」です。走りながら、他人の表現ではなく、ぜひ「自分の言葉」を探してみてください。

私は言葉で「境地」を表現しました。しかし「境地」をあなたが再現するときに同じ言葉を使う必要はありません。その「境地」を表現する「自分の言葉」を探してください。

それがトレーニングというものです。あなたのトレーニングは「自分の言葉」を手に入れてようやく完結するのです。その言葉があなたが生きた証になるのです。

スポンサーリンク

関連記事

※ランニング雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』をnoteマガジンにて発売しています。こちらからお求めください。

アリクラ・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。 ブログURL= ユーチューブ=grandma-cuisine

サブスリー養成講座


速く走るための技術『踵落としを効果的に決める走法』
ランナーの一歩一歩は「かかと落とし」のようなものです。膝が伸びきったスピードゼロ地点で着地するのではなく、振り戻ってきた破壊力のある足で着地しましょう。そう。かかと落としを効果的に決めるように。

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
「動的バランス」とは、動いていることでかろうじて維持できるバランス状態のことをいいます。自転車は進み続けている限り倒れませんが、止まると倒れてしまいます。「動的バランス走法」とは動いていることでかろうじて維持できるバランス状態のまま前に走りつづける走法をいいます。

逆説のランニング。ストライド走法の極意「ハサミは両方に開かれる走法」
『ハサミは両方に開かれる走法』とは支脚よりも遊脚を意識する走法です。走っている時の二本の脚はまるでハサミのようなものです。片方の脚を意識するだけで、結果として両方の脚を動かすことができます。なぜならハサミは両方に開かれるからです。

走りの技術。ヤジロベエ走法。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
ヤジロベエ走法とは、腰の筋肉を緩めて、腸腰筋を力強く使うための走法のことです。

https://arikura.com/balance-scale-running/

履きなれた決戦用ランニングシューズはAmazonで買うとお得ですよ

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか
お探しのものはありませんか?
マラソン・ランニング
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました