『おっとっと走法』『飛行機のランディング走法』『倒れる一本の棒』求める境地は似ている

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク

掻き戻し

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

世の中にはいろいろな人がおりまして、たくさんのランナーがいます。

それぞれのランナーが、自分の描く理想のランニングを人に伝えようと、様々な表現を用いるわけですが、その中でも忘れられない表現があったので、お伝えしようと思います。

『(ランニングの)接地は飛行機のランディングをイメージしていた』

この発言をしたのはマラソンランナーではありません。山崎一彦さんという400mハードルのオリンピッククラスの選手だったそうです。

このイメージはハルトには発想としてなく、ちょっとした衝撃を受けました。

飛行機の着陸(ランディング)というのをみなさん経験したことがありますか?

放浪の旅人として飛行機には乗りまくっている私ですが、飛行機の離陸(テイクオフ)ほど好きな瞬間は他にありません。

ジェットの轟音とともにどんなF1マシンも及ばないスピードまで加速した飛行機は、ものすごい力で離陸します。体重の軽い鳥がフワッと宙に浮くようなイメージではありません。ものすごいエネルギーで、重力の鎖を引きちぎるようにして力づくで空へと飛び立ちます。『力なしに、空を飛ぶことなどできない』ということを飛行機の離陸は教えてくれます。

それに対して着陸というのは、まずガツンと強い衝撃が来ます。まずタイヤが接地して、その後、ものすごいスピードで先行する機体を必死にタイヤが追いすがります。

『(ランニングの)接地は飛行機のランディングをイメージしていた』

ここでいう機体とは上半身のこと。タイヤがシューズ(下腿)のことでしょう。

さて、実験です。外を走って試してみましょう。『飛行機のランディング走法』を。

走りながら、徐々にスピードを上げていきます。上半身を宙にフワッと浮かせて、上半身を先行させます。飛行機がランディングするときのように、タイヤ(下腿・靴)は上半身を必死に追いかけます。

速い、速い。すばらしく速く走れます。

っていうか速く走らずしてこのフォームは維持できません。動的バランスが吊りあってはじめて可能なフォームです。はっきりいってこのスピードでマラソンはもちません。速すぎます。

着地の衝撃も大きく、42㎞持たせることは難しい。これは短距離~中距離用のフォームです。長距離には向きません。

しかし多くの示唆を含んでいます。

同じくハードルの選手で、クレバーな陸上選手としてハルトが尊敬する為末大選手も『走るとは、前にコケそうになるのをこらえる感じ』というような発言をされているのを聞いたことがあります。

いわゆる『倒れる一本の棒』っていう表現と目指している境地は似たような場所になります。ハルトはこれを『おっとっと走法』と呼んでいます。

表現はいろいろです。

この講座を読んでサブスリーを達成したいシリアスランナーの『あなた』が、どの表現がピッタリくるか、感じて、走りながらイメージしてみてください。

そして究極の表現とは『あなた』自身が見つけることです。あなたの経験に裏打ちされた、あなた自身の表現ほど、あなたにとってふさわしい言葉は他にないのですから。

※最後までお読みいただきありがとうございました。みなさんのランニングの参考になりましたでしょうか。このブログでは他にもランニングの技術を紹介しています。よろしかったらこちらをご覧ください。

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました