登山して雨でデジカメを何台もオシャカにしている

スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

私は「楽しいのはランニング。でも記憶に残るのは(死ぬ前に思い出す景色は)山」と言っているぐらい登山が好きで、むかしは狂ったように登山していました。

しかしザックを背負って山小屋を渡り歩くのも、バックパックを背負って安宿を渡り歩くのも同じだと気づいてから、最近では海外放浪旅に主戦場を移して、あまり登山していませんでした。

両方やってわかるのは、人のいない山よりも、人のいる外国の方が、よっぽど危険性が高いということです。

しかし、久しぶりに3000m級の山に登ろうと思っています。やっぱり山小屋が好きですし、あの朝の朝食や、それぞれが山靴を履いて旅立っていく景色が大好きですので。

久しぶりに再開するにあたって悩むのはデジタル機器のことです。デジカメですね。

私はこれまで山でデジカメを2台オシャカにしています。雨で壊れてしまいました。

ちなみにケータイ電話をトイレに落として2台オシャカにしています。

デジタル機器は雨(水)に弱い。

最近ではもうデジカメを所持してすらいません。ケータイカメラで十分です。

海外放浪旅にカメラは欠かせませんが、登山、どうしようかなあ。

こうしてブログを書いている以上、カメラは持っていくべきなんでしょうけれど、どうせ圏外のケータイを持参して写真を撮りまくってきましょうか。

山には「捨ててもいいもの」しか持って行かない主義なんですが、ケータイを持っていくとなると「捨てちゃいかんもの」を持っていかねばなりません。

防水対策に気を遣うところです。

 

帰国子女です。応援よろしく
ポチっと応援してください
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

その他
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました