冬と春の境目。夏と秋の境目

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

 

京都には紅葉を見に行ったのである。

それは見事な紅葉を見ることができた。

そして夏と秋の境目も見ることができた。

緑が夏、赤が秋である。色の境が季節の変わり目だ。

ちなみにこちらが冬と春の境目である。

蕾が冬。桜が咲いているところが春である。その境が季節の変わり目だ。

スポンサーリンク

冬は着こめば何とかなるが、夏は全裸になっても暑い。夏の家に冬服で住むのが日本式

見事な紅葉が見られただけあって、肌寒い日もあった。

とくに床下がすかすかで風通しのいい場所が寒い。

夏は涼しくていいんだろうが、冬に向いた建築ではない。

残念ながら日本は夏は暑く冬は寒い。サンダルマンには住みにくい国だ。

サンダルは自由の象徴。サンダルマンの旅人
サンダルは自由の象徴 朝から琵琶湖湖畔。風光明媚の中で目覚めて朝コーヒーに散歩。これも車中泊の特権である。 琵琶湖は比叡山をはさんで京都の反対側にある。ひじょうに都会化されていてリゾート感はないと感じた。同じ湖でも河口湖や山中湖...

モンゴル帝国のように夏の都ザナドゥ冬の都大都のように、国家ごと引っ越せればいいのだが、わが日本でそのようなことは不可能だ。

だからどうしても夏の暑さ、冬の寒さに苦しむことになる。

せめて光源氏の六条院のように夏宮冬宮を建築できる財力があれば、それぞれふさわしい夏仕様、冬仕様の建築ができるんだろうが、普通の人間にそのような贅沢は不可能だ。

ひとつの家に春夏秋冬住み続けなければならない。

冬は着こめば何とかなるが、夏は全裸になっても暑い。

すると風通しのいい涼しい夏仕様の家に、十二単のように冬服を着込んで過ごすことになる。

和風建築はたいていこのようなものだ。夏の家に冬服で住むのが日本家屋なのだ。

そんなことを京都の寺院の廊下で考えた。

エアコン以前の話しである。

帰国子女です。応援よろしく
ポチっと応援してください
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました