日本の風土に合わない服『タートルネック・ノースリーブ』

スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

放浪の長旅を続けていると、グッズの汎用性を気にするようになります。

イロハ
イロハ

ヨーロッパを旅して気づいたことがあるの。日本で使えないな~と思っていたタートルネック・ノースリーブを着こなしている女性が多いなあって

ハルト
ハルト

日本じゃ使えないの? タートルネック・ノースリーブ?

イロハ
イロハ

気候の問題でね。日本って秋が短くて、あっという間に寒くなるでしょ? タートルネック・ノースリーブって首元は暖かいけど、腕は寒いじゃない? 合う季節がほとんどないのよ。

イロハ
イロハ

ヨーロッパだと朝方は寒いけど日中は暑いという季節が長く続くから、そういう時に活躍するのがタートルネック・ノースリーブなのね

ハルト
ハルト

確かに日本じゃあまり見かけないな。でも体のラインがきれいに見えるし、いいよね。タートルネック・ノースリーブ。

イロハ
イロハ

暑いときには首のトックリが邪魔だし、寒くなったら『なんで袖なし?』とツッコミを入れたくなるような服なんだよね、タートルネックって。日本の季節には合わないのよ

ハルト
ハルト

なるほど、そういうことか。ランニング用のノースリーブのウインドブレーカーみたいなものだな。夏は暑くて使わないし、冬は寒くて使えない(笑)。ビブスの方がまだ実用的だ

イロハ
イロハ

日本の気候風土も考えないで、ただ真似て輸入しちゃうと『使えない』ってことになっちゃうんだよね

ハルト
ハルト

逆に意外と使えるアイテムもあるよ。たとえばサッカー用靴下。

弁慶の泣き所が隠れるように膝まである長い靴下だけど、暖かいし、いざというとき脱げるし、意外と便利だ。タイツだと暖房の室内で暑くなった時に脱げないじゃん。意外と日本の風土に合ってるよ。

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました