ペトラ遺跡でラクダ使いに絡まれる

その他
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

当ページはリンクフリーです。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

note にて書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を発売しています。

サンダルマン・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

ハルト「このあいだテレビでやってたね。インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」

イロハ「ペトラ遺跡が出てきたね。キャー。

インディ・ジョーンズのテーマ曲は、わたしたちのテーマ曲でもあるから、盛り上がるね」

ハルト「『トラベルはトラブル』ピンチの時のテーマ曲だろ?(笑)

ともあれ不老不死の聖杯が隠された場所として、エル・ハズネ(ペトラ遺跡)が出てくる」

イロハ「アンテロープ・キャニオンみたいな狭い通路の先にいきなり現れるんだよね。すごい神秘的な場所だったね。また行きたいなあ。

岩山を切り崩して作った宝物殿だから、本物のエル・ハズネの奥行きはそんなになくて、映画ではいきなり発砲スチロールのセットに切り替わるけど(笑)」

ハルト「今見るとドリフターズっぽいんだよなー。笑える」

イロハ「完全にドリフしてたね(笑)」

ハルト「おれたちがラクダに乗ってエド・ディル(ペトラ遺跡)まで行ったとき、ラクダ使いが『オレはカラテを習っているんだ。カラテでお前を倒して、お前の女を奪うことだってできるんだ』と絡んできた。砂漠の男は欲求不満ぎみらしい」

イロハ「なにそれ。それでどうしたの?」

ハルト「おれは駆けっこすれば絶対に負けない自信があるから、カラテの自慢話なんか平気で聞き流してやった」

イロハ「九歳児か! 男って、そのぐらいで精神年齢が止まっているんだよなー(あきれ顔)」

ハルト「いやいや。人類最古の物語『イリアス』の英雄アキレウスだって、巨人ゴリアテのように力が強かったんじゃなくて、何よりも足が速いと評価されていたんだ。駿足のアキレウスと形容されているんだよ。足が速いから戦場では一番乗りできたし、先陣は最大の戦功のひとつだからね。

だからあまりしつこく絡んできたら、たくさんある遺跡の柱まで「駆けっこ」で勝負して黙らせてやることができるんだよ。カラテごっこよりも、勝負の後、仲良くなれるだろう。汗をかいて力を認め合った後で、水でも奢れってやれば仲良くなれるさ」

イロハ「もしも負けたらどうするの?」

ハルト「ラクダ乗りだぜ? あの民族衣装と靴じゃ、やる前から勝負は決まっているさ」

イロハ「なんだ、そこか。ずるいな」

ハルト「そのぐらい図太くなきゃ、放浪のバックパッカーなんてやっていられないさ。逆に旅で鍛えられて図太くなったのかもしれないけれど」

イロハ「精神的に弱く、図太くなりたい人にも旅はおすすめなんだね~」

※他の旅行先でのトラブルの数々はこちらからどうぞ

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
その他
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました