ランニング直後に血尿が出た場合。医者は何もしてくれない。

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

はじめて血尿に接した人は不安だと思いますが、ランナーのランニング血尿の場合、原因がはっきりしていますから、心配いらない場合がほとんどだと思います。

血尿が出るのが常にランニング直後だけだった場合、内臓疾患や感染症ではなく、ランニングの上下振動によって、腎臓の毛細血管が切れ、血が尿に流れ出たのが原因だと思います。

焦って医者に行きたくなりますが、たぶん、医者は何もしてくれません。

私の体験を参考にしてください。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

赤いスイカ汁のような血尿が出た!

みなさん、ランニングをしていて血尿が出たことはないでしょうか?

私はあります。しかも何度も。

最初に血尿が出たときにはびっくりしました。

血尿といっても鮮血のように真っ赤な小便が出るわけではありません。

夏にスイカを食べると白いお皿のうえにスイカの赤い汁が溜まっていますよね?

あのようなスイカ色の小便がでます。

尿とまざっているために薄い赤色であって、鮮血ではありません。

それでもはじめて見たときにはびっくりしました。

恐くなって近くの総合病院に行ったものです。

スポンサーリンク

医者は何もしてくれない。診断さえしないのに、診察料を払う必要はありますか?

どこか内臓に異常があるのではないかと思って近くの総合病院の診察も受けました。

尿検査をして、医者の診断を聞いたのですが、医者は何もしてくれません。

せちがらい世の中ですので、昨今の医者は責任逃れのために、安直に断定しないのです。

私は医者にこういわれたことがあります。

「水虫はないけれど、病院から家に帰るまでの間にまた水虫に感染する可能性だってあるわけだから、もうだいじょうぶだとはいえません」

車中泊族は日帰り温泉の達人。しかし公衆浴場は水虫に注意
公衆温泉は水虫の温床です。水虫というのはカビの一種で、人から人に感染します。一人暮らしの自宅風呂の人は一生縁がないはずの水虫ですが、銭湯などを使うと人から人へと水虫が感染してしまうのです。

医者が「もう大丈夫」と診断するから治療が終了するというのに「もう大丈夫とはいえません」って、どれだけ責任逃れしたいんだ? 言質をとられることがそんなに不安なのか?

結局、血尿にいたった原因は特定できませんでした。

……こういう医者に通うのはやめましょう。何も言っていないのと同じことです。

とくに血尿の原因はいろいろなことが考えられます。

性病だとか感染症だとか、腎臓疾患だとか、膀胱の炎症だとか、さまざまな理由が考えられるために、医者に通っても「~の可能性がある。~の可能性がある」というばかりでひとつも断定しません。

しかし患者の立場から言えば、断定しないということは、診断していないのと同じことです。

こっちは診断してほしくて通院したのに、可能性をいうばかりで、何も診断しない。これで診療費を徴収してもいいものでしょうか。

医者の気持ちもわかります。証拠もないのに適当なことはいえないというのでしょう。

しかし「診断できないなら医療費はとらない」ぐらいのことをしてもらいたいものだと思います。

それが良心的な行動ではないでしょうか。

だって診断するという契約を履行していないわけですから、対価を払う必要はないのではありませんか?

医者に診断を求めることも契約行為のひとつです。

「私の診断力ではこの契約は履行できません。力不足でした」ってことなんじゃないでしょうか。

血尿で医者に診断を求める場合は注意してください。たぶん医者は何もしてくれません。

スポンサーリンク

医者が診断してくれないので、自己診断する。

ここからは私の自己診断の話しになります。

医者が診断してくれないのであれば、自己診断するしかありません。

私の場合、血尿の原因は、尿をこしとる臓器である腎臓の中の毛細血管が、ランニングの振動によって、破れたのではないかと診断しました。

腎臓の毛細血管が破れて、その血が尿に漏れ出たものだとの自己診断です。

血尿がでるのは、常にランニング直後であるため、原因はランニングだとはっきりしています。

私の場合は血尿の翌日、尿検査をしても異常が出ませんでした。おそらく毛細血管が塞がれたために血が尿にもれなくなったためでしょう。つまり臓器の根本的な疾患ではないと自己診断しました。

安静時にも血尿が出るのならば他に原因が考えらえますが、血尿が出るのは常に走った直後です。

たくさんの他のランナーに聞いて回ったのですが、血尿の経験がない人もたくさんいたので、もともと腎臓があまり強くはないのでしょう。

あるいは腎臓のある下腹部に負担がかかるような走り方をしているのかもしれません。

スポンサーリンク

ランニング血尿は痛くない。血の小便を見なければ無視できる

ランニング直後の血尿は、一度や二度ではありません。

ワンシーズンに一度や二度は血尿が出たので、私の場合、もう数十回も血尿を経験していることになります。

しかし、最初の血尿以来、一度も医者には行っていません。

ランニング血尿のことは、気にしないことにしました。

血尿は痛くありません。

これが無視できる最大の要因です。

痛ければ医者にも行きますが、尿をするときにツンと痛いわけでもなく、普通の小便と同じ感覚です。

ただ尿がスイカ汁色に赤いだけです。これが気持ち悪いのですが、やがて慣れます。

「あれ、今日は血尿出るかな?」と思ったら、ビンゴで当てたこともあります。

腎臓の上下振動による毛細血管の破れが原因の血尿だとすると、血尿を避けるためには、上下運動のすくないランニングをすること、腹筋をきつくベルトのように締めて腎臓が上下に動かないように固定すること、などが血尿対策になります。

その日は、どうもお腹に力が入らず、たるんだランニングでした。尿がたまっているはずなのに尿意がないような感覚でした。「血尿かな?」と思ったら、やはりスイカ汁のような尿が出たのです。

最近では、なるべく尿の色は見ないことにしました。

尿の色さえ見なければ、血尿は無視できるからです。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

かつて骨折したとき、整形外科クリニックではレントゲンを撮って骨折の診断はしてくれたものの、湿布をくれるばかりで、ほとんど何もしてくれませんでした。

まあメスを入れて開いて骨を繋ぐといわれてもこっちも困ったでしょうが、時に医者は何もしてくれません。

血尿の診断をしてもらいに総合病院を訪れたときも、同じでした。

医者は、血尿が出る可能性のひとつひとつを述べた後、これ以上知りたい場合には精密検査が必要です。それにはお金がかかりますが、どうしますか? と言って、何一つ診断してくれませんでした。

この調子では、いくらお金をかけて精密検査しても、可能性を提示するばかりで、何も診断されないと思い、私はそれから何度も血尿を流しましたが、それ以来、一度も医者には行っていません。

ときに医者というのは「その程度のもの」だと知っておいてください。

「ランニングの上下動によって腎臓の毛細血管が切れてその血が尿に流れた」というのは、医者の診断ではなく、私の自己診断です。

しかし医者の診断よりも、正しいものと確信しています。(医者は可能性を言うばかりで、実際には診断といえることはなにひとつしてくれませんでしたが)

ランナーのあなたが、もし血尿が出た場合、ランニングの上下動によって腎臓の毛細血管が切れたのが原因かもしれません。

そう思って症状を見れば、そうかなと思えるかもしれません。その場合は、すこしも心配いりません。

私も血尿に慣れて、途中から放置しています。現在も何事もなくぴんぴんしています。

しかし内臓疾患が心配な場合は、医者に行くことも考えのひとつです。

しかしながら、医者に行っても、私と同じ目に可能性が非常に高いと思います。

最終的には細胞診といって、針のようなものを臓器に刺して、細胞を取り出して検査するようなことまでしないと「診断」できないのです。

患者側がそこまでやる気があるのならば、医者に行くのもひとつですが、そこまでやる気がないのならば、医者に行くのは時間とお金の無駄かもしれません。

私の体験を参考にしてください。

はじめて血尿に接した人は不安だと思いますが、ランナーのランニング血尿の場合、原因がはっきりしていますから、心配いらない場合がほとんどだと思います。

https://arikura.com/grand-slam/


靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。

https://arikura.com/shower-running/

ランニングシューズはAmazonでお探しください

※ランニング雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る『言葉の力で肉体を動かす(市民ランナーという生き方)』(グランドスラム養成講座)についての詳細はプロフィールページをご確認ください。
サブスリー養成講座


速く走るための技術『踵落としを効果的に決める・走法』
『効率的なランニングのメソッド』は、『かかと落としの効果的なきめ方』を考えることで見えてきます。『かかと落とし走法』とは、振り出した前足を空中をひと掻きして戻してきて、スピードが乗った状態で着地する走法です。その方が地面に加えるエネルギーが大きいことがわかると思います。『かかと落としの効果的なきめ方』の理屈と同じです。

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
体ごと体重を前に投げ出して、普通だったら倒れるものを、足を送ることでギリギリのバランスで支える。前に進んでいないとフォームを維持できないフォーム。これを「動的バランス走法」と呼んでいます。

逆説のランニング。ストライド走法の極意「ハサミは両方に開かれる走法」
ストライド走法では、地面を蹴るのではなく、宙に振り出した方の脚に意識を向けます。 片方の脚を意識するだけで、結果として両方の脚を動かすことができます。 なぜならハサミは両方に開かれるからです。

走りの技術。ヤジロベエ走法(旧名・天秤走法)。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
ヤジロベエ走法とは、腰の筋肉を緩めて、腸腰筋を力強く使うための走法のことです。

戦闘速度のフォーム。「ヤジロベエ走法」(天秤走法)+「ハサミは両方に開かれる走法」
「天秤走法」とは脊柱を直立・中立させて、支柱前後の筋肉を交互にピストン運動させる走法のことです。「ハサミは両方に開かれる走法」と組わせると、必殺走法が完成します。

※本は電子書籍がおすすめです。

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。

オーディオブックは究極の文章上達法
究極の文章上達法はオーディオブックを聴くことだと思っています。なぜなら言葉というのは語感で覚えているからです。 語学が得意な人は耳がいいのです。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました