地方空港の最高峰。新千歳空港は最高に遊べるスポット

旅行-放浪-車中泊-アウトドア
スポンサーリンク
『ドラクエ的な人生』とは?

心の放浪者アリクラハルトの人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

書籍『市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)』。小説『ツバサ』。『通勤自転車からはじめるロードバイク生活』。『軍事ブロガーとロシア・ウクライナ戦争』。Amazonキンドル書籍にて発売中。

YouTube動画

vehicle-night-in-japan

私は地方空港フェチです。

車中泊の旅の途中では、地方空港を訪問するのを楽しみにしています。

みなさん、あまり観光スポットとして地方空港に行く人はすくないようですが、地方空港はお土産・地方特産物も一網打尽だし、その地方らしさを出そうとがんばっているので、とてもおすすめですよ。

下記はすべて私たちが訪問した際の地方空港のYouTube動画です。

小松空港
【旅気分】中部国際空港セントレアを ふらっと散歩 〜愛知県常滑市〜
のと里山空港
【旅気分】ふらっと地方空港 〜富士山静岡空港編〜
富山きときと空港
成田空港テイクオフ鑑賞。

長年、飛行機に乗って旅しているうちに、飛行機そのものが好きになってしまいました。

そして空港そのものが好きになってしまいました。

ウルトラマン福島空港

Shinchitose Airport

そんな私を驚かせたのが「新千歳」空港です。こんなにレベルの高い地方空港があったとは!!

国際線のハブ空港並みです。

羽田ー新千歳は世界一のドル箱路線だそうです。その人たちのために空港が充実したのでしょう。鳥取空港とかじゃ、儲からなそうだもの。

新千歳は、東京・羽田空港よりも面白いです。半日前に来ても時間がつぶせるでしょう。

そもそも便利な羽田を国内線にしたのは、国内のビジネスを優先にしたからでしょう。伊丹と関空も似たようなものかな。

不便な成田が国際線になったのは、そもそもお客さんの数が圧倒的に国内線の方が多いからです。この稿を書くために調べたのですが、日本に限らず、旅客者数の多い路線はどの国でも国内線だそうです。

成田・新千歳フライト。ブロッケン現象

私は国内線に乗ることはあまりありませんが、たとえ飛ばなくても地方空港を訪問するのは趣味みたいなものです。楽しいですよ! 鉄道駅よりも、その地方の特色が出ています。

空港は旅情をそそりますね。

ちなみにいちばん好きな国際空港はアブダビ国際空港。

いちばん驚いたのはカトマンズ国際空港です。バス停みたいでした(笑)。

新千歳から羽田への帰宅便は、なるべく長く旅を楽しめるように夜遅く帰る便を選択しました。いくら遅い便でも大丈夫です。新千歳でいくらでも退屈せずに過ごせますよ。

ただの交通結節点として通過するだけなのはもったいないです。半日、時間を取ってじっくりと回ってみてください。温泉だってあるんですよ!!

タイトルとURLをコピーしました