石田衣良『アキハバラ@DEEP』。人工知能AIのブレイクスルーを描いた作品

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

恋人の「嫌いよ」が「好き」に聞こえた経験はないだろうか?

こんにちは、ハルト@sasurainorunnerです。

ここでは人工知能AIの能力と限界。そして小説『アキハバラ@DEEP』について語ります。

スポンサーリンク

人工知能AIがもっとも苦手とすることは翻訳?

人工知能AIに人間の仕事が奪われる、と言われるようになって久しい。将来的には無人自動運転になってタクシーの運転手まで職を失うと言われている。それを思えば翻訳家の仕事なんて真っ先にAIに奪われるものだと思っていたが、そうもそうではないらしいのだ。

翻訳という行為は人間臭く、とてつもなくAIには難しいことなのだそうだ。チェスではチャンピオンを負かしてしまうほどのAIでも上手な翻訳は難しいのだと聞いた。

この話しは面白いので、すこし掘り下げて考えてみよう。

スポンサーリンク

AI翻訳の致命的な欠点は、彼が命を持っていないこと

人工知能AIの致命的な欠点は、彼が命をもっていないことだ。生存本能を持っていないし、子孫を残そうともしないし、そのため愛することもない。

戦争の大惨禍も、波のさざめきも、AIにとっては粛々と同じ描写に過ぎないのである。そのことが翻訳には致命的誤訳となってしまうことがあるのだ。意訳ができないし、言外の言葉がわからないためである。

AIは死ぬ悲しみを理解しない。戦場に向かう子に母が「お国のために立派に義務を果たしてきなさい」と言ったとしても、マニュアル通りに棒読みする母の本心はそこにはないということがわからない。「生きて帰っておいで」を斟酌できないのがAIなのである。

恋人の「嫌いよ」が「大好き」に聞こえた経験はないだろうか? それもAIは直訳してしまう。

「蓼食う虫も好き好き」は「一度壊れた男女の仲は元には戻らない」という意味である。そう訳してくれればいいのだが、AIは「私は蓼を食べている昆虫が好きです、好きです」と昆虫食の愛好家かと思うような翻訳をしてしまうかもしれない。文章をどこで切るかで翻訳は変わってくる。

皮肉とかユーモアとかも、AIはトンチンカンな直訳をしてしまうことがある。お笑いコンビ『ナイツ』の言葉遊びのような芸風(ヤフーをヤホーと呼んでしまうような)を上手に翻訳することは、まだ人工知能にはできないのだ。

AIは命を持っていないので、知識はどんどん蓄積していくけれど、呼吸とか食事とか排泄とか命の本質的な部分を理解できていないため、宇宙旅行の準備をAIに頼んだら酸素ボンベの準備がなかったというような間抜けさが起こりうるのである。リストの確率で提示はできるが、命の切実さで優先順位をつけることができないのだ。

スポンサーリンク

人間に感動した。それは私が人間だから

ここで思い出したのは石田衣良さんの『アキハバラ@DEEP』という小説である。たしか気の弱いアキハバラのオタク少年たちが人工知能AIを作るという話であった。優秀なAIに手を焼いた対抗勢力がラストシーンでAIを物理的に破壊しに来る。身を捨てて一番戦闘力の高い格闘技少女がAIを守ろうとしたとき、気の弱いオタク君たちが大声で叫びながら少女よりも先に対抗者たちに殴りかかっていくというシーンがラストにある。

そのシーンで私は感動した。

その時、人工知能AIは「彼らが自分を守ろうと戦ってくれているだ」と理解する。

「どうして自分を守ってくれるのか? それは彼らは自分を生み出した者だからだ。彼らは私の親なのだ」とAIは認識するのだ。

今思えば『アキハバラ@DEEP』は、AIがブレイクスルーした瞬間を描いた小説だったのだなあ。

現代のAIでも、生存本能はないし、死滅の恐怖もないから、親への感謝の念などは関連付けられないし起こりえないという。しかし将来は……そう考えるとたいへんな名作なのではあるまいか。

ちなみに私が『アキハバラ@DEEP』で感動したのは、気の弱いオタク少年たちが自分たちの大切なものを守るために捨て身でたたかうからである。これまで自分たちを守ってくれた強い格闘技少女よりも先に彼らは飛び出していった。

その姿に感動したのだ。人間に感動したのだ。人工知能AIのブレイクスルーに感動したわけではない。それは私が人間だからである。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました