勉強ができるよりも、異性にモテる方が、よっぽど人生を幸せにする

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『しくじり先生』のしくじり人生が、過去の自分を見ているようで辛かった

テレビ朝日系列『しくじり先生』というテレビを毎週楽しみに見ている。いつもは笑いあり学びありで楽しみのこの番組だが「気持ち悪くて」最後まで見ていられない回があった。『恋愛偏差値がクソ低い、山口真由先生』という回である。この先生がどんな人生のしくじりをしたかというと、勉強ができて東大を出て官僚になってエリートコースを驀進してきたけれど、異性にもてない、ということであった。お受験お勉強に性格を捻じ曲げられてしまい明るい男女交際がもはやできなくなっているというのである。

「ああまだこんな場所をさまよっている人がいるのか」とおれは思った。この回に限ってなんで「気持ち悪くて見ていられなかった」のかというと、まるでかつての自分を見るようだったからである。彼女が京都だとすればおれは小京都のようなものだ。成熟し、卒業する前の過去の自分を見るようで、つらくて最後まで見ていられなかったのである。

幸せは幸せを呼ぶ。遊んでいる奴らの方がモテるのだ。

かつてのおれも勉強ばかりで偏差値が高く遊びを知らない子であった。高校は首席で卒業し、早稲田大学を出ているが、高学歴だから女性にモテたことなど一度たりともない。どちらかというと高学歴ゆえに引かれることの方が多かったのではないかと思う。男子校だったため、勉強していい大学を出ていい会社に入ればいい女と結婚できると単純に信じていたが、そんなに人生は(女性は)単純ではなかった。

早稲田大学には受験で入ってきたやつと、付属高校から上がってきたやつと、2種類の学生がいた。偏差値が高く勉強ができるやつは受験で外部から入学してきたやつであったが、趣味を持っていて人間として圧倒的に面白い奴らはたいてい付属高校から来たやつらだった。たとえば小室哲哉のようにお勉強とは関係のない特異な才能を発揮して圧倒的に面白いやつらはたいてい偏差値の低い付属高出身のやつらだったし、異性にモテるのももちろん付属校から上がってきたやつらだった。

勉強というものが人生にもたらすマイナスについて、このあたりから薄々おれは感づいていたと思う。スキーやサーフィンや音楽やダンスに興じるやつらの方が、受験勉強(参考書)しか知らないやつらより人間として面白いのは当然のことであった。遊んでいる奴らの方がモテるのだ。そのことにおれは気づいた。決定的だったのは恋愛において恋敵に負けたことである。要するにフラれたってことだ。人生を揺るがすような大事件だった。恋敵よりもおれの方が偏差値が高かったけれど、それがいったい何の役に立っただろう。人生の幸せに、お受験は何の役にも立たなかったのである。

お受験からの変節、転向。生き方で本当の頭の良さがわかる

失意の数年間を経て、おれは立ち上がった。たくさん遊び、大いに異性にモテようとおれは思った。人生を楽しく過ごすにはそれしかないではないか。机に向かい書物と向き合うような生活とは縁を切ろう。受験勉強系のものはもう卒業だ。そんなことをやっているからダメなのだ。人生は有限だ、その限られた時間を、何に使うか、どんな生き方をするか、それが本当の意味での脳ミソの使い方ではないか。生き方で本当の頭の良さがわかるのだ。お受験なんかでわかりやしない。

おれは遊ぶことにした。しかし受験マシーンがそう簡単に遊べるわけがない。そこでおれは「受験勉強のやり方」で遊びを追求することにしたのである。スイスや台湾での登山も、エベレストやサハラ砂漠やピラミッドやルーブル美術館やインド亜大陸を自分の目で確かめたのも地球一周以上のランニングも、お受験時代からの変節、転向の結果である。海外放浪という遊びはおれに人生をサバイブする能力をあたえ、自信をあたえてくれた。今のおれは本当の意味で面白く価値ある情報を持っていて、もう異性にモテないタイプではない。結婚も二回している。

ところが『恋愛偏差値がクソ低い、山口真由先生』というしくじり先生は、おれが失意の中で転向、変節したところを変わらぬままそのまま突き進んでしまっているのだ。この人はどうして勉強が好きなのだろう。親や先生に「頭がいい」と褒められたことが切っ掛けなんじゃないのか。他者に承認されたくてはじめた勉強が天井なしにできたものだから、行き過ぎて、結局いちばん大切な「愛する人に愛される」ってことが、かなわない。そして本人が人生に失敗したと思っている。そういうところが痛くて、見ていられなかったのだ。

異性問題は人間をもっとも成長させてくれる

異性にモテるためには、考えなければいけないことがたくさんある。異性の問題は人間をもっとも成長させてくれるのではないだろうか。

お受験のようなつまらない情報で頭の中をいっぱいにすることをやめて、もっとスリリングで、もっと愉快で軽快な情報に脳みそを曝すことも重要なことだ。孔雀の美しい羽根は異性を引き付けるためにあるという。自分が魅力的な存在になるっていうことは、そこそこ重要なことである。

しかしもっとも重要なことは「知り合い」「口説く」。これに尽きる。自分がどれほど魅力的になったとしても「知り合わなければ」恋はできない。「口説かなければ」異性を手に入れることはできないと思っておいた方がいい。恋をするならば、恋するために努力することだ。恋するために、魅力的な人間になろうと努力することは、すこしだけ道を迂回しているとおれは思う。自分を磨く時間すらも、異性を口説くことに費やした方がいいとおれは思う。直接的な努力をしたほうがいいってことだ。

美女がいてあなたが彼女を口説きたいのならば、誰よりも先んじて彼女を口説くことだ。あなたが自分の魅力を磨いている間に、他の男が彼女と知り合い、口説いたら、あなたがどれほど魅力的な人間になっても、おそらくもう勝ち目はないだろう。なぜなら男女の相性とは鍵と鍵穴のようなものだからである。鍵は鍵穴にさえ合えばいいのであって、鍵に良し悪しなどはないのだ。人間の魅力というものも同じで、相手次第で欠点が長所に変わったりするものなのだ。「あの美女に、どうしてあんな男が…」という組み合わせを見ることがよくあるが、鍵と鍵穴の相性があったからとしか言いようがないものである。男女間において偏差値のような絶対的な基準は存在しないのだ。優れていたとか、劣っていたとか、そういうことではない。



恋をするなら 「知り合い」「口説くこと」それしかない

もしまだあなたに大切な異性のパートナーがいないのならば、おすすめの策はひとつしかない。「知り合い」「口説くこと」それしかないのである。間違っても異性にモテようと思って難しい本を読みはじめたりしてはいけない(笑)。

ではどこで知り合うか? 会社の同僚だけが恋のお相手というのは、かなり無理がある選択肢ではないだろうか。恋が目当てではない職場などで偶然知り合った人と恋をするのは、確率的にとても難しいことだ。恋モードでない相手を恋モードに変えるのは大事業である。しかも失敗する可能性が大きい。失敗したら職場などでは後々への影響もあるだろう。

私のお勧めは『ハッピーメール』である。知っている人もいるだろうが、恋愛・結婚のマッチングサービスである。異性と知り合いたかったら『ハッピーメール』で知り合った方がいい。恋というものは相手の受け入れ態勢が整わないことには成立しないものなのである。こちらがいくら恋モードでも、相手が恋モードでなければ、決して恋愛は成り立たない。

会社の同僚だけが恋のお相手だと、相手がこの恋モードになっていない可能性が高い。ましてや相手が既婚者だと不倫になり、ますます結婚は遠のいていく。



『ハッピーメール』がおすすめなのは、相手が最初から恋モードであること

ところが『ハッピーメール』ならば最初から相手が恋モードである。これは本当にありがたいことだ。恋というのは最初から恋モードの人に声をかけた方が圧倒的にうまくいく。これは絶対だ。私を信じなさい。

もうひとつ、フラれたら、さっさと次に行くことだ。一人の人に恋々としないで、次にはもっといい人が現れると信じて次に行くことである。

気持ちはわかる。相手が誰でもいいわけではない。たったひとりの「あの人」が大事だって言うんだろ?

初恋を失ったとき、これ以上生きていても仕方がないような気持におれもなった。あなたと同じだ。感傷に満ちた若かりし日の思い出だ。

しかしそれは未熟な思い込みゆえのことだ。卒業しなければならない。転向しなければならない。お受験を捨てたように、感傷も捨てるのだ。次に行け、次に。世界は広い。インターネットは無限の海だ。

『ハッピーメール』ならば次の相手に不足することはないし、次は本当にもっといい人が現れる。それがインターネット恋愛のいいところだ。



インターネット恋愛の問題は知り合った彼女が「とてつもなく遠い」ということだが、『ハッピーメール』ならば、相手を居住地で絞り込んで探せるので、安心である。飛行機で飛ばないと会えない人とは残念ながら縁がなかったと思って近場で恋人を探そう。居住地だけでなく、年齢や、興味あることなどで、自分にふさわしい相手を探すことができる。いい時代になったものだ。『ハッピーメール』の検索システムを利用しない手はないと思う。

幸せになりたいのならば、出会いには金をかけろ

もうひとつアドバイスするとすれば、出会いには金をかけることだ。金をケチっていたら出会いはない。そして新しい出会いは、惜しまず使ったお金以上のものをあなたの人生に返してくれるはずだ。私の言っていることは嘘ではない。『ハッピーメール』でそれを試してみてほしい。



プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
OUR RECOMMEND
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました