山ヤのランナー。登山と、マラソンと、放浪旅行は、基本的に同じ種目だと私は思っています

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しく走っていますか?

みなさんの走り始めたきっかけは何ですか? ダイエット? 東京マラソンに当選しちゃったから?

私の場合は「富士山に登るため」でした。

帰国子女である私は「日本」に対する特別な思いがあります。

その日本の象徴である富士山にどうしても登頂してみたくて、そのために走り始めたのがきっかけでした。

富士山の途中で「もうやめた」とリタイアできないことは容易に想像することができました。

登っただけの距離は、何としても自力で帰ってこなければなりません。

富士山に登頂し、何としても帰ってくるだけの脚力をつけようと、走り込みをすることにしたのです。それが走り始めたきっかけでした。

その頃はまだ山ガールなんて言葉もなく、東京マラソンもなく、富士登山も今ほどメジャーではありませんでした。富士山なんてどっちかというと簡単な部類の山だということも知らなかったのです。

ふるさと日本に対する個人的な感情から、たったひとりで始めたことだったので、ランニングに対する知識もなくて、持っていた唯一のスポーツ仕様シューズだったナイキのバスケットシューズで走りはじめたのです。踵にエアーの入ったタイプのシューズでした。

その結果、左足の親指の爪を剥がしました。一気にベリッと剥がれたのではなく、気づかないうちに徐々に爪がゆるくなり、下から新しい爪ができてきて、最終的に二枚刃のヒゲソリみたいに上下二枚の爪ができました。古い方の上の爪は爪切りで切って撤去しました。

今の私ならば「ランニングを始めるのであれば、普段よりすこし大きめの爪先に余裕のある専用のランニングシューズで走り始めましょう」と初心者向けのアドバイスをすることができます。ガイドがないと、こういうことになるのです。

不安だらけの手探りの富士登山でした。万が一のことを考えて、初登頂は「はとバス」の富士山ご来光ツアーで集団登山でした。山小屋で寝袋に押し込められて一畳四人ぐらいのスペースに身動きが一切取れず、自分をエジプトのミイラのようだと思ったことを覚えています。

途中リタイアすることもなく登頂し、下山することができたのは、ランニングのおかげだと思いました。その頃にはランニングの気持ちよさがだんだんわかりかけてきており、登山もランニングも続けたいと思うようになっていました。

せっかくついた体力、脚力をこのまま衰えさせるのではなく、走り続けるのならば、いっそマラソンに挑戦してみようと思ったのです。

まっさきに頭にあがったのは「ホノルル・マラソン」でした。そうだ。ハワイに行って、ホノルルマラソンを走ろう。

そう思ったのです。「山ヤのランナー」が誕生した瞬間でした。

この世界には、私のような経路をたどった人が、たくさんいます。

ランナーからはじまった人はランニングだけで終わってしまう人もいますが、私のように登山からはじまった人は、トレーニングと称しランニングをはじめ、やがてバックパックを背負って、放浪の旅に出たりします。

登山と、ランニングと、放浪旅行はよく似ています。

山頂に向かって進むことと、ゴールに向かって走ることに、さして違いはありません。

山小屋から山小屋へアタックザックを背負って歩く登山と、安宿から安宿へバックパックを背負って歩く放浪の旅人は、全く同じことをしています。危険性が「雷雨や滑落」から、「事故や詐欺・盗難」に変わっただけで、荷物を背負って歩き続けることに違いはありません。

私が四万十川100kmウルトラマラソンを完走したときには、山岳テントを担いで四国まで行き、観光して山岳テントに宿泊した後、ウルトラマラソンを完走して、家に帰りました。

旅行のようで、山岳キャンプのようで、マラソンのような旅でした。

登山と、マラソンと、放浪旅行は、基本的に同じ種目だと私は思っています。そう思っている人たちがすくなからずいます。私と同族の人たちです。

北アルプスの山小屋に宿泊すると、速乾性のマラソン完走Tシャツを着ている人がいくらでもいます。山小屋なんだから山の話題で盛り上がればいいのに、悪趣味なことにマラソン談義で盛り上がるなんてことはザラにありました(笑)。

登山歴は聞かなきゃわからないけれど、マラソン歴は聞かなくても完走Tシャツ見ればわかりますから(笑)。「××マラソン、私も完走しました」と、話のとっかかりのつもりが止まらなくなっちゃって、雲上の山小屋で酒飲みながら、ずっとランニングの話をする悪趣味な人たちがたくさんいます。

心のどこかで「おんなじことだ」と思っているからなのだと思っています。

★~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

自由と社会との折り合いを模索するブログです。

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!?

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人

精一杯でいいから走ろう
ソウル日本人学校の出身です。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました