究極のダイエット法。努力なし、運動いらずの「外気温ダイエット」(超簡単)

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの旅する人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

当ブログの写真はご自由にダウンロードして二次使用していただいて結構です。

ここでは、究極のダイエット法。努力なし、運動いらずの「外気温ダイエット」(超簡単)

について語っています。

筆者自身による読み聞かせはこちらをどうぞ。

スポンサーリンク

和泉雅子さんの南極エピソードから学ぶ外気温ダイエット

体重を語るときに、いつも思い出すひとつのエピソードがあります。

それは幼い頃テレビで見た、和泉雅子という女優さんのエピソードです。

和泉さんは若い頃は吉永小百合さんと並び称されるほどの美人女優だった方です。

しかしテレビ番組のレポーターとして訪れた南極の魅力に取りつかれて、なんと「冒険家」になってしまったそうです。ぶっ飛んでますね(笑)。

幼い私がテレビで見たのは、おそらくその南極からのテレビレポートではないかと思います。

南極の基地から、和泉さんは東京のスタジオとテレビで生中継していたのですが、

東京の司会者「和泉さん、南極はいかがですか?」と問いかけました。

まあ、普通、そう聞きますよね。そういうコーナーですし、そこが視聴者も一番知りたいところですから。
未知の南極がどういう世界なのか、幼い私も興味津々でテレビにかじりついていました。

鍛えぬいた南極観測隊のメンバーは一般人の参考にはならないような気がします。
和泉さんのような普通の人が南極に行ったらどうなるのか、それが聞きたいわけです。

「寒くて死にそうです」とか「真っ白で何もありません」とか、そういうことを言うんだろうなあ、と思って誰もがその時、テレビを見ていたわけです。

すると、和泉さんは何と言ったと思いますか? ビックリするようなことを言ったのです。

全国70万人のダイエッターのみなさん。メモと心の準備はよろしいでしょうか。

その時、彼女はこういったのです。

和泉雅子「周りが寒いので、体温を維持するために、いくら食べても、どんどん痩せていきます。生きているだけでどんどん痩せていきます」

ニュアンスですが、そういう発言内容でした。

生きているだけで痩せていく、これこそが究極のダイエット法ではないでしょうか。

努力なし、運動いらずの究極のダイエット法です。

このダイエット法のことを私は「外気温ダイエット」と名付けました。

スポンサーリンク

「エウレーカ(見つけた)!」の瞬間。あなたの脂肪は燃焼材

その当時は、何を言っているのかよくわからなかったことが、今ならば、よくわかります。

和泉さんは、こういうことを言っていたのです。解説します。

人間の体はほとんどが水分で出来ています。水の入った袋のようなものです。

水袋の中の水を常に36度前後に維持しなければ、人間は生きていくことができません。これが恒温動物である人間の宿命であり、その温度約36度を「体温」と言います。

水袋・肉袋である人間が死んでしまえば、燃焼が止まり、体温は外気温と同じ温度になるはずです。それが物理学の法則です。死体の温度は外気温と同じです。温度は均等に平たくなるようになっているからです。お風呂が冷めるのと同じ理屈です。

ところが、生きている人間は燃焼によって体温を維持せざるを得ません。

外気温が20℃ならば16℃燃焼すれば36℃の体温に達しますが、外気温が0℃ならば36℃燃焼しなければ体温に達しません。

南極のように外気温がマイナス30℃だったら66℃も燃焼しないと人間は体温を維持できず、死んでしまうのです。

これはものすごい燃焼です。これじゃあ通常の食事をしている限りはガリガリに痩せていくはずです。

私にとっては「エウレーカ(見つけた)!」の瞬間でした。

これを、努力なし、運動いらずの「外気温ダイエット」と名づけます。

外気温と体温との差は燃焼で補うしかない恒温動物の宿命を逆手に取ったダイエット法です。

このとき、燃焼材はあなたの体脂肪です。

何もしなくても、食生活、日常生活さえ変えなければ、冬になれば何もしなくても勝手に痩せられるダイエット法です。

スポンサーリンク

「外気温ダイエット」を利用すれば、冬になれば自然に痩せられる

「冬は太って、夏は痩せる」とみなさんの中に思っている人はいませんか?

「脂肪を蓄えるために冬は太って、汗が大量に出るから夏は痩せる」と思い込んでいる人はおどろくほどたくさんいます。

だったらハワイの人はなんであんなに太っているのでしょうか。小錦のような人がたくさんいます。

ロシア美人はなんであんなにスレンダーなのでしょうか。

もう答えはお分かりですよね。

外気温との差が大きな理由です。
ハワイの温度が36℃だとすれば、体温を維持するためにわざわざ燃焼する必要がないのです。食べたエネルギーは脂肪として体に蓄えられます。
ロシアは寒い国ですから、たくさんカロリーを燃焼しなければ体温を維持することができません。

和泉雅子さんは太っていたじゃないか、という反論が聞こえてきそうですが、それは彼女が冬眠前のクマのように食べまくったからでしょう。

後年、和泉さんは北極点を目指します。
日本人女性としてはじめてノースポールに到達した一流の冒険家であり、ドシロウトではありません。
北極という世界が冬眠前のクマのような皮下脂肪を必要とする世界であることを彼女は知っていました。
彼女は冒険家でありダイエッターではないのです。

『外気温ダイエット』はまちがいなく効果があります。私みずからの身で実証済みです。

コツは2つしかありません。

なるべく薄着でいること。なるべく肌が寒さに触れること。

普段と同じ食生活をすること。

たったこれだけです。

日本人が冬に太って、夏に痩せるとしたら、それは食生活のせいです。

夏には軽くソーメンしか食べないくせに、冬にはこってり脂肪いっぱいの鍋なんかを大量に食べるから、冬に太って、夏に痩せるのです。

同じカロリーのものを食べて、同じ生活を送っていたら、確実に冬の方が痩せるはずです。

寒さを感じることで、体温維持の重要性を自覚した身体が、全身のミトコンドリアを増やせと指示を出すそうです。ミトコンドリアはエネルギーをつくりだします。ミトコンドリアが増えるということは、基礎代謝量が上がるということです。外気温ダイエットを実践すれば、痩せやすく、太りにくい身体を手に入れることができます。

寒さに耐えられない、と思ったら自家発電しましょう。具体的には肩甲骨を動かして、体温を生み出します。肩甲骨の周りには褐色脂肪細胞と呼ばれる特別な細胞があります。褐色脂肪細胞は脂肪を燃焼して熱をつくりだす働ぎがあるといわれています。寒くなったら、肩甲骨をぐいぐい動かしてみてください。身体がポカポカあたたまってくるのが実感できると思います。

私の知人に、ものすごくたくさん食べるのにとても痩せている女性がいました。彼女は食べてる最中から「暑い暑い」といって服を脱いでいました。食べていると背中の肩のあたりが熱くなるのだそうです。食べているそばから彼女の褐色脂肪細胞は燃焼をはじめていたのでしょう。そういえば彼女は冬も薄着でした。自分でも知らないうちに外気温ダイエットと肩甲骨ダイエットを併用していたのでしょう。

美容のためにダイエットしたいという女性の方は、くれぐれも風邪に注意して、冬にはできるだけ薄着で過ごしてみましょう。

外気温ダイエットによって、春にはきっと自然と痩せているはずです。

※『雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開中。詳細はプロフィールページをご確認ください。

ランニングシューズはAmazonでお探しください

関連記事

登山ダイエットはありえない。下山するとアンパンマンになる謎現象を解説します。
私は登山でダイエットはありえないと思います。人間には「飢渇状態だと蓄える」システムが備わっているため、登山のような飢渇状態が長く続く運動をすると、意図せずナチュラルなカーボローディングが発動してしまうからです。
「合法ドーピング」ダイエットサプリメント
マラソンも、人生も、私はゲームだと思っています。ありとあらゆる手段を講じて攻略する「この世でもっとも面白い」「この世でもっともやりがいのある」「あなただけの」ゲームです。人間には自分の命を自分の望む場所に賭ける権利があります。ダイエット・サプリメントは私にとってゲーム攻略の有効な手段のひとつでした。
排泄ダイエット
デブっていると生きているだけで疲れます。運動して腸を動かして、青汁のんで、腹を揉んで腸を刺激して、とにかく滞留している食べたものを直腸まで送り込んで排泄してください。 それが排泄ダイエットです。
快楽のランニング・ダイエット。アドレナリンが血糖値を上げ、食欲を抑える
走ると、血中にアドレナリンが分泌され、血糖値が上昇します。すると空腹が抑えられます。ランニング・ジャンキーになってしまえば、もう太ってなどいられません。太ることは、浮遊する快楽を捨てることにもなるからです。
究極のダイエット法。努力なし、運動いらずの「外気温ダイエット」(超簡単)
和泉雅子さんの南極エピソードから学ぶ外気温ダイエットについて説明します。 究極のダイエット法「外気温ダイエット」とは外気温と体温との差は燃焼で補うしかない恒温動物の宿命を逆手に取ったダイエット法です。 このとき、燃焼材はあなたの体脂肪です。 食生活、日常生活さえ変えなければ、努力なし、運動いらずで、冬になれば勝手に痩せられるダイエット法です。
スロージョギングによるLSDダイエットの効果・やり方
ダイエットの飢餓モルヒネを、ランナーズハイのランニングモルヒネに置き換えてしまうのがスロージョギングによるLSDダイエットのポイントです。 一度エンジンをかけてしまえば、快楽という原動力によって、ずっと回り続ける。これがスロージョギングによるLSDダイエットです。 体の中を熱い血が駆け巡り、生きている限りは青春時代なのだと実感できることでしょう。
サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

アリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか
お探しのものはありませんか?
マラソン・ランニング
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました