ウルトラマラソン完走必勝法『ばあちゃん走法』(内股ピッチ走法)について

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』の著者アリクラ・ハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

最近、市街地を走るランナーの中に、ザックを背負っている人をよく見かけます。

おそらくトレイルランナーか、ウルトラマラソンランナーだと思います。

今日は、ハルトのウルトラマラソン対策における必殺フォームについて書こうと思います。

ばあちゃん走法=女性走りのように内股で、おじいちゃんのようにピッチ走法で走ります。つまり「ばあちゃん」走法です。内転筋を使って、足全体を内側に絞り込むように動かします。すると骨盤が自然と上に起きあがります。骨盤を起こすと足が前に出やすい状態になります。脚の付け根から筋肉を内側にしぼるようにすると、ハムストリングが使えるようになります。お尻から下を全部、足として使います。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。【マラソン・グランドスラム養成講座】を展開中。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えます。幸福のために走りましょう。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

ウルトラマラソンはなぜ若者よりも女性やおじいちゃんの方が走れるのか?

ウルトラマラソンとはフルマラソン42.195km以上の距離をレース形式で競う競技のことを言います。距離は100kmだったり100マイルだったりします。

日本ではマイルになじみがないので100kmのことが多いと思います。

ところでみなさんはウルトラマラソンのゴール地点を見たことがありますか?

あるいは完走したことがあるでしょうか?

「前半速く走りすぎた」

ゴールで悔しがっている若い男性スピードランナーの姿を、ウルトラマラソンのゴール地点ではいくらでも見ることができます。

ウルトラマラソンのレースを見ればわかりますが、もはや走れなくなった若い男性ランナーの横を、女性ランナーお爺ちゃんランナーがマイペースで淡々と追い抜いていきます。

「ひょっとして100kmという種目は、女性や老人の方が強さを発揮する競技なのではないだろうか?」

そんな気さえします。それほどウルトラマラソンはフルマラソンとは違った競技です。

なぜこのようなことが起こるのでしょう。

フルマラソンなら男性スピードランナーの圧勝なはずです。それが100kmになると、タイムが変わらなくなる。あるいは、逆転する。

ここには何か秘密があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ノーダメージ走法が強さの秘訣

ウルトラマラソンで大事なのはスピードではありません。いかにダメージを蓄積せずに走るかが大事。スタミナ切れというよりは、ダメージの蓄積により走れなくなるといった方が正しいのです。

ランニングでは、とりわけ着地筋と呼ばれる太腿前面の大腿四頭筋が、エキセントリック収縮をするために、簡単に言うと筋繊維が切れてズタボロになってしまうのです。エキセントリック収縮とは、ふつう筋肉とは縮みながら力を発揮するものなのに、伸ばされながら力を発揮するという状態のことです。

着地の衝撃によるダメージを脚に蓄積させないためには、いったんハルトの『サブスリー養成講座』のことは忘れてください。最速の「ハサミは両方に開かれる・天秤走法」なんかでウルトラマラソンを走ってはいけません。

逆説のランニング。ストライド走法の極意「ハサミは両方に開かれる走法」
ストライド走法では、地面を蹴るのではなく、宙に振り出した方の脚に意識を向けます。 片方の脚を意識するだけで、結果として両方の脚を動かすことができます。 なぜならハサミは両方に開かれるからです。

『サブスリー養成講座』で語ったことは、マラソンを速く走るため、宙に浮くように軽く走るための工夫であって、ダメージのことなんか度外視しています。100km10時間を維持できるフォームではありません。動的バランス走法(サブスリーフォーム)も速く走れる走法ですが、確実にダメージが蓄積していきます。着地筋を酷使することは「宙に浮いて進む」ためにはやむを得ない必要悪なのです。

アスファルトではなく抵抗ゼロの空気を切り裂いて膝を高く上げて進む「大腿骨で走る・膝蹴り走法」はきっぱりと捨てて、ウルトラマラソンでは着地の衝撃を軽減させるフォームを採用しましょう。

大腿骨で走る走法・膝蹴り走法(走るときには膝を意識する)
走るときは足裏よりも膝に意識を向けましょう。膝を折った状態(蹴り出した膝が戻ってくる状態)で着地できていれば、足裏は必然的にフォアフット着地、ミッドフット着地になっています。膝を折ってなおかつ踵着地するのは難しいからです。足裏は結果論です。結果としてそうなっているだけであって、足裏からランニングフォームを考えるのは本末転倒です。膝さえ意識できていれば、足裏なんか自然に落ち着くところで接地することでしょう。それが正解であって、足裏を意識してランニングフォームをそこから改造すると、正しいフォームをミスリードすることになってしまいます。
スポンサーリンク

サブスリーフォームを捨てて、新走法を編み出す

若いスピードランナーがお爺ちゃんランナーや女性ランナーに抜き去られてしまうのは、着地筋がズタボロになって、着地の衝撃に耐えられなくなったために走れなくなってしまったのだと私は判断しました。

それに比べて、じいちゃんランナーが走りきれたのは「ピッチ走法」のおかげだと私は考えました。

私はストライド走法で走りきるサブスリーランナーですが、おじいちゃんランナーを並走すると驚くことがあります。ものすごいピッチ数でちょこまかちょこまか走っているんですね。並走しているわけですからスピードは変わらないわけです。こっちがゆったりと宙に浮いて前に進むところを二歩でも三歩でも歩を刻んで並走してくるのです。

マラソン『ピッチ走法よりもストライド走法』ダメージなんか度外視して走れ
オリンピッククラスの指導者の考え方の本質的ベースにあるのは『オリンピックで、凄いストライドの黒人選手に、短脚の日本人が勝つため』に編み出されているということを見落としてはなりません。 市民ランナーがサブスリーを達成するために考え出された指導方法ではないのです。

おそらく加齢によりストライドが維持できなくなったためだと思われますが、おじいちゃんといえば「ピッチ走法」と相場が決まっています。

私は市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソンサブスリー、100kmサブテン、富士登山競争制限時間内登頂)を達成するために、新走法を編み出す必要があると考えており、この際、サブスリーフォームは捨てて、別のやり方でウルトラマラソンに挑むことにしました。

具体的には「ストライド走法」を捨てて「ピッチ走法」にキッパリと切り替えます。

また、女性ランナーが淡々とゴールできるのには、あの「女性特有の内股走り」に何か秘訣があるに違いないと私は考えました。

大腿骨を骨盤直下を通り過ぎるように、じゃっかん内股ぎみに通らせます。大腿骨の上に体重が乗るような走り方です。

ストライド走法を捨てて空中で移動することを捨てたのですから、脚に負担のかからないように上半身の体重を処理する必要があります。

そして編み出したのが必殺『ばあちゃん』走法です。

女性のように内股走法で、ジイちゃんのように細かくピッチを刻みます。「おネエちゃんの内股走法」と「ジイちゃんのピッチ走法」との組み合わせであるため、これを『ばあちゃん走法』と命名しました。

私はこの『ばあちゃん走法』で100kmサブテンを達成しています。「凄い」と言われるタイムで100kmを完走できたのはこの『ばあちゃん走法』のおかげです。

筋肉にダメージをあたえないことを最優先に、足を高く上げないように注意して、内股ピッチ走法で走ります。

なぜ『ばあちゃん走法』(内股ピッチ走法)が効くのか。検証してみましょう。

スポンサーリンク

ばあちゃん走法=内股ピッチ走法

①ゆっくり走るウルトラマラソンでは、スピードが遅いため、動的バランスで重心が前に投げ出されるというよりも(サブスリーフォーム)、どちらかといえば重心は骨盤直下にかかる静的バランスに近い。そのため二本の足ができるだけ大地に着いているように細かいピッチで支えて、大きく前にジャンプしないように心がけます

②骨盤直下にかかってくる体重を、フラミンゴのように一本足で支えるのには、大腿骨がなるべく中心側(内股)にあったほうがいい。

理論を言えば、こういうことになります。

『ばあちゃん走法』とは、内股走りで、細かいピッチを刻む持久狩猟走法です。

持久狩猟とは、狙った獲物(先行ランナー)をスピードで仕留めるのではなく、追いかけて追いかけて持久力で仕留める狩猟方法のことです。

獲物がバテて動けなくなるのを待つ。それまでひたすら追いかけつづけるという人間古来の狩猟方法です。

スピード勝負では絶対にかなわない若いバネのある男性ランナーを、この走法なら仕留めることができます。

ウルトラマラソンでお試しください。

「ばあちゃん走法」効きますよ!!

また、フルマラソン完走を目指すランナーの、バテた後半の最後の切り札にも使えます。

疲れ切ってもなお前に進む。ジャンプできなくなってもなお前に進む。

習得しておいて損はありません。

私ハルトの『サブスリー養成講座』のキモは『複数のフォームを持とう』ということです。

あなたの七色のフォームのひとつにこの『ばあちゃん走法』も加えてください。

いつかきっとあなたを救ってくれます。

普段のジョギングの気分転換にもお使いください。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

私は市民ランナーのグランドスラムを達成していますが、いちばんきつかったのは100kmサブテンでした。

ばあちゃん走法なくしてグランドスラムの達成はなかったものと思っています。

市民ランナーの三冠・グランドスラムの難易度
市民ランナーのグランドスラムは脚力だけでは達成できません。グランドスラムが難攻不落なのは、「金」「時間」「幸運(エントリー通過)」という鉄壁に守られているからです。
ウルトラマラソンデビューするならサロマ湖100kmがお勧めです。
ウルトラマラソンにデビューするならサロマ湖100kmウルトラマラソンをおすすめします。 その3つの理由を、①平坦なコース②風光明媚なコース③非日常の旅ラン に分けて、サロマ湖がオススメの理由を解説しました。
【走力の差ではなく装備の差】ウルトラマラソンは距離でなく気候に負けることがある
ウルトラマラソンの途中に自宅があると、完走できません(笑)。熱いお風呂、暖房、毛布、それらの誘惑を断ち切って、その先に進むのは鉄の意志が必要です。 成功するまで故郷にはかえらないと決意して上京する青年のように、ゴール地点まで走り切らざるを得ない状況だからこそ、実力以上の力を発揮して完走することができるのです。
【四万十川ウルトラマラソン】超長距離の走り方と心の持ち方(グランドスラム達成)
ランニングの要諦は宙に浮くことです。ウルトラマラソンといえども宙に浮くことを忘れないでください。宙に浮いているあいだは力を使いません。宙に浮いている時間が長ければ長いほど楽な走りといえます。
厚さは速さだ。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブルクリストファー・マクドゥーガル著『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の大逆襲劇を描いています。
靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。
外人は傘を差さない
オフィスワークしている濡れない日々からすると、雨に濡れて走るだけでも非日常になります。考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 真冬以外、はじめから濡れてもいいような格好で走っています。

ランニングシューズをお探しなら

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』については、プロフィールページ等をご確認ください。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
マラソン・ランニング
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました