人体の不思議展

MY FAVORITE
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

当ページはリンクフリーです。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

note にて書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を発売しています。

アリクラ・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。
ブログURL=
ユーチューブ=grandma-cuisine

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
コロナ禍で「家ごもり」の今だからこそ、家でできる副業・ブログ・アフィリエイトをはじめませんか? おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ザビエルはミイラになっている

イロハ「マレーシアの世界遺産の街マラッカには、日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルの像があったね。うわっ。右手が欠けちゃってる」

ダイ「偶然かもしれないけれど、象徴的な像だね。実はザビエルの遺体はミイラになっていて今も見ることができるんだ」

ハルト「ウソ。ぜひ見てみたい。どこにあるの?」

ダイ「カトリックの聖人だから、お釈迦様の遺骨(仏舎利)が世界中のパゴダに安置されているように世界中に散らばっているんだけど、主にボディはインドのゴアに、右腕はイタリアのジェズ教会に安置されているよ」

イロハ「右手だけ体とは別? だから象徴的って言ったのか」

ダイ「こんな感じで展示されてるんだよ」

ハルト「うわっ。THE DISCOVERY OF THE BODY(人体の不思議展)だ。マラッカでもやっていたね」

イロハ「ラスベガスでも見たから二度目だね」

ハルト「おれは横浜でも見たから三度目だよ。死や、人間とは何かを考えさせられる特別な展示なんだが、もう日本では見られないんだよな」

『THE DISCOVERY OF THE BODY(人体の不思議展)』というものを、皆さんは見たことがありますか。動物(人間)の遺体に含まれる水分と脂肪分をプラスチックなどの合成樹脂に置き換ることで腐敗しない状態で標本化・展示しているものです。

かつては日本でも見られましたが、今ではもう見ることはできません。というのはこの展示そのものが亡くなった人たちを冒とくしているとして倫理が問題にされたからです。

聖フランシスコ・ザビエルの右手が神の手のように安置されているのとは、わけがちがいます。

このような形で展示されているのです(会場入り口の広告写真です)。

イロハ「ハルトは夢中になって見ていたよね」

スポンサーリンク

マラソンは肉体の物理学、栄養学

ハルト「マラソンっていうのは、肉体をどうすれば効率的にフィニッシュラインまで移動させることができるかっていう物理学なんだ。その物理学を達成する動力は筋肉繊維であり、エネルギーに関する知識は栄養学なんだよ。肉体のことは、ドシロウトではないんだ」

イロハ「ときどき医療関係者と間違われることあるよね。あまりにも詳しく専門的な話をするから。豚肉のヒレを腸腰筋っていうのはやめてほしいわ」

ハルト「東南アジアで必ずやる(主にタイ式)マッサージも、筋肉のスジを意識しながら施術してもらっているんだ。アキレス腱から下腿三頭筋に沿ったリンパの流れを、、、」

イロハ「筋肉フェチすぎて意味がわかんない。」

ハルト「いつも絵で見て学んでいた脚の筋肉を直接見られて興奮しちゃった」

イロハ「あっ。この人、ラスベガスでも会った人だ」

ハルト「会った人って。。。死体ですけど?」

スポンサーリンク

テーマは「関係性の死」も含めた『死』

ハルト「あんな姿になって世界中を旅しているのか。微妙だな。この展示に猛反対の人の気持ちがわからんでもない」

イロハ「そういえば上海自然博物館にも同じ趣旨の展示があったね」

ハルト「これは鹿の縦割りだね。自然死した動物の展示ならば、本質的には剥製と何ら変わりはないから日本でも許されるかもしれないね」

イロハ「これを人間でやっちゃうから問題になるんだよ」

ハルト「まあ展示方法はともかく、死について考えさせられたことは確かだ。人間、死は避けて通れないんだよ。死については、向き合わざるを得ない。死だけは笑ってごまかすわけにはいかないんだ。

実はこのブログ『ドラクエ的な人生』の裏テーマは「関係性の死」も含めた『死』なんだ。

なぜ放浪し、なぜ走るのか。

放浪は、地球というこの素晴らしい世界にお別れをするための巡礼であり、走ることはこの世界に汗をしたたらせて確かにおれが生きたことを実感するための手段なんだ。

二度と戻ってこられないこの場所に、生きた証を刻みつけるための」

著者
お探しのものはありませんか?
MY FAVORITE
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました